末端部で初終電の改善実施へ! JR九州指宿枕崎線ダイヤ改正(2018年3月17日)

 JR九州鹿児島支社は12月15日、プレスリリースにて2018年3月17日にダイヤ改正を行うと公表した( 平成30年3月17日にダイヤを見直します )。またJR九州は2月16日、2018年3月17日ダイヤ改正の削減本数について公表した( 平成30年3月17日からの新しいダイヤについて )。今回はこのうち、指宿枕崎線について見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!

同日実施のJR九州鹿児島支社ダイヤ改正のうち、鹿児島本線・日豊本線・肥薩線についてはこちら!


1. 鹿児島中央~指宿・山川間でも微減へ

 今回の2018年3月17日JR九州鹿児島支社ダイヤ改正では、指宿枕崎線でもダイヤ改正が実施された。

 まずは朝。鹿児島中央8時38分発山川行きが指宿行きに短縮され、指宿9時42分発鹿児島中央行きが削減されたものの、そのほかは数分程度の変化しかなかった。そのほか、昼間では山川15時46分発鹿児島中央行きが指宿始発に短縮された。

 また、特急「指宿のたまて箱」と接続していた指宿~山川間シャトル列車3往復が、特急「指宿のたまて箱6号」と接続する山川14時48分発指宿行きを除き全廃された。また、特急「指宿のたまて箱」は「指宿のたまて箱1号」が鹿児島中央発時刻を9時58分発から9時55分発へ3分繰り上げ、指宿着時刻を10時49分着から10時47分着へ繰り上げたほかは、時刻変更は実施されなかった。

2. 初終列車も大幅見直しへ

 今回の2018年3月17日JR九州鹿児島支社ダイヤ改正では、指宿枕崎線で初終列車も見直しが実施された。

 初列車となる山川4時42分発鹿児島中央行きが喜入始発に短縮され、山川~前之浜間の各駅から鹿児島中央6時08分発定期「さくら400号」博多行きや鹿児島中央6時00分発臨時「さくら580号」新大阪行きへ連絡することができなくなった。また次列車の喜入5時13分発鹿児島中央行きが廃止となった。これらの減便により、山川・指宿から鹿児島中央への初列車は山川4時42分発から5時26分発へ44分繰り下がることとなった。JR九州としては指宿からは鹿児島中央7時02分発九州新幹線定期「みずほ600号」新大阪行きに連絡しておけば利便性は保てると判断したのであろう。

 また終列車時間帯を含む夜間にも見直しが実施される。鹿児島中央21時23分発喜入行きは15分繰り下げ鹿児島中央21時38分発とし、五位野行きに短縮される。鹿児島中央21時55分発山川行きも15分繰り下がり、鹿児島中央22時10分発となる。その後鹿児島中央22時27分発喜入行きは16分繰り下がり22時43分発となり、鹿児島中央22時58分発山川行き終列車が20分繰り下がり鹿児島中央23時18分発として設定され、喜入行きに短縮されることとなった。また鹿児島中央23時33分発喜入行き終列車が廃止されることとなった。これらの減便により、鹿児島中央から指宿・山川への終列車は鹿児島中央22時58分発から22時10分発へ48分繰り上がり、鹿児島中央から喜入への終列車は鹿児島中央23時33分発から23時18分発へ15分繰り上がることとなった。

 さらに鹿児島中央23時52分発五位野行き最終列車は、鹿児島本線最終列車や日豊本線最終列車同様鹿児島中央23時50分発に2分繰り上げられることとなった。

 そして先述の喜入行きから五位野行きへの短縮の影響で、夜間の喜入発鹿児島中央行き1本が五位野始発に短縮された。また、山川22時20分発鹿児島中央行き終列車が指宿始発に短縮され、山川から鹿児島中央への終列車は44分繰り上がることとなった。

3. 山川~枕崎間では初終電改善へ

 また、山川~枕崎間では、鹿児島中央方面列車との接続が改善されている。西頴娃5時24分発山川行き初列車は西頴娃5時38分発に14分繰り下がるが、山川で連絡する列車は山川6時08分発鹿児島中央行きのまま変更がないため、14分遅い列車で鹿児島中央に同じ7時28分に到着できるようになった。また西頴娃8時43分発指宿行きも8分繰り下げ西頴娃8時51分発とすることで、指宿での快速なのはな鹿児島中央行きへの接続時間を13分から5分へと短縮している。この時刻変更は、快速なのはなが山川始発から指宿始発に短縮されたことで、山川からの利便性をできるだけ損なわないようにする措置のようにも思える。なお、枕崎からの初列車に関しては、枕崎6時08分発鹿児島中央行きが枕崎6時07分発へ繰り上がり、枕崎~西開聞間で初列車が1分繰り上がることとなった。

 また、終電でも大きな変化がある。山川方面からの枕崎行き最終列車は山川19時58分発から指宿20時26分発へ35分繰り下がることとなった。これにより鹿児島中央から枕崎への最終列車は鹿児島中央18時48分発快速なのはなからの接続から鹿児島中央19時04分発指宿行きからの接続へ16分繰り下がることとなった。鹿児島交通バスの鹿児島中央駅発枕崎行き終バスが鹿児島中央18時38分発であることから、これまでは終バス・終列車の時間が近く所要時間面でバスが優位であったが、今回のダイヤ改正で指宿枕崎線の枕崎への終列車が繰り下がったことにより、終車は鉄道がバスより26分遅くなることから、鉄道がやや優位になったものと思われる。

 ただし、指宿21時21分発西頴娃行き最終列車が廃止されたことから、大山~西頴娃への最終列車は山川基準で55分、鹿児島中央連絡基準で55分繰り上がることとなり、鹿児島中央を19時04分に出なければならなくなった。

 また、上りでは枕崎からの鹿児島中央行き最終列車が枕崎19時59分発から20時33分発へ34分繰り下がることとなった。これは、先述の鹿児島中央発五位野行き列車の折り返しを五位野発鹿児島中央行き列車に充てるため、既存の枕崎からの最終列車であった鹿児島中央22時26分発の列車を五位野始発に短縮し時刻変更したことで枕崎始発とすることができず、鹿児島中央発喜入行きの折り返しとして運転していた列車の折り返しとして設定されていた喜入発鹿児島中央22時56分着列車が、鹿児島中央発喜入行きの五位野行き短縮に伴い折返し運用の意義がなくなり、このスジを使って枕崎始発に延長し最終列車にしたことで、結果的に終列車繰り下げにつながったものと思われる。

4. 結び

 今回の2018年3月17日JR九州鹿児島支社ダイヤ改正では、指宿枕崎線でも初終電の見直しを含むダイヤ改正が実施された。JR九州全体では今回のダイヤ改正は縮小傾向が強い中、指宿枕崎線では山川以北では初列車繰り下げや終列車繰り上げなどの他線区と同様に縮小傾向のダイヤ改正が実施されたものの、山川以西では初電の繰り下げは実施されたものの山川での連絡が改善され同じ時刻で鹿児島中央に到着できるようになったほか、終電は多くで繰り下がり利便性が向上したものと思われる。今後大きなダイヤ改正は実施されないと思われるし、今回のように指宿枕崎線のダイヤ改正のみで記事が1本書けるのも向こう10年以上はないものと思われるが、今後どのようなダイヤが組まれるのか見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする