【週刊新幹線8号付録】1965年11月1日現在の東海道新幹線のダイヤパターンと待避パターン・初電終電時刻(2(3)-2ダイヤ)

この記事では、【週刊新幹線】8号付録として1965年11月1日に実施された東海道新幹線のダイヤパターンと待避パターン、初終電時刻を見ていく。
【週刊新幹線】7号の元記事はこちら!
※この記事は当時の鉄道環境に臨場感を持っていただきたいため、意図的に掲載日をずらしています。この記事は付録記事ですので、まずは元記事をご覧ください。


付録. ダイヤパターンと待避パターン、初電終電時刻

付録.1. ダイヤパターン

運行頻度の定期列車・多頻度列車・臨時列車の使い分けはこちら
【1965年11月1日時点】下り

東京発毎時時刻(分)00053035
種別超特急
ひかり
特急
こだま
超特急
ひかり
特急
こだま
運行頻度定期多頻度多頻度定期
その他途中停車駅は名古屋、京都のみ各駅に停車途中停車駅は名古屋、京都のみ各駅に停車
新大阪着毎時時刻(分)10054035
東京~新大阪間所要時間3時間10分4時間00分3時間10分4時間00分

【1965年11月1日時点】上り

新大阪発毎時時刻(分)05003530
種別特急
こだま
超特急
ひかり
特急
こだま
超特急
ひかり
運行頻度多頻度定期定期多頻度
その他各駅に停車途中停車駅は京都、名古屋のみ各駅に停車途中停車駅は京都、名古屋のみ
東京着毎時時刻(分)05103540
新大阪~東京間所要時間4時間00分3時間10分4時間00分3時間10分

※今回「2(3)-2ダイヤ」として扱うのは、東京8時45分発及び新大阪8時45分発超特急「ひかり」号が設定されるため。

付録.2. 待避パターン

上り(東京行き)・下り(新大阪行き)とも静岡で「こだま」が「ひかり」を1本待避。

付録.3. 初電終電時刻

1965年11月1日ダイヤ改正での変更点(つまり前回の1965年10月1日ダイヤ改正以来の変更点)は(括弧内)に付す。
初電
東京→新大阪 6時00分発9時10分着「ひかり1号」(東京発時刻変更なし、新大阪着時刻50分繰り上げ)
名古屋→新大阪 6時45分発8時05分着「こだま271号」(名古屋発時刻5分繰り上げ、新大阪着時刻35分繰り上げ)
新大阪→東京 6時00分発9時10分着「ひかり2号」(新大阪発時刻変更なし、東京着時刻50分繰り上げ)
終電
東京→新大阪 20時30分発23時40分着「ひかり49号」(東京発時刻30分繰り下げ、新大阪着時刻20分繰り上げ)
新大阪→名古屋 22時05分発23時20分着「こだま274号」(新大阪発時刻35分繰り下げ、名古屋着時刻10分繰り下げ)
新大阪→東京 20時30分発23時40分着「ひかり50号」(新大阪発時刻30分繰り下げ、東京着時刻20分繰り上げ)
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

出典

国鉄監修 交通公社の時刻表(現:JTB時刻表) 1965年11月号, 日本交通公社出版事務局時刻表編集部, 1965年.
(JTB時刻表最新号はこちらから!)


TOP