> > 【週刊新幹線2号付録】1964年10月1日現在の東海道新幹線のダイヤパターンと待避パターン・初電終電時刻
1964年10月01日

【週刊新幹線2号付録】1964年10月1日現在の東海道新幹線のダイヤパターンと待避パターン・初電終電時刻

この記事では、【週刊新幹線】2号付録として1964年10月1日に実施された東海道新幹線のダイヤパターンと待避パターン、初終電時刻を見ていく。

※この記事は当時の鉄道環境に臨場感を持っていただきたいため、意図的に掲載日をずらしています。本来の投稿日は2017年5月17日(水曜日)です。この記事は付録記事ですので、元記事を読まれてからこの記事をお読みになるとますます理解が深まると思いますのでお勧めいたします。

【週刊新幹線】2号の元記事はこちら!

付録. ダイヤパターンと待避パターン、初電終電時刻

付録.1. ダイヤパターン


運行頻度の定期列車・多頻度列車・臨時列車の使い分けはこちら
【1964年10月1日時点】下り
東京発毎時時刻(分)0030
種別超特急
ひかり
特急
こだま
運行頻度多頻度多頻度
その他途中停車駅は名古屋、京都のみ各駅に停車
新大阪着毎時時刻(分)0030
東京~新大阪間所要時間4時間00分5時間00分


【1964年10月1日時点】上り
新大阪発毎時時刻(分)0030
種別超特急
ひかり
特急
こだま
運行頻度多頻度多頻度
その他途中停車駅は京都、名古屋のみ各駅に停車
東京着毎時時刻(分)0030
新大阪~東京間所要時間4時間00分5時間00分


※上り・下りとも「多頻度」となっているのは、超特急「ひかり」号は東京・新大阪発ともに12時00分発、特急「こだま」号は東京・新大阪発ともに10時30分発と19時30分発が抜けているため。なお特急「こだま」が浜松で待避を受けない場合(つまり東京・新大阪発ともに11時30分発)、下りは浜松→京都間、上りは浜松→新横浜間で1分ずつ各停車駅ごとに時間調整。

付録.2. 待避パターン


上り(東京行き)・下り(新大阪行き)とも浜松で「こだま」が「ひかり」を1本待避のみ。

付録.3. 初電終電時刻


1964年10月1日ダイヤ改正での変更点(つまり在来線列車との比較)は(括弧内)に付す。
初電
東京→新大阪 6時00分発10時00分着「ひかり1号」(特急「第1こだま」と比べ東京発時刻1時間繰り上げ、大阪(新大阪)着時刻3時間30分繰り上げ)
名古屋→新大阪 7時45分発9時30分着「こだま205号」(準急「比叡1号」と比べ名古屋発時刻15分繰り下げ、大阪(新大阪)着時刻43分繰り上げ)
名古屋→東京 6時30分発9時43分着「こだま204号」(特急「おおとり」と比べ名古屋発時刻1時間10分分繰り上げ、東京着時刻2時間17分繰り上げ)
新大阪→東京 6時00分発10時00分着「ひかり2号」(特急「第1こだま」と比べ大阪(新大阪)発時刻1時間繰り上げ、東京着時刻3時間30分繰り上げ)
終電
東京→新大阪 20時00分発24時00分着「ひかり27号」(特急「第2つばめ」と比べ東京発時刻3時間30分繰り下げ、大阪(新大阪)着時刻1時間繰り下げ)
東京→名古屋 20時30分発23時38分着「こだま201号」(特急「おおとり」と比べ東京発時刻2時間30分繰り下げ、名古屋着時刻1時間23分繰り下げ)
新大阪→名古屋 21時30分発23時10分着「こだま208号」(準急「比叡8号」と比べ大阪(新大阪)発時刻1時間30分繰り下げ、名古屋着時刻25分繰り下げ)
新大阪→東京 20時00分発24時00分着「ひかり28号」(特急「第2こだま」と比べ大阪(新大阪)発時刻3時間30分繰り下げ、東京着時刻1時間繰り下げ)

スマホサイトリニューアルで見やすくなりました!
情報満載の「鉄道コム」では「新幹線」「ダイヤ改正」関連記事、
速報を行なっている「twitter」では「#新幹線」「#ダイヤ改正
で、ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

出典

東海道新幹線 写真・時刻表で見る新幹線の昨日・今日・明日, 須田寛 著, JTB出版事務局交通図書編集部, 2000年.
国鉄監修 交通公社の時刻表(現:JTB時刻表) 1964年9月号, 日本交通公社出版事務局時刻表編集部, 1964年.(JTBパブリッシングより電子書籍kindleで好評発売中!)
国鉄監修 交通公社の時刻表(現:JTB時刻表) 1964年10月号, 日本交通公社出版事務局時刻表編集部, 1964年.(JTBパブリッシングより電子書籍kindleで好評発売中!)

posted by 快速++ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去のダイヤ改正振り返り | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ