2016年3月26日ダイヤ改正から見えてきたもの

JRグループを含む一部の鉄道各社は、18日に2016年3月26日のダイヤ改正について相次いで公表した。今回は今年の公表で見えてきたものを見ていく。
その他の2016年3月26日各社ダイヤ改正はこちら!


1. 2016年のダイヤ改正は例年より遅い3月26日

従来であれば毎年3月のダイヤ改正は3月12日~18日の間の土曜日に行われることが通例である。これは会計年度である3月に近いことと、このダイヤ改正で新車を入れるとこれまで運用していた車両を廃車にできる十分な期間が設けられるのである。例えば2015年3月14日のダイヤ改正でJR西日本は広島地区で227系の導入をして、103系3両編成は即日廃車となり下関に運ばれ、解体された。もし4月1日を挟んでしまうと1年分の固定資産税がかかってしまうが、3月中に廃車解体を行うことにより節税を行うことができるのである。しかし今年は北海道、東北地方での廃駅やJR北海道管内での高校生の利用実態に合わせた減便などが行われたこと、および北海道新幹線が青函トンネルを在来線と共用することによりJR貨物も同日にダイヤ改正せざるをえなくなったこと、そしてそのJR貨物の影響が全国に及び、結果JRグループのみならず私鉄までダイヤ改正を3月26日となった。こちらでは固定資産税の節税はできないが利用客の年度の切り替えに近いこともあり、2017年以降ダイヤ改正日が3月の最終土曜日に切り替わる可能性もある。この点については来年以降も引き続き研究していきたいと思う。

2. ダイヤ改正掲載号は4月号に変更

これまでJRグループ3月ダイヤ改正を掲載した時刻表は、JTB、JR各時刻表ともに概ね2月25日発売の3月号であった。しかし、JR各社のプレスによると今回のダイヤ改正を掲載する時刻表は3月19日発売予定の4月号である。もちろん例年同様指定席連結列車は1か月前から指定席を取れるため特集として前月号から黄色のページに掲載されるが、それも2月号から3月号に変更となる。今回はここにも注意が必要である。
今後、各ダイヤ改正について個別記事を掲載していきますので、引き続き当鉄道ダイヤ研究会を宜しくお願い致します。
2016年3月のダイヤ改正プレスが未公表でもは年内に公表される可能性があります!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする