都市鉄道の輸送量と輸送力の関係性

都市鉄道の適切な輸送力はどのように決められているのだろうか。ここではまず、乗車チャンスを考えず、輸送量に対して求められている輸送力について考えていく。

まず、昼間1両当たりに運べる1日輸送量はいくらくらいなのか。ここでは昼夕輸送力比が66~75%で地域輸送性を考慮した昼間の空気輸送を行っていない都市鉄道の路線をモデルにして、昼間の適切な輸送力を座席がちょうど埋まるくらい(乗車率30%程度)として考えていく。

大都市交通センサスのデータを基に見ていくと、どうやら昼間1両当たり約2,000人/日・片道の輸送量を運べるようだ。ただ座席定員は運転台の有無や車両の長さによって変わるほか、立席定員は車体幅によっても変わる。あくまでもざっくりなのでそのあたりは適宜調整すればいいと思う。

なお、バスの場合は昼間毎時1本、平日夕ラッシュ時毎時2本、平日朝ラッシュ時毎時3本の場合、約1,000人/日・片道の輸送量を運べるようだ。また、団地などの住宅地への路線の場合、このケースでは沿線に約5,000人が住んでいることになるようだ。

昼間毎時3本なら3倍すればいいし、隣駅間輸送密度は往復の値なので2で割った値を代入すればいい。

ただ、輸送密度は隣駅間輸送密度をある恣意的に区切った区間で見た平均なので、偏りがある。そのため、適切な輸送力を見出すためには、隣駅間輸送密度の方が精度が高い。

JRグループ各社では路線・区間ごとに輸送密度を公表しているが、都市鉄道の場合には大都市交通センサスで公表される隣駅間輸送密度の方が良いだろう。

この考えを持つだけで、適切な輸送力を大雑把ながらも客観的に把握できるようになり、ダイヤの改善点も議論しやすくなるのではないだろうか。

       

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする