郊外進出で利便性向上へ! 青島地下鉄11号線開業に伴うダイヤ改正(2018年4月23日/2018年5月12日) 青岛地铁11号线调图

青島地下鉄は4月24日、プレスリリースにて4月23日に地下鉄11号線を開業したと公表した( 青岛地铁11号线4月23日开通试运营 )。今回はこれについて見ていく。


1. 青島初の郊外路線誕生

今回の2018年4月23日青島地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄11号線が新たに開業した。地下鉄11号線は苗嶺路〜銭谷山間の58.35km、22駅に及ぶ路線で、最高速度120km/hで運転され青島地下鉄初の郊外路線となっている。車両は4両編成B型車で運用され、全線所要時間は58分となっている。南東端の苗嶺路では2017年12月10日に開業したばかりの地下鉄2号線と乗り換えることができる・

運転パターンには2種類あり、苗嶺路〜博覧中心~銭谷山間の全線運転列車と苗嶺路〜博覧中心間の区間運転列車に大別され、運転間隔は4月23日の運転開始当初平日は終日苗嶺路〜博覧中心間は7分25秒間隔、全線運転のみとなる博覧中心~銭谷山間は14分50秒間隔で運転され、全線運転と区間運転が1:1になるよう運転された。また土休日も苗嶺路〜博覧中心間は6分40秒間隔、全線運転のみとなる博覧中心~銭谷山間は13分20秒間隔で運転された。しかしその後土休日に限り増発が実施されることとなり、苗嶺路〜博覧中心間は5分40秒間隔に短縮したものの、全線運転のみとなる博覧中心~銭谷山間は14分10秒間隔に広げ、全線運転と区間運転の比率が2:3になったようだ。昼夕輸送力比(日本の基準で適正値60〜78%/推奨値66%~75%)は100.0%となっており、地域輸送性を考慮しているようだ。

初終電について見ていくと、初電は北西行きの下りが苗嶺路6時30分発銭谷山行き、南東行きの上りが銭谷山6時30分発苗嶺路行きとなっている。終電は北西行きの下りが苗嶺路22時00分発銭谷山行き、南東行きの上りが銭谷山21時30分発苗嶺路行きとなっている。

2. 結び

今回の2018年4月23日青島地下鉄ダイヤ改正では、青島地下鉄初の郊外路線となる地下鉄11号線を開業し、郊外への利便性が向上した。今後青島では中国の他都市同様地下鉄路線が急速に拡大する予定である。今後どのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする