念願の路線延伸で増発へ! 杭州地下鉄ダイヤ改正(2017年12月27日/2018年1月9日) 杭州地铁调图

 杭州地下鉄は1月2日、プレスリリースにて2017年12月27日に2号線を延伸していたと公表した( 市领导调研地铁建设与新线开通运营情况 )。また杭州地下鉄は1月11日、プレスリリースにて1月9日に4号線を延伸したと公表した( 地铁4号线一期全线开通 )。今回はこれらについて見ていく。


1. 地下鉄2号線延伸で北方面への利便性増強

 今回の2017年12月27日杭州地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄2号線で路線延伸が実施された。地下鉄2号線は2017年7月3日に銭江路〜古翠路間を延伸開業したが、今回のダイヤ改正でさらに北に延伸し、古翠路〜良渚間10駅が延伸開業した。全線営業距離は48.0km、所要時間は77分となり、今回の開業で余杭区では初の地下鉄路線が開業することとなった。

 車両は既存区間同様6両編成B型車(京急・阪急と同じ車両サイズ)を使用している。運転間隔については既存開業区間と変わらず、平日朝夕ラッシュ時は4分30秒間隔、平日昼間は5分50秒間隔、土休日昼間は5分間隔のまま変わりない。昼夕輸送力比(日本の基準で適正値60〜78%/推奨値66%~75%)を計算すると77.1%となり、標準的であるものと思われる。

2. 地下鉄4号線延伸で南方面への利便性増強

 また今回の2018年1月9日杭州地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄4号線も延伸開業した。地下鉄4号線は2015年2月2日に彭埠~近江間を開業し、地下鉄1号線の短絡路線として機能していたが、今回のダイヤ改正で南の終点近江から南に延伸し、浦沿までの7駅間が伸びた。

 車両は既存区間同様6両編成B型車(京急・阪急と同じ車両サイズ)を使用している。運転間隔については既存開業区間と変わらず、平日朝夕ラッシュ時は4分30秒間隔、平日昼間は5分50秒間隔、土休日昼間は5分間隔のまま変わりない。昼夕輸送力比(日本の基準で適正値60〜78%/推奨値66%~75%)を計算すると77.1%となり、標準的であるものと思われる。

 中国の地下鉄は2010年以降12月に開業ラッシュが起きているが、杭州地下鉄4号線の開業が1月となったのは、建設に遅れが出たためであると思われ、本来は地下鉄2号線と同日の12月27日に開業させたかったのではないだろうか。

3. 結び

 今回の2017年12月27日及び2018年1月9日杭州地下鉄ダイヤ改正では、現在営業中の3路線のうち2路線で延伸され、市内交通が拡充された。今後杭州では中国の他都市同様路線拡充が見込まれるほか、地下鉄5号線は香港資本の入った杭港地下鉄による運営となる見込みだ。今後杭州の地下鉄がどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする