都内完結特急で1000円区間登場へ JR東日本八王子支社ダイヤ改正(2019年3月16日)

JR東日本八王子支社は2018年12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年3月ダイヤ改正について )。今回はこのうち中央本線特急「はちおうじ」「おうめ」について見ていく。

2019年3月16日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!

同日実施のダイヤ改正のうち特急「かいじ」「富士回遊」など山梨県内の特急列車についてはこちら!


1. 中央本線ホームライナーの特急格上げへ

今回の2019年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、中央本線定期特急列車が全て新型のE353系に統一されることになったことから、特急の間合い運用などを活用していた中央本線ホームライナー「中央ライナー」と「青梅ライナー」用に使用されていたE257系運用が新型のE353系に切り替わることにより、ぞれぞれ特急「はちおうじ」「おうめ」に格上げされることとなった。この経緯で設定されたことから、特急「はちおうじ」「おうめ」は全列車平日のみ運転となっている。

とはいえ、単なる格上げと思いきや「中央ライナー」の運転区間は東京~高尾間であり、八王子発着は1往復のみの設定であったが、今回のダイヤ改正で設定される特急「はちおうじ」は全列車東京~八王子間の設定となっており、実質運転区間が短縮することとなった。

これにより国鉄時代より数えても初めて東京都内のみで完結する特急列車が運転されることとなった。

一方で2018年2月22日には京王線「京王ライナー」が、2018年3月10日には西武新宿線「拝島ライナー」が運転を開始しており競合が激化しているはずなのに、ここで値上げが実施されることとなったのだ。

乗車料金改め特急料金は「中央ライナー」「青梅ライナー」ともに普通車510円、グリーン車720円で利用可能であり、東海道線や総武線快速などで設定され中央線快速にも2022年度より設定される予定のグリーン車自由席の平日事前料金770円より安い。しかし今回の特急格上げにより、50kmまでの利用で特急券をみどりの窓口や券売機で購入した場合、事前料金で普通車指定席750円となるのだ。

しかも特急料金750円で利用できるのはあくまで50kmまでの区間の話のみで、50kmを超えてしまうとさらに値上がりするのだ。新宿~八王子・青梅の利用であればそれぞれ37.1km、45.7kmと50km以内に収まるのであるが、東京発着となると八王子までなら47.4kmと50km以内に収まる一方で青梅までは56.0kmと50kmを超えてしまう。東京~河辺・青梅の利用では特急料金も普通車指定席の事前料金で1,000円となるのだ。

都内利用で1,000円を超える特急料金を設定している例は特急「成田エクスプレス」の東京~新宿間での利用で普通車指定席(通常期)1,270円というのがあるが、特急「成田エクスプレス」は成田空港を利用するための列車であり東京~新宿間での利用なんて交通系Youtuberなどでもない限りそんな屁理屈な使い方はしない。東京都内しか走らない、しかも最高速度は100km/hで特急料金1,000円とはなにごとか。そんなホームライナー上がりの特急列車の利用なんてたかがしれる。

東武伊勢崎線特急「スカイツリーライナー」で実施されているせんげん台から先は特急券無しで利用可能であるほか、浅草・北千住から春日部などの利用であっても特急料金はせんげん台までの分しか徴収しないことで、特急「けごん」「きぬ」よりも割安な料金で利用できる。特急「おうめ」も東京~拝島間の利用であれば44.4kmであり、事前料金で普通車指定席に750円で利用可能だ。青梅線に関しては他の特急列車が運転されていないことから、特例で50kmの料金で東京~青梅間の利用を可能にしても良かったのではないだろうか。

ちなみに東京~高尾間は53.1kmであるが、「中央ライナー」の特急「はちおうじ」格上げに伴い高尾発着から八王子発着に短縮されたことからこの区間での特急券発売の設定はされないこととなった。単純に運転区間の短縮と聞くと利便性の低下につながるのだが、今回の特急「はちおうじ」格上げによる運転区間短縮は特急料金を抑えるためであると考えると多少の配慮がなされているといってもいいのかもしれない。

特急「はちおうじ」及び特急「おうめ」の50kmまでの利用であればえきねっとチケットレスサービスを使用すれば所定の特急料金から100円引きの650円で済むほか、6月30日まではチケットレスの場合450円で利用できるのだが、一時的に値段が下がるとはいえ確実に140円は値上げされることとなりそうだ。

一方、これまでライナー券は満席になれば発売停止となり立席でライナーに乗る術はなかったが、今回の特急化により特急「はちおうじ」「おうめ」でも座席未指定券が発券されるようになることで、満席時でも立席で利用可能となる。

長距離の場合満席時の特急の立席利用は、特急列車以外で利用できる列車が限られていることから致し方ないのかもしれないが、東京~八王子の短距離なら快速電車も走っているわけで他にも利用列車があり立席利用は少ないだろう。むしろ普通列車グリーン車自由席のように空席がなかった場合には返金してもいいのではないかと思う人もいるかもしれない。

しかし平日夕ラッシュ時の中央線快速は通勤快速も含め混雑していることを考えると、立席でも料金を払って混雑していない立席を求める人は出るのではないだろうか。

2. 中央本線格上げ特急「はちおうじ」「おうめ」の時刻変更で西武鉄道に降参宣言か

今回の2019年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、中央本線「中央ライナー」「青梅ライナー」に代わり中央本線特急「はちおうじ」「おうめ」が設定されることとなったが、時刻について見ていくと単なる格上げだけではない大きな変化もある。

新宿19時30分発特急「かいじ119号」甲府行きを東京19時15分発に延長した一方、東京19時00分発「中央ライナー3号」高尾行きを廃止することとなった。

また東京22時30分発「中央ライナー7号」八王子行きは東京22時15分発特急「はちおうじ9号」八王子行きに時刻が繰り上がり、東京22時30分発には特急「おうめ1号」青梅行きが設定されることとなった。

一方「青梅ライナー」改め特急「おうめ」は、ダイヤ改正前は東京18時00分発と20時00分発の2本が設定されているのだが、ダイヤ改正後は東京及び新宿18時台〜21時台には設定されず、この時間帯の特急列車は八王子に向かう列車のみの設定となった。

しかも先述した特急「おうめ1号」は新宿を22時45分に出発することで、最終の西武新宿線「拝島ライナー」の西武新宿22時15分発より30分遅い時刻での設定となっている。どうやら西武新宿線「拝島ライナー」の料金300円という安さに圧倒され、競合する時間帯では勝てないと踏んで撤退したようだ。西武鉄道としては拝島快速の失敗の仇を晴らした結果となったようだ。

また対八王子利用と比べ青梅線沿線の需要が少ないことや特急料金が区間によっては1,000円となることからも、平日夕ラッシュ時の「青梅ライナー」は2本から1本に減便されることとなる。朝の特急「おうめ2号」の送り込みとして運転される東京22時30分発特急「おうめ1号」1本のみの運転としたのだろう。

これらの変更により、特急「スーパーあずさ」「あすさ」「かいじ」「はちおうじ」「おうめ」及び「中央ライナー」「青梅ライナー」の運転本数は、新宿18時台発は4本のまま変わらない一方で、新宿19時台発は3本から2本に減便、新宿21時台発も3本から2本に減便する一方で、新宿23時台発は2本から3本に増発されることとなった。

中央本線特急がE353系に統一されることを機に運用の効率化を図ることや、これまで料金体系が別だったためライナー運転時間帯の近距離利用に向いていなかった特急「あずさ」「かいじ」でも同額の料金で利用できるようになることから、乗車選択の幅を広げようとしているのではないだろうか。

このことで、新宿~立川・八王子に限れば新宿18時台は毎時4本、19時台以降は毎時2本の特急列車が23時台まで設定されることとなったことから、安値ながらも平日夕ラッシュ時に毎時1本しか運転していない京王八王子行きの京王電鉄「京王ライナー」とは徹底して競合する構えのようだ。

なお、平日朝は「中央ライナー」改め特急「はちおうじ」は、4号が高尾始発から八王子始発に短縮されるのを除き運転時刻に変化がない。

また「青梅ライナー」改め特急「おうめ」はそもそも2号の1本しか運転がないのだが、青梅6時16分発で変わりないものの河辺から先の運転時刻が2分繰り上がることとなった。

このことから平日朝については微調整のみということでおさまったようだ。

3. 結び

今回の2019年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、新型特急車両E353系の導入に伴い「中央ライナー」「青梅ライナー」が廃止され、特急「はちおうじ」「おうめ」に格上げされることとなった。

ただ平日夕ラッシュ時には時刻変更が多く行われており、西武鉄道「拝島ライナー」との競合には実質白旗を上げている一方、京王電鉄「京王ライナー」とは完全に競合する意思を示しているようにとれる。

今後東京都西部方面への着席保証列車が拡充していく中、どのようなダイヤ改正が実施されるのか、見守ってゆきたい。


TOP