通学需要減少で終日の減便実施へ 叡山電鉄ダイヤ変更(2021年1月30日)

通学需要減少で終日の減便実施へ 叡山電鉄ダイヤ変更(2021年1月30日)

叡山電鉄は2021年1月12日、プレスリリースにて1月30日にダイヤ変更を行うと公表した( 2021年1月30日(土)からダイヤを変更します )。今回はこれについて見ていく。

2021年1月31日京阪電鉄ダイヤ変更はこちら!

2021年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 平日昼間の運用削減へ

今回の2021年1月30日叡山電鉄ダイヤ変更では、平日昼間に減便を行う。

京都精華大学や同志社小中高などの私立学校が沿線に多い中、大学のオンライン授業化など通学需要が減り、また2020年以降の観光需要の大幅な落ち込みにより乗客が減ってしまっては昼間に毎時6本も動かす必要がない。それで1運用削減するために20分サイクルダイヤから土休日同様15分サイクルダイヤに変更し、昼間は市原(鞍馬)発着毎時4本(15分間隔)と八重比叡山口発着毎時4本(15分間隔)に削減することとしたようだ。

2. 平日朝夕の減便へ

今回の2021年1月30日叡山電鉄ダイヤ変更では、平日朝夕も減便を行う。

そもそも先述したように通学需要が減っていることから、通学客の多い平日朝夕の減便はなるべくしてなったと言われればそれまでだが。

今回のダイヤ改正では平日朝6時台~8時台に市原発着2往復、八瀬比叡山口発着2往復の合計4往復を削減する。これにより輸送力が15.4%低下することとなったほか、2運用削減する見込みだ。


3. 結び

今回の2021年1月30日叡山電鉄ダイヤ変更では、昼間のみならず平日のほぼ終日に渡り減便を行い運用数を削減する。

今後叡山電鉄でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました