新車投入で旧型車両の置き換え進む JR東日本八王子支社臨時列車運転(2018年7月~9月夏期間)

 JR東日本八王子支社は5月18日、プレスリリースにて2018年7月~9月に臨時列車を運転すると公表した( 夏の増発列車のお知らせ )。今回はこれについて見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 立川始発早朝「かいじ」運転

 今回の2018年7月〜9月JR東日本八王子支社夏の臨時列車運転では、立川始発の中央本線特急「かいじ」が運転される。運転されるのは立川5時10分発特急「山かいじ」小淵沢行きとなっており、終点小淵沢には7時01分に到着する。途中停車駅は八王子・大月・塩山・山梨市・石和温泉・甲府・韮崎となっており、定期特急「かいじ」のオーソドックスな停車駅設定となっている。運転日は7月28日、8月4日、8月11日、8月12日となっている。

 この中央本線特急「山かいじ」は、大宮6時ちょうど発東北新幹線「はやぶさ101号」より早い時間帯に首都圏を出発するので、利用できる範囲は限られており、立川連絡では中央線各駅停車中野~国立間や青梅線青梅~西立川間、南武線登戸~西国立間などでしか利用できず、八王子連絡でも中央線快速日野・豊田や横浜線橋本~片倉間、京王線高幡不動~北野間などでしか利用できない。しかもたちの悪いことに高尾5時14分発普通大月行き初電を四方津で抜かすため、中央本線相模湖~猿橋間から特急「山かいじ」を利用できないほか、中央線快速高尾・西八王子から利用するには八王子まで折り返さなければならない。使用車両は千葉支社幕張車両センターのE257系5両編成普通車全車指定席であることから、定期特急「かいじ」の主に9両編成と比べると短くなっているのも、東京山手線内から利用できないことなどから多くの需要は見込めないからなのだろう。

 しかしダイヤを見ていくと、甲府では身延線特急「ワイドビューふじかわ1号」と3分差で接続できないほか、特急「山かいじ」が臨時列車ということもありあまり接続が良くない。しかも終着駅が小淵沢と中途半端で諏訪・松本方面へは普通列車への乗り換えを必要とするほか、その接続する普通列車は立川4時56分発各駅停車高尾行きから乗り継いで接続する列車と同じなのである。確かに普通列車を乗り継いでいくよりかは小淵沢まで直通した方が楽なのであるが、特急「山かいじ」運転区間を超えたエリアで便利になるとはあまり思えないように感じる。せめて長野支社とも協力して特急「はまかいじ」のように松本まで行ってくれればまだ需要は広がるだろう。

2. 運用変更の実施へ

 また今回の2018年7月〜9月JR東日本八王子支社夏の臨時列車運転では、これまで運転されてきた列車に運用変更が生じる。今回の臨時列車運転に合わせ、2018年7月より中央本線特急「あずさ」10往復中3往復、特急「かいじ」12往復中9往復がE257系から新型車両のE353系に置き換えられた。9両編成のまま変わりないが、グリーン車が半室から全室となり28人から30人に増えた一方、普通車は半室減り荷物置き場が増えたことで530人から494人へ減ることとなり、1編成で定員が34人減ることとなった。

 このことから、JR東日本では7月と9月の閑散期(月曜日~木曜日)を中心に特急「かいじ」のグリーン車限定で20%引きのえきねっとトクだ値を発売することとなった。普通車指定席を通常利用した場合と比べ差額が最小で390円(閑散期は590円)と、お手頃に設定されている。特急「あずさ」に設定されないことから短距離利用向けとなっているが、できるだけ特急「かいじ」でも普通車からグリーン車へ移動させたいようだ。

 また、8月・9月に運転される青梅線立川~奥多摩間で運転される快速青梅奥多摩号は、2018年5月に運転された快速青梅奥多摩新緑号とほぼ同じ時刻で運転される。5月運転時との違いは、車両はE257系特急型車両5両編成からE233系中央快速線用車両6両編成に変更されたこと、1両連結していた普通車指定席を廃止し全て自由席とした。

 また、武蔵野線南越谷~横須賀線鎌倉間を結ぶ臨時快速ホリデー快速鎌倉の使用車両は、185系6両編成の全車普通車うち2両自由席であるが、9月よりE257系5両編成全車指定席に変更となる。これにより横浜・大船方面から武蔵野線への直通列車の自由席連結が無くなり、指定席料金が必要となった。

 2018年春の臨時列車運転では快速富士山などの189系使用列車がE257系に置き換えられていったが、今回は7月1日よりE353系の特急「かいじ」投入が行われたことでこれまで運用されていたE257系が余っているが、今回置き換えられた編成は原則東海道線特急「踊り子」用転用改造を行う見込みで、今回E257系運用になった臨時列車は全て5両編成の千葉支社幕張車両センター所属車となった。

3. 結び

 今回の2018年7月〜9月JR東日本八王子支社夏の臨時列車運転では、初の試みとなる立川始発の特急「山かいじ」を運転することとなったほか、E351系の中央本線特急「かいじ」進出が行われ、185系電車の置き換えも着々と進んでいる。今後土休日運転の横浜発着中央本線特急「はまかいじ」や外房線快速ブルーオーシャン外房、東海道本線夜行快速ムーンライトながらなどの185系電車使用の臨時列車も車両置き換えが進むのか、見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする