西鉄着席保障列車「Nライナー」運転へ! 西日本鉄道天神大牟田線臨時列車運転(2024年4月~5月)

 722回閲覧

西鉄着席保障列車「Nライナー」運転へ! 西日本鉄道天神大牟田線臨時列車運転(2024年4月~5月)

西日本鉄道は2024年4月12日、プレスリリースにて4月~5月に着席保障列車「Nライナー」を運転すると公表した。今回はこれについて見ていく。

1. 着席保障列車「Nライナー」運転へ!

今回の2024年4月~5月西日本鉄道臨時列車運転では、着席保障列車「Nライナー」を設定する。

「Nライナー」は西鉄の着席保障列車で、今回は試験運行に近い形となっている。

設定するのは2024年4月19日金曜日、5月7日火曜日、5月17日金曜日、5月21日火曜日の4日間のみ運転となっている。

運転するのは西鉄福岡(天神)21時41分発「Nライナー1号」大牟田行き、西鉄福岡(天神)22時11分発「Nライナー3号」西鉄久留米・花畑行き、西鉄福岡(天神)22時36分発「Nライナー5号」西鉄久留米・花畑行きの3本となっている。西鉄福岡(天神)発車後西鉄二日市までノンストップ、西鉄二日市から先は急行停車駅に停車する。乗車できるのは西鉄福岡(天神)殻に限られる。西鉄久留米から先はフリー乗降にしてもいいのに。

使用車両は3000形5両編成クロスシート車で、各列車200席の着席保証券を用意する。

着席保障列車「Nライナー」乗車料金は300円で、西鉄福岡(天神)駅北口窓口またはコンコースで現金のみの手売り販売を行う。座席指定はできないが号車指定はされる。3号車からしか乗車できないのでそのほかの号車へは車内を移動することになる。




運転日数の少なさと乗車整理券を手売り販売するあたり2022年12月~2023年1月に大阪都市圏の阪神電車着席保障列車「らくやんライナー」と類似してるが、その後阪神電車着席保障列車「らくやんライナー」の設定がなかったことを考えると失敗してもおかしくないだろう。


2. 結び

今回の2024年4月~5月西日本鉄道臨時列車運転では、着席保障列車「Nライナー」を設定することとなった。

今後福岡県内の特に南半分、筑後地方で人口減少が大きく進む中、西日本鉄道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:天神大牟田線・臨時有料座席列車「Nライナー」を運行します – 西日本鉄道

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました