路線延伸で直通強化へ! 中国高速鉄道長距離列車ダイヤ改正(2018年9月23日)

港鉄は8月23日、プレスリリースにて9月23日に香港に中国高速鉄道を乗り入れると公表した( 港鐵公司營運高速鐵路將於二零一八年九月二十三日投入服務 )。今回はこのうち、香港西九龍~中華人民共和国内地方面間の長距離列車について見ていく。

同日実施の中国高速鉄道香港開業のうち香港西九龍~福田・深圳北間の列車についてはこちら!

同日実施の中国高速鉄道香港開業のうち香港西九龍~広州南間の列車についてはこちら!


1. 香港初の高速鉄道開業

今回の2018年9月23日中国鉄路ダイヤ改正では、広深港高速線福田~香港西九龍間開業に伴い、中華人民共和国内地からの直通列車も設定されることとなった。

今回のダイヤ改正で設定された香港西九龍から直通で向かえる高速列車の駅は44駅で、このうち5駅は深圳・広州方面の広深港高速線内完結列車で向かうことができ、残りの39駅は延べ1日13往復しか設定されない他線直通列車によるアクセスとなっている。

香港西九龍から直通高速列車が走る都市を路線別にまとめていくと、
杭深線(深圳北より乗り入れ):汕頭、厦門、福州
京広高速線(広州南より乗り入れ):長沙、武漢、鄭州、石家荘、北京
沪昆高速線(広州南より京広高速線、長沙より乗り入れ):南昌、杭州、上海
貴広高速線(広州南より乗り入れ):桂林、貴陽、昆明
となっており、各方面に散らばっている。潮汕発着5往復、厦門発着3往復、福州発着1往復、長沙発着1往復、北京発着1往復、上海発着1往復、昆明発着1往復の合計13往復となっている。杭深線方面が多くなっているのは、広東省内から香港への需要が多いことや、潮汕や厦門などの経済特区が多いことなどが挙げられる。

なお、香港西九龍から直通していない都市(天津や成都など)へ向かう際には、港鉄が管理する香港西九龍駅で内地票として中華人民共和国内完結の高速列車CRH乗車券を購入することができる。

長距離列車については広州南を経由する北京南、上海虹橋、長沙南、昆明南発着の各全1往復計4往復は全て中国鉄路の復興号16両編成での運転となるが、福州発着1往復はCRH2A型8両編成(250m/h対応)で運転され、残る厦門発着3往復と潮汕発着5往復はCRH1A-A型8両編成(250m/h対応)で運転されることとなった。CRH1A-A型8両編成については、広州南~深圳北・福田間の高速列車の一部が香港西九龍発着になったことで復興号16両編成または動感号8両編成による運用に切り替わったことで余剰となった編成を利用しているものと思われる。

2. 長距離列車のダイヤはどうなる

ではこれから、2018年9月23日中国鉄路ダイヤ改正で設定された列車のダイヤについてみていく。

まずは北京西発着から。今回のダイヤ改正前まで京広高速線では北京西10時00分発福田行きG79列車と福田8時16分発北京西行きG80列車を運転していたが、この福田発着を香港西九龍発着に延長することで香港から北京へ直通高速列車を運転することとなった。これによりG79列車は北京西10時00分発香港西九龍行きとなり8時間58分運転に、G80列車は香港西九龍8時05分発北京西行きとなり8時間55分運転で運転されることとなった。一方で深圳市中心部の福田停車を取りやめ、代替として深圳北に停車することとなった。

次に上海虹橋発着。現在は上海虹橋14時10分発広州南行きG99列車と広州南12時05分発上海虹橋行きG100列車が運転されているが、これを広州南発着から香港西九龍発着に延長することで、香港から上海へ直通高速列車を運転することとなった。これによりG99列車は上海虹橋14時10分発香港西九龍行きとなり8時間18分運転で、G100列車は香港西九龍11時10分発上海虹橋行きとなり8時間17分運転で運転されることとなった。この両列車は上海虹橋~広州南間では停車駅も運転時刻も変わりないほか、延長区間では深圳北にも停車するようになった。

これにより深圳北~上海虹橋間のCRHはこれまで杭深線廻りのD列車(動車列車)6往復の運転で、最速でも11時間26分かかっていたが、今回のダイヤ改正で京広高速線廻りののG列車(高速列車)が1往復設定されたことにより、最速7時間55分にまで短縮され、所要時間が3時間31分も短縮された。なお、上海虹橋~深圳北間の料金は既存の杭深線廻りは568人民元(約9,370日本円)なのに対し、京広高速線廻りは867.5人民元(約14,300日本円)となっている。線路環境は良いものの、遠回りのため値段が大幅に跳ね上がっているようだ。

なお、この上海虹橋発着の高速列車は、間合い運用で香港西九龍~広州南間高速列車1往復も担当している。

次に昆明南発着列車。昆明南9時19分発香港西九龍行きG314/G311列車と香港西九龍12時06分発G312/G313列車の1往復が新設される。この列車は途中貴陽北、桂林西、広州南、虎門(昆明南行きのみ)、深圳北に停車する。この列車が設定されたことで、昆明~深圳を直通する高速列車が1日2往復から3往復に増強されることとなった。

さらに長沙南7時45分発香港西九龍行きG6113列車と香港西九龍17時18分発長沙南行きG6114列車1往復も新設された。この昆明南発着列車と長沙南発着の高速列車は共通運用のようで、1運用目が昆明南→香港西九龍→長沙南、2運用目が長沙南→香港西九龍→昆明南の順に運用されるようだ。

3. 杭深線方面列車のダイヤはどうなる

次に1日9往復の列車が設定された杭深線方面直通CRHについて見ていく。

福州発着列車は、福州8時25分発深圳北行きD151列車及び深圳北15時05分発福州行きD152列車を香港西九龍発着に延長することにより設定され、福州8時25分発香港西九龍行きG3001列車と香港西九龍14時23分発福州行きG3002列車に改番された。なお、列車種別がD列車(動車列車)からG列車(高速列車)に変更されたものの、料金に変動はない。ただ、香港西九龍行きG3001列車は深圳北で22分、G3002列車は深圳北で23分停車している。

次に厦門発着列車について。香港西九龍発着列車が設定されたのは3往復で、いずれも深圳北発着を延長した形となっている。西行きから見ていくと、厦門10時15分発深圳北行きD153列車を厦門10時15分発香港西九龍行きG3003列車とし、厦門14時53分発深圳北行きD157列車を厦門14時53分発香港西九龍行きG3007列車とし、厦門17時09分発深圳北行きD155列車を厦門17時09分発香港西九龍行きG3005列車にそれぞれ延長された。

また東行きでは深圳北9時23分発厦門行きD156列車を香港西九龍8時40分発厦門行きG3006列車としたほか、深圳北15時57分発厦門行きD154列車を香港西九龍15時18分発厦門行きG3004列車となった。一方で香港西九龍19時47分発厦門行きG3008列車は新設列車であるが、深圳北19時20分発厦門行きD158列車が廃止されている。どうやら西行き2本目のG3007列車の折り返し運用のようで、香港での滞泊本数を抑えるために東行き最終列車のG3008列車は深圳北から先でも時刻を繰り下げなくてはならなくなったようだ。
スイッチバックとなる深圳北での停車時間はG3001列車は24分、G3007列車は19分、G3005列車は20分、G3006列車は24分、G3004列車は20分、G3008列車は19分も停車している。

このように見ていくと、杭深線直通列車は全て深圳北で長時間停車を行っている。これは杭深線から広深港高速線香港西九龍方面に入線するには深圳北でスイッチバックが必要なことが挙げられる。

現在もスイッチバックによる長時間停車を行っている事例としては2018年5月30日中国鉄路ウルムチ鉄道局ダイヤ改正で誕生したトルファン北経由の南疆線特快列車2往復だ。この列車はトルファン北でスイッチバックをするために20分停車しているが、これは中国鉄路では高速列車CRHを除くすべての列車が機関車けん引の客車による運転となっており、機関車の付け替えが必要になるためある。

しかし今回の香港西九龍発着杭深線直通列車は全て高速列車CRHによる運転で、運転手と車掌の位置さえ変わればよい、むしろこれまで深圳北発着で運転してきたことから深圳北で交代人員を用意していれば、常務員の配置を変更しなくて済む日本のJR東日本が運転する秋田新幹線「こまち」のように、大曲のスイッチバックを2分停車で発車させることも可能なはずだ。さすがに2分で折り返せとは言わないが、8両編成であることからも5分もあればできるはずだ。もう少し所要時間を抑える工夫をしてほしいところだ。

最後に潮汕発着列車について。深圳北12時40分発潮汕行きD170列車が香港西九龍11時55分発潮汕行きG6382列車に変更された。一方、潮汕発着は広東省から他の省へ出ないため、広州鉄路集団公司単独でダイヤを決められる。広州鉄路有限公司では今回のダイヤ改正に合わせ広東省内で大規模なダイヤ改正を実施しており、その他の潮汕発着列車については大きく時間が変更されている。

潮汕発着列車の深圳北の停車時間は19~28分となっており、やはり長くとってある。

4. 結び

今回の2018年9月23日中国鉄路ダイヤ改正では、広深港高速線香港開業に伴い中華人民共和国内地方面への直通列車を設定することとなり、鉄道で香港に直通で向かえる都市が大幅に増えた。特に広東省内では深圳より東側からの香港へのアクセスが改善し、利便性が向上した。

次回実施される12月下旬の中国鉄路ダイヤ改正で、香港西九龍発着の高速列車CRHの乗り入れ路線は増えるのか、増発は実施されるのか、楽しみにしたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする