エアポート快特・急行増強へ! 京急電鉄・都営浅草線ダイヤ改正(2017年10月28日)

京急電鉄は9月14日、プレスリリースにて2017年10月28日にダイヤ改正を行うと公表した( 10月28日京急線ダイヤ変更 横浜方面エアポート急行の増発でより便利に! )。 また東京都交通局も同日、プレスリリースにて2017年10月28日にダイヤ改正を行うと公表した( 都営浅草線のダイヤを改正します )。今回はこれらについて見ていく。
同日実施予定の京成電鉄・北総鉄道ダイヤ改正についてはこちら!


1. 平日朝はエアポート急行の増発

今回の京急電鉄のダイヤ改正は、小規模ながらも朝晩に改善が見られることになった。平日は朝の羽田空港発の普通京急蒲田行き3本が、運転区間を金沢文庫・新逗子まで延長しエアポート急行に格上げされる。これにより平日朝の羽田空港発は8時台の2本を除いてエアポート急行と一部の品川方面快特で統一されることとなり、横浜方面の利便性が向上することとなった。

2. 土休日夜は特急からエアポート急行に変更

また今回のダイヤ改正では、土休日の夜、羽田空港23時15分発にもエアポート急行金沢文庫行きを増発する。このエアポート急行は純増のようである。しかし、その前の羽田空港23時02分発特急京急久里浜行きは普通京急蒲田行きに格下げになるようで、京急蒲田から京急久里浜までのスジは都営浅草線方面からの青砥始発の直通列車に譲ることとなった。

3. 土休日夕方に浅草線内エアポート快特を増発

今回の京急電鉄のダイヤ改正では横浜方面のダイヤ改正がメインで、品川方面は先述の青砥始発の特急京急蒲田行きが羽田空港始発の特急のスジを使って京急久里浜行きに伸びる程度であるが、都営浅草線は都営浅草線でまた同日にダイヤ改正を行うこととなった。
今回行われる都営浅草線のダイヤ改正では、土休日の夕方にエアポート快特が増発される。具体的には羽田空港が2本、成田空港行きが1本エアポート快特に格上げされる。成田空港行きの1本は、京急線内もノンストップ運転のエアポート快特で、京成線内も成田空港線経由のアクセス特急となる正真正銘の速達型空港アクセス列車であるが、羽田空港2本はどちらも泉岳寺・品川から京急線内エアポート急行で運転される。浅草線内エアポート快特・京急線内は京急蒲田停車の快特は多数運転されているが、WEB上の公式時刻表によると浅草線内エアポート快特・京急線内エアポート急行は平日の朝に1本しかない。このレア列車が土休日の品川発19時台にも2本誕生する運びとなった。

4. 結び

今回2017年10月28日のダイヤ改正は、前回2016年11月19日ダイヤ改正のウィング号運行時間拡大や12両で運転する列車の変更などと比べると小規模であり、同日ダイヤ改正の京成電鉄より規模が小さいように思える。競合路線である東京モノレールの直近のダイヤ改正(ダイヤ改訂)が非常に小規模だったこともあり、今回は従来のダイヤ改正という表記からダイヤ変更という弱い表現にして横浜方面のエアポート急行が拡大されるにとどまったが、今後本線の快特・特急などにもどのような変化があるか注目したい。
URLを変更しました!お気に入りの再登録をお願いいたします!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!