スピードアップにより鉄輪式高速鉄道の最速を再び! 中国鉄路高速最高速度向上に伴うダイヤ改正(2017年9月21日)

中国の国鉄に当たる中国鉄路は8月22日、プレスリリースにて9月21日に高速列車「復興号」の最高速度を300km/hから350km/hに引き上げ、それに伴いダイヤ改正を行うと公表した( “复兴号”在京沪高铁率先实现350公里时速商业运营 )。今回はこれについて見ていく。
中国国铁的中国铁路8月22日宣布,将于9月21日将高速列车“复兴号”的最高速度从300公里时速提高到350公里时速,并相应修改钻石( “复兴号”在京沪高铁率先实现350公里时速商业运营 )。 这一次我们会看这个。


1. 最高速度を2008年の水準に戻す

今回の中国高速鉄路ダイヤ改正では、高速列車CRHの最高速度引き上げが行われる。中国高速鉄路では2008年より鉄輪式高速鉄道の世界単独営業最高速度350km/hでの運行を開始した。しかし2011年に発生した温州市の事故以来、300km/hでの運行に戻され、日本の東北新幹線とフランスのLGV東ヨーロッパ線の320km/hに営業最高速度の首位を明け渡すこととなった。その後2017年6月に400km/hを目指したCR400型車両(8両編成)を導入し、CR400型車両が増備された今回2017年9月21日のダイヤ改正により京沪高速铁路の最高速度が再び引き上げられることにより、鉄輪式高速鉄道の営業最高速度首位の座を再び中国が取り戻すこととなった。

2. 北京~上海間を4時間20分台で運行

今回最高速度が350km/hに引き上げられるのは、東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線の東京〜熊本間よりも長い1318kmにも及ぶ京沪高速鉄路の北京南〜上海虹橋間の7往復である。
7往復のダイヤ改正前の内訳は2往復は南京南のみ停車する最速達タイプで、4往復は南京南の他に済南西の2駅に途中停車する速達タイプの列車、残り1往復は新設列車である。現在最速達タイプでも北京南〜上海虹橋間は4時間49分での運行であった。それが今回のダイヤ改正により25分短縮され、最速4時間24分での運行となる。また、最高速度引き上げに伴い南京南のみ停車する最速達タイプは停車駅を増やすことで消滅し、350km/hで運行される列車は途中停車駅2駅の済南西と南京南に停まる5往復と、さらに天津南または徐州東に停まるのがそれぞれ1往復ずつの合計7往復となった。
また、今回のダイヤ改正により終電も繰り下げられる。従来北京南・上海虹橋ともに19時発が最終であったが、最高速度引き上げによる所要時間短縮により北京南からの終電が5分繰り下がり19時05分発となり、北京での滞在時間増加が図られることとなった。

3. 結び

今回の2017年9月21日ダイヤ改正では、新型車両CR400型を導入・増備することにより、北京南〜上海虹橋間の7往復で最高速度を300km/hから350km/hに引き上げることが実現し、最大で27分の短縮に成功した。今後中国高速鉄道路線網と既存路線の旅客需要が急速に拡大することにより、350km/h対応の新型車両CR400型車両が増備されるのは間違いないものと思われる。今後350km/hで運行される列車が増えるのか、京広高速鉄路などの四縦四横の高速鉄道線にも波及するのか、注目したい。
URLを変更しました!お気に入りの再登録をお願いいたします!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする