新駅開業と初電繰り上げへ! 伊賀鉄道・養老鉄道ダイヤ変更(2018年3月17日)

伊賀鉄道は2月16日、プレスリリースにて2018年3月17日にダイヤ変更を行うと公表した( 伊賀線の新駅開業とダイヤ変更について )。また養老鉄道は2月15日、プレスリリースにて2018年3月17日にダイヤ変更を行うと公表した( 2018年春のダイヤ変更について )。今回はこれらについて見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 伊賀鉄道は新駅開業で初電繰り上げ

今回の2018年3月17日伊賀鉄道ダイヤ変更では、伊賀線に新駅四十九駅が開業する。この四十九駅は桑町と猪田道間に新設され、イオンタウン伊賀上野近傍に設置される。イオンモールの営業時間にとらわれず終日全列車が停車し、どうやら上野市街地などからの買い物客による利用を想定しているようだ。

また同日実施の近鉄大阪線ダイヤ変更に合わせ、近鉄の他路線同様伊賀鉄道でも初電の繰り上げや終電の繰り下げが実施される。平日は上野市5時35分発伊賀神戸行きが5時24分発に11分繰り上がる。また土休日は上野市5時29分発伊賀神戸行きが5時27分発に2分繰り上がる。この初電繰り上げは近鉄大阪線の快速急行との接続によるもので、土休日は伊賀神戸5時56分発快速急行大阪上本町行きが今回の2018年3月17日ダイヤ変更以降1分繰り上がり5時55分発となるほか、平日に至っては伊賀神戸6時02分発の快速急行大阪上本町行きが名張始発に短縮することから、それに接続する伊賀神戸5時59分発普通名張行きにではなく、その前の5時55分発快速急行大阪上本町行きに接続させることとなったことから、大幅な繰り上げとなっている。また平日はその折返しとなる伊賀神戸6時07分発上野市行きも4分繰り上げ、6時03分発となる。

また終電についても、上野市から離れる方向で変更がある。土休日の伊賀上野行きは2分繰り上げ、平日の伊賀神戸行きは2分繰り下げとなる。そのため近鉄大阪線やJR西日本の関西線方面からの伊賀鉄道の終電に変更はない。

2. 養老鉄道は増発も、終電繰り上げ

今回の2018年3月17日養老鉄道ダイヤ変更では、大垣以北で夜間に2往復増発される。これにより大垣基準で揖斐行きは21時台まで毎時3本の運転となり、22時台も2本に増発されることとなった。ただ近鉄主要各線とは異なり大垣から揖斐への終電を大垣23時40分発から23時22分発に18分繰り上げ、初電も揖斐5時33分発から5時37分発へ4分繰り下げられることとなった。

また養老鉄道の南側区間(桑名~大垣)でも増発が行われるが、増発されるのは隣駅間の大垣~西大垣間のみだ。これは西大垣に車両基地があるためであり、その送り込み列車を営業運転することによるものだと思われる。これにより大垣発西大垣行きは7本、西大垣発大垣行きは10本増発されることとなり、西大垣から大垣行きの初電が養老始発の5時53分発から西大垣始発の5時37分発に16分繰り上がることとなった。初電の繰り上げは嬉しいが、昼間にまで西大垣発着の増発がされても利用が延びないように思う。近い将来見直しが行われるのではないだろうか。

なお、終電の運転区間短縮が実施され、桑名22時51分発最終養老行きが桑名22時52分発最終駒野行きに短縮し、桑名から美濃津屋・養老への終電が桑名22時07分発最終大垣行きに繰り上がることから44分の繰り上げとなる。また大垣23時22分発最終駒野行きが同時刻で養老行きに短縮し、美濃津屋・養老への終電が大垣22時28分発最終桑名行きに繰り上がることから54分の繰り上げとなる。

3. 結び

今回の2018年3月17日伊賀鉄道ダイヤ変更では、新駅開業と初終電の改善を行っている。一方で、養老鉄道では終電の繰り上げが多く目立つ結果となった。

今後近畿日本鉄道やかつて近鉄路線であった伊賀鉄道や養老鉄道、及び今回ダイヤ変更をしなかった三岐鉄道北勢線や四日市あすなろう鉄道がどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、ご意見・ご要望や新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする