新線開業で混雑緩和へ! 青島地下鉄2号線開業に伴うダイヤ改正(2017年12月10日) 青岛地铁2号线调图

 青島地下鉄は2017年12月8日、プレスリリースにて12月10日に2号線東区間を開業すると公表した( 地铁2号线(东段)12月10日开通试运营 )。今回はこれについて見ていく。


1. 地下鉄2号線の開業で利便性の向上

 今回の2017年12月10日青島地下鉄ダイヤ改正では、新たに地下鉄2号線が開業した。青島地下鉄2号線は芝泉路~李村公園間に至る全長20.4km、18駅からなる路線で、最高速度80km/hのため全線を37分50秒で運転する。途中の五四広場と李村では青島唯一の地下鉄路線であった地下鉄3号線と乗り換えることができ、五四広場では地下鉄3号線と今回開業した地下鉄2号線が対面乗り換えできる。近年中国の地下鉄では郊外路線を走らせJR西日本の新快速にも匹敵する各駅停車を運転する路線もあるが、今回開業した青島地下鉄2号線はごく普通の市街地を走る地下鉄のようだ。

 ダイヤについて見ていくと、平日朝夕ラッシュ時は16運用で5分25秒間隔運転が実施され、平日昼間は13運用で6分30秒間隔となる。土休日昼間は14運用で6分10秒間隔で運転される。昼夕輸送力比(日本の基準で適正値60〜78%/推奨値66%~75%)を計算すると83.3%となり、昼間はやや空いているような印象を受ける。ただ中国の地下鉄でよくあるのが、全国各地で路線開業ラッシュで車両導入が追い付かず、開業当初はラッシュ時の運転本数を抑えざるを得ないこともあるので、数年様子見を行う必要がありそうだ。

 初電は芝泉路発李村公園行きが芝泉路6時23分発、李村公園発芝泉路行きが李村公園6時04分発となっている。また終電は芝泉路発李村公園行きが芝泉路22時55分発、李村公園発芝泉路行きが李村公園22時36分発となっている。中国でも地下鉄の初終電は原則両始発駅での発車時刻が合うように設定されることが多いが、芝泉路発の初終電が李村公園発の初終電より発車時刻が19分遅いのは、近い将来地下鉄2号線泰山路~芝泉路間を延伸するためではないだろうか。これにより、平日は上下合わせて362本、土休日は上下合わせて339本が運転されることとなった。

2. 結び

 今回の2017年12月10日青島地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄2号線開業に伴い市内交通の利便性が向上した。今後中国の他都市のように青島では近郊路線の開業も含めさらなる路線拡大が見込まれる。今後どのようなダイヤ改正が実施されるのか見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする