増停車と接続改善で利便性向上へ! JR西日本岡山支社・智頭急行・井原鉄道・水島臨海鉄道ダイヤ改正(2018年3月17日)

JR西日本岡山支社は2017年12月15日、プレスリリースにて3月17日にダイヤ改正を行うと公表した( 2018年春ダイヤ改正について )。また智頭急行は1月22日、プレスリリースにて3月17日にダイヤ改正を行うと公表した( 2018年春ダイヤ改正について )。さらに水島臨海鉄道は2月27日、プレスリリースにて3月17日にダイヤ改正を行うと公表した( ダイヤ改正のお知らせ 【平成30年3月17日(土)】 )。今回はこれらについて見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. マリンライナー、増強と増停車へ

今回の2018年3月17日JR西日本岡山支社ダイヤ改正では、瀬戸大橋線で小規模ながらダイヤ改正が実施される。まず高松6時46分発快速マリンライナー8号岡山行きが、備前西市に追加停車することとなった。備前西市はこれまで6両編成までしか停車できなかったが、今回のダイヤ改正でホームが延長され7両対応となり、7両編成で運転される快速マリンライナー8号を停車できるようにした。これに伴い既に備前西市・大元に停車している快速マリンライナー10号も5両から7両に増結されることとなった。

一方、高松7時48分発快速マリンライナー12号岡山行きは、7両から5両に減車されることとなった。この快速マリンライナー12号は岡山到着がオフピークとなること、備前西市・大元を通過とすることから運用上の都合で223系2両増結した7両での運転となっていたものと思われる。しかし備前西市が7両対応化したことで1本前の快速マリンライナー10号が増結可能となったことから、代替として12号が5両に短縮されたものと思われる。

そのほか、山陽本線では朝の快速「サンライナー」のうち福山6時42分発の1本の時刻を繰り上げ、中庄・庭瀬・北長瀬の3駅に追加停車することとなることから倉敷から先各駅に停車することとなった。その影響で運用を117系4両編成から115系6両編成に変更することとなり、ドア数も増えることとなった。

2. 智頭急行線と福塩線で普通列車見直しへ

また今回の2018年3月17日智頭急行ダイヤ改正では、接続改善と減便が実施される。初列車では大原5時32分発普通上郡行きを13分繰り上げ、大原5時19分発とした。またプレスリリースに記載はないが、大原5時36分発初列車の普通智頭行きが大原5時42分発に6分繰り下がり、智頭での鳥取方面への乗り換え時間が17分から11分に短縮された。ただしこの普通智頭行きは智頭で1分折返しで普通上郡行きとして折り返すことから、タイトなダイヤとなっている。
そのほか今回のダイヤ改正では全線で普通列車を1往復削減することとなった。これにより上郡20時26分発普通智頭行き最終列車が大原行きに短縮され、智頭行き最終列車が上郡19時29分発となった。この列車も運転時刻を繰り下げ、大原では14分も繰り下がることとなったが、それでも大原→智頭の最終列車は55分繰り上がることとなった。ただこの普通列車、鳥取方面最終接続列車を維持していることから、智頭での連絡時間が35分から22分に短縮された。そのほか智頭21時11分発最終普通大原行きも智頭21時09分発に2分繰り上がった。

また今回の2018年3月17日JR西日本岡山支社ダイヤ改正では、福塩線でも見直しが実施された。見直されたのは電化区間の福山~府中間で、昼間の万能倉発着の区間運転を2本減らし、府中までの電化区間全線運転を1本増発した。これにより昼間は福山~府中間で概ね40分間隔で運転されることとなった。

そのほか水島臨海鉄道でもダイヤ改正が実施され、夕方16時台発以降に時刻変更が実施されたほか、水島~三菱自工前間で1往復延長されることとなった。また夕方の水島での列車交換が下り(三菱自工前方面)優先から上り(倉敷市方面)が優先されるようになり所要時間が短縮されたことで、工場帰りの帰宅ラッシュに便利なダイヤとなった。

3. 結び

今回の2018年3月17日JR西日本岡山支社ダイヤ改正では、瀬戸大橋線快速マリンライナーや山陽本線快速サンライナーの停車駅増加により、岡山市内での利便性が向上した。一方で智頭急行線や福塩線では減便が実施され、徐々に運転本数を少なくしつつあるほか、智頭急行線では接続改善が実施された一方、接続と関係のない列車については短縮や終列車繰り上げなどが実施された。今後どのようなダイヤ改正が実施されるのか、見守ってゆきたい。