朝ラッシュ時の快速急行・急行倍増へ! 小田急小田原線ダイヤ改正(2018年3月17日)

 小田急電鉄は11月1日、プレスリリースにて2018年3月に代々木上原~登戸間の複々線化工事事業が完了することを受け、大幅なダイヤ改正を行うと公表した( 2018年3月、新ダイヤでの運行開始 )。今回は第11弾として、小田原線相模大野~新松田間を中心に見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!

同日ダイヤ改正の小田原線新百合ヶ丘~相模大野間についてはこちら!


1. 複々線化完成で平日朝ラッシュ時に所要時間短縮

 今回の2018年3月17日小田急小田原線ダイヤ改正では、代々木上原~登戸間において複々線化工事完了に伴い大増発が可能となり、相模大野以南の小田原線でもラッシュ時を中心に大きくダイヤ改正が実施される。

 まずは平日朝ラッシュ時。これまで毎時8本の新宿行き急行が設定されていたが、これが毎時6本の快速急行新宿行きと、毎時5本(ピーク時は10分間隔)の急行相模大野行きに再編される。急行相模大野行きは終点相模大野で江ノ島線藤沢発の快速急行新宿行きに連絡するが、乗り換えが生じ利便性が低下するのは間違いない。新宿までの所要時間は種別格上げが実施されたこともあり、平日朝ラッシュ時の本厚木→新宿の所要時間は1時間04分から56分へ8分短縮され、海老名→新宿の所要時間は1時間00分から51分へ9分短縮された。この所要時間は急行相模大野行きからの快速急行連絡でも変わらない。これにより海老名・本厚木以西の急行停車駅での運転本数は増加し、新宿までの所要時間が短縮されたものの、新宿直通先着列車が削減されることとなった。

 一方、急行通過駅に関しては、これまで本厚木→相模大野間で準急新宿行き毎時5本と各駅停車新宿行き毎時4本を運転しており、準急は登戸から通過運転を行うものの鶴川で急行の退避を受けるため先着列車とはならない。しかし今回のダイヤ改正で海老名→相模大野で地下鉄千代田線直通の通勤準急が毎時6本と新宿行き各駅停車が毎時6本となり、合計毎時9本から毎時12本に増加した。また、相模大野以東の新宿先着列車が5分間隔に等間隔化したことから、相模大野乗り継ぎでの新宿先着列車が毎時9本から毎時12本に増加することとなった。一方地下鉄千代田線直通通勤準急のうち毎時3本は海老名始発で設定されるため、JR相模線と連絡する海老名市所在の厚木駅に停車する平日朝ラッシュ時の列車は毎時9本のまま変わらず、10両編成が毎時5本から毎時3本に減り残りは8両編成で運転されることから輸送力も減少することとなった。

 なお、昼間に関しては大きく変更せず、快速急行毎時3本、急行毎時3本、各駅停車毎時6本の合計毎時12本のまま据え置かれることとなったほか、快速急行が登戸に停車することとなったため、新宿~海老名・本厚木で所要時間が2分ほど伸びることとなった。

2. 平日夕ラッシュ時は微増にとどまる

 また今回の2018年3月17日小田急電鉄ダイヤ改正では、平日夕ラッシュ時の速達列車も増強される。これまで相模大野→本厚木間では快速急行毎時1本と急行毎時4本の運転であったが、今回のダイヤ改正より快速急行毎時2本と急行毎時4本の合計毎時6本に増強される。また相模大野から各駅停車に変更する急行列車も毎時2本引き続き設定され、これまで実施されていた相武台前での後続急行の待避をなくすことで海老名・本厚木先着列車となる。また準急と各駅停車は合計毎時8本のまま変わりないが、準急が毎時1本から毎時2本に拡大したため、相模大野~本厚木間での昼夕輸送力比は90.0%から81.8%へと変化し、平日夕ラッシュ時の混雑緩和に寄与している。
ただし、平日夕ラッシュ時運転の急行のうち毎時2本が新宿発から地下鉄千代田線発に変更となったほか、秦野行きから伊勢原行きに短縮された。これにより、伊勢原〜秦野間では平日夕ラッシュ時毎時8本から毎時6本に削減されることとなった。これにより伊勢原~秦野間での昼夕輸送力比は75.0%から100.0%となり、昼間が空いていることを示すこととなった。これらの大幅な改正により、新宿から海老名・本厚木への平日夕ラッシュ時の先着列車は毎時5本から毎時6本に増加し、利便性は向上されそうだ。

3. 初電繰り上げで長距離で速達化へ

 また今回の2018年3月17日小田急電鉄ダイヤ改正では、初電繰り上げも実施される。なお、初終電では途中駅で種別を変更する列車が多いが、わかりやすくするために全て2018年3月17日以降の表記法に従って記述する。

 まず、海老名〜小田急相模原間では初電が12分繰り上がり海老名4時55分発の各駅停車新宿行き(新百合ヶ丘から急行)が設定されることにより、初電利用による新宿着時刻が5時55分から5時48分に7分繰り上がる。ただし、これまでの初電であった海老名5時07分発各駅停車新宿行き(相模大野から急行)は、海老名5時10分発各駅停車新宿行き(新百合ヶ丘から急行)となり、3分繰り下がり急行運転区間が縮小したことで、新宿着時刻が5時55分から6時06分に11分繰り下がることとなった。

 次に、秦野〜厚木間では初電が2分繰り下がり秦野発時刻は5時03分発から5時05分発となる。しかしこれまで秦野5時03分発各駅停車新宿行き(相模大野から急行)であったが、小田原始発に延長し全区間で快速急行運転が実施されることになったことから、本厚木以東で所要時間が短縮されることとなり新宿着時刻を繰り上げることに成功した。これにより初電利用による新宿着時刻が6時17分から6時10分に7分繰り上がることとなった。急行通過駅の代替として相武台前5時24分発各駅停車新宿行きが本厚木5時16分発地下鉄千代田線・JR常磐緩行線直通各駅停車松戸行きに延長され、町田で本厚木以西で初電となる小田原4時45分発快速急行新宿行きと接続することとなった。この初電は茅ヶ崎・寒川方面からのJR相模線からも接続でき、社家以南のJR相模線から小田急新宿駅への初電利用による到着時刻も7分繰り上がることとなった。

 また、渋沢・新松田では初電が14分~15分繰り上がり、小田原4時55分発赤●急行相模大野行きから先述した小田原4時45分発快速急行新宿行きに変更となる。これにより初電利用による新宿方面利用で乗り換えが必要なくなり、新宿着時刻は6時27分から6時10分に17分繰り上がることとなった。またこれまでの初電出発時刻から1~2分後に出発する快速急行を利用しても、新宿着時刻は6時27分から6時28分に1分繰り下がるのみとなり、初電以降の利便性も同水準に保たれることとなった。

4. 終電繰り下げへ

 また今回の2018年3月17日小田急電鉄ダイヤ改正では、終電も改善される。新宿からの終電は、愛甲石田〜新松田へは新宿23時35分発から23時42分発に7分繰り下がることとなった。これは、新宿23時35分発の急行が小田原行きから江ノ島線藤沢行きに変更となり、新宿23時41分発快速急行相模大野行きを延長し新宿23時42分発快速急行小田原行きに延長したためである。

 次に、厚木・本厚木へは新宿23時55分発から新宿24時08分発に13分繰り下がる。これは、新宿0時05分発準急相模大野行きを新百合ヶ丘まで急行に格上げした上で急行本厚木行き(新百合ヶ丘から各駅停車)に延長したことによる。ちなみにこれまで本厚木への終電であった新宿23時55分発急行本厚木行き(相模大野から各駅停車)は平日に限り新宿23時57分快速急行本厚木行きに格上げされ、新宿発時刻が2分繰り下がるにもかかわらず海老名着時刻が8分、本厚木着時刻が9分繰り上がり、大幅に所要時間短縮が図られた。

 また、座間・海老名へは新宿23時55分発から新宿24時20分発に25分繰り下がる。これは新宿0時20分発急行相武台前行き(相模大野から各駅停車)が急行海老名行き(新百合ヶ丘から各駅停車)に延長されることによるものである。

 一方、JR相模線への接続で見ていくと、相模線最終は上りは海老名0時15分発橋本行き、下りは厚木0時18分発茅ヶ崎行きであるが、ダイヤ改正前は平日は新宿23時13分発急行小田原行きから両方向とも接続できていたが、今回のダイヤ改正後は橋本方面は新宿23時08分発快速急行藤沢行きに乗車の上相模大野で急行伊勢原行きに連絡、茅ヶ崎方面は新宿23時09分発急行本厚木行き(相模大野から各駅停車)の利用となり、終電がそれぞれ5分、4分繰り上げられることとなった。また土休日も新宿23時14分発急行本厚木行きから接続できていたが、ダイヤ改正後は新宿23時13分発急行小田原行きからの接続となり、終電が1分繰り上げられることとなった。

5. 結び

 今回の2018年3月17日小田急電鉄ダイヤ改正では、小田原線相模大野以西にて平日朝夕ラッシュ時に増発が図られた。一方で平日朝ラッシュ時は新宿直通列車が快速急行に格上げされ所要時間が短縮されたものの、新宿直通列車が減りピーク時は2本に1本が相模大野乗り換えが必要になったほか、平日夕ラッシュ時には地下鉄千代田線からの急行が設定され、新宿発の急行がその分削減されることとなった。初終電でも新宿発着時刻の拡大が図られているが、初電については一部区間で時刻の繰り下げも実施されており、駅業務時間の短縮を行っているほか、JR相模線方面との連絡がおろそかになり終電が繰り上がっている。今後相鉄JR直通線の開業により競合が激化すると考えられる。今後どのようにダイヤ改正するのか、見守って行きたい。