急行停車拡大で減量ダイヤ実施へ 小田急電鉄ダイヤ改正(2019年3月16日)

小田急電鉄は2018年12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年3月16日(土) 小田急線ダイヤ改正を実施します )。今回はこのうち、特急ロマンスカーについて見ていく。

2019年3月16日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!

同日実施の小田急電鉄ダイヤ改正のうち、特急ロマンスカーについてはこちら!


1. 開成に急行停車へ

今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、急行の増停車拡大が図られることとなった。

まず急行が増停車するのは開成。2018年4月公表の設備投資計画で急行と快速急行の停車に向けて開成の10両対応化が明記されている。

ただ今回のダイヤ改正プレスリリースによれば、開成に追加停車するのは急行のみで快速急行は通過となる。

とはいえ平日及び土休日の昼間や平日夕ラッシュ時の小田原発着の快速急行は新松田~小田原間で開成に停車するためだけに急行に種別変更を行うこととなった。

このことから、平日朝などの一部時間帯では快速急行は開成を通過するが、その他の時間帯では概ね開成に新松田以東で快速急行として運転することとなるようだ。

これにより、快速急行は設定当初より小田原線町田~小田原間では急行の全列車停車駅と同一の停車駅となっていたが、今回のダイヤ改正より江ノ島線同様小田原線町田~小田原間でも快速急行と急行の停車駅に差異が生まれることとなった。

なお新松田〜小田原間の6両の各駅停車は運転本数に変化なく、開成は急行停車分そのまま増加することになった。また小田原〜開成間の混雑が分散することから、急行通過駅であってもこれまでより混雑の緩和した電車を利用できるようになりそうだ。

2. 経堂の急行停車時間帯拡大へ

また今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、平日新宿・代々木上原22時台発以降の急行が経堂に追加停車するようになる。

これにより平日新宿・代々木上原22時台以降発の列車で見直しが図られ、減便されることとなった。

平日夜間は新宿から経堂へ直通する種別は各駅停車しかなかったが、今回の急行の経堂増停車により各駅停車のニーズが減ることとなった。このことから新宿22時台発の各駅停車は8本、23時台は7本の運転があったが、ともに毎時6本に削減される。

また代々木上原22時代以降発地下鉄千代田線からの急行伊勢原行き1本と急行向ヶ丘遊園行き3本が削減され、新宿始発の各駅停車の減便の代替も兼ねて準急成城学園前行に変更されることとなった。

地下鉄千代田線からの平日夜間の急行の設定は2018年3月16日ダイヤ改正で設定されたが、たった1年で22時台以降は大幅に縮小されることとなった。

そのほかにも、新宿22時47分発急行大和行きが急行唐木田行きに変更となり、町田・相模大野を経由しなくなった。

新百合ヶ丘では各駅停車本厚木行きに連絡するので町田・相模大野へは乗り換えが必要ながらも先着をいじしているが、江ノ島線内の新百合ヶ丘〜大和の間は代替なく減便されることとなった。

さらに新宿23時57分発の最終の快速急行となる快速急行本厚木行きは急行に格下げされ、代々木上原より後続に続行運転を行う地下鉄千代田線からの急行相模大野行きが代々木上原止まりに短縮される。

なお土休日夜間では、代々木上原18時25分発の地下鉄千代田線方面発各駅停車成城学園前行が代々木上原行きに短縮されることとなったほか、片瀬江ノ島を出発する快速急行が片瀬江ノ島21時50分発快速急行新宿行きから片瀬江ノ島20時50分発快速急行新宿行きに繰り上がった。これにより送り込み運用となる快速急行片瀬江ノ島行きも運転時間帯を1時間繰り上げて終了することとなり、藤沢行きに短縮されることとなった。快速急行の土休日夜間の運転区間短縮は藤沢で6両の各駅停車と連絡できることから、影響は最小限であるものと思われる。

そのほかは最大2分運転時刻がずれる列車はあるが、大きな変更はなさそうだ。

3. 準急わずか1年で大幅縮小へ

また今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、準急が大きく減らされることとなった。

これまで昼間に限れば、平日は向ヶ丘遊園~地下鉄千代田線直通の毎時3本、土休日は向ヶ丘遊園~地下鉄千代田線直通の毎時3本に加え成城学園前~地下鉄千代田線直通の毎時3本の合計毎時6本の運転であった。

しかし今回のダイヤ改正で成城学園前~地下鉄千代田線直通の毎時3本のほとんどが代々木上原発着に短縮されることとなり、小田急線内で減便することとなった。

4. 新宿発着の各駅停車に10両編成投入へ

また今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、代々木八幡駅改良工事の完成に伴い10両編成が停車可能となることから、新宿発着の各駅停車も10両編成化される。

しかし新宿発着の各駅停車で8両から10両に増結されるのは、平日は24本、土休日は18本のみとなっており、多くの各駅停車が8両のまま残ることとなった。

おかげさまで平日朝ラッシュ時の10両の各駅停車新宿行きは新宿7時55分着の1本のみで、そのほかは新宿7時23分着の各駅停車以外全ての平日朝の各駅停車新宿行きはダイヤ改正前と同じ8両編成で引き続き運転される。

このことから、前回の2018年3月17日ダイヤ改正朝ピーク時1時間あたり348両から350両に増え、輸送力は0.57%増加したが、ほんの少ししか増加できていない。

京王電鉄では京王線の各駅停車は10両運転が可能だが、終日にわたり8両編成の各駅停車や快速などを運転している。このことから、小田急電鉄でも全ての列車を8両から10両に増結する義務はないが、今回のダイヤ改正に合わせ3000系8両編成の10両への増結は2編成しか行われていないことから10両に増結される各駅停車は少なくなっているが、今後増結が進めば増えるのだろう。

なお平日新宿6時24分発各駅停車代々木上原行きは存続することとなった。

また2018年3月17日ダイヤ改正で設定され、平日朝の通勤急行は1本のみ8両編成で運転され女性専用車が連結されていなかったが、今回のダイヤ改正で全て10両編成での運転となることから、全ての通勤に女性専用車が連結されることとなった。ただ快速急行の混雑緩和目的の通勤急行の増発は実施されないこととなった。

5. 結び

今回の2019年3月16日小田急電鉄ダイヤ改正では、急行の増停車が図られたほか、新宿発着の各駅停車にも10両編成が運用されるようになる。

また平日22時台以降に新宿・代々木上原を出発する急行を経堂に追加停車させることで、新宿始発の各駅停車や地下鉄千代田線からの直通列車を削減するなど列車の削減を足早に行ったほか、たった1年で土休日昼間の準急を大幅に削減した。

今後小田急電鉄では各駅停車の10両化が進み輸送力調整のために減量ダイヤがさらに進むのか、見守って行きたい。


TOP