見直しは小規模も初終電の大幅変更へ JR九州熊本支社ダイヤ改正(2018年3月17日)

 JR九州熊本支社は12月15日、プレスリリースにて2018年3月17日にダイヤ改正を行うと公表した( 平成30年3月17日にダイヤを見直します )。またJR九州は2月16日、2018年3月17日ダイヤ改正の削減本数について公表した( 平成30年3月17日からの新しいダイヤについて )。今回はこれについて見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 見直しは小規模に

 今回の2018年3月17日JR九州熊本支社ダイヤ改正では、JR九州の他地域同様見直しが実施される。ただ、熊本支社管内は減便本数が少なく、在来線はほとんどが初電の繰り下げまたは終電の繰り下げに伴う減便にとどまっている。

 まずは鹿児島本線。昼間の銀水発着の普通列車が鳥栖発着の区間快速に延長・格上げされ、鳥栖~大牟田間で通過運転を行うようになったほか鳥栖・久留米で博多方面快速列車に接続するようになった。ただし区間快速は銀水を通過するため、銀水駅の乗車チャンスが減ることとなった。一方で田原坂通過の普通列車が設定されていたが、今回のダイヤ改正で区間快速含め全列車が停車することとなり、利用チャンスが増加することとなった。減便されたのは熊本15時51分発普通八代行き、熊本21時13分発普通八代行きとなっている。

 なお、初電は八代5時10分発普通熊本行きが八代5時08分発に2分繰り上がった。終電は大牟田発普通八代行き最終列車が大牟田23時08分発から23時22分発へ14分繰り下がることとなった。これは博多方面から接続する門司港20時21分発快速大牟田行きが区間快速(鳥栖まで快速)に格下げされることにより、所要時間がかかるようになったためであると思われる。なお、熊本駅での停車時間が15分から1分に大幅短縮され、熊本発時刻が24時13分から24時12分に1分繰り上がることとなった。また熊本から大牟田への最終列車は23時39分発から23時34分発へ5分繰り上がることとなった。

 次に豊肥本線。熊本発肥後大津行き初電が熊本5時05分発から5時23分発に18分繰り下がった。一方熊本から肥後大津への終電は熊本24時07分発から24時13分発に6分繰り下がった。JR九州鹿児島支社管内ダイヤ改正では九州新幹線「みずほ611号」の到着に合わせ終列車を全方面で2分繰り上げたが、熊本連絡の豊肥本線では九州新幹線「つばめ351号」の熊本到着から連絡時間が長引くこととなった。また今回のダイヤ改正と同時に熊本駅を通るすべての線路が高架化された影響もあるのか、豊肥本線と鹿児島本線を直通する列車が削減され、鹿児島本線大牟田方面と八代方面を直通する列車が増えた。
一方三角線では、終電の繰り上げが実施される。熊本発三角行き最終は熊本23時15分発から22時34分発に41分繰り上がり、三角発熊本行きは三角22時09分発から三角21時32分発へ37分繰り上がることとなった。

2. 肥薩線で大幅減便へ

 また今回の2018年3月17日JR九州熊本支社ダイヤ改正では、肥薩線で大幅な減便が実施された。八代~人吉間では八代8時10分発普通人吉行き、八代11時06分発普通人吉行き、人吉22時07分発快速八代行きの下り列車3本が廃止され、上り列車も、人吉13時54分発普通八代行き、人吉17時42分発普通八代行きがの2本廃止された。これらの列車廃止により八代から人吉に向かう普通列車が八代6時57分発の次が12時49分発となり5時間52分空くことになった。

 また初電も変更される。人吉5時24分発普通八代行きは人吉5時31分発に7分繰り下がったほか、人吉5時41分発普通人吉行きが八代5時18分発に33分繰り上がることとなった。終電も変更され八代から人吉への最終列車は八代22時07分発の快速人吉行きから八代21時11分発普通人吉行きに56分繰り上がった。また人吉から八代への最終列車は人吉20時48分発から人吉21時28分発へ40分繰り下がることとなった。この運用繰りの変化により、少なくとも1両が削減されたほか、人吉での夜間滞泊車両が2本から1本に減った。

 また人吉7時10分発快速熊本行きが八代始発に短縮され、肥薩線内で廃止された。なお鹿児島本線内のみの運転となっても気動車による運転となっている。これにより八代~人吉間では料金不要列車が11往復から8往復に3往復が減便され、肥薩線内快速列車が廃止となった。
また人吉~吉松間では5往復から3往復に減便される。減便されるのは全て初列車と終列車で、下りは人吉7時18分発吉松行き、人吉19時47分発普通吉松行きの2本が減便され、上りは吉松6時10分発人吉行きと吉松18時22分発人吉行きの2本が減便された。

3. 結び

 今回の2018年3月17日JR九州熊本支社ダイヤ改正では、多くの路線で見直しは小幅になったものの、肥薩線では大幅な減便が実施された。今後どのようなダイヤ改正が行われるのか、見守ってゆきたい。

12月21日金曜日は全国ダイヤ改正プレスリリース公表予定日です!編集後記はじめました!
情報満載の「鉄道コム」や、
速報を行なっている「twitter」で、
ダイヤ改正について盛り上がりましょう!

情報提供募集中!当記事に関するコメントは以下のコメント欄に、新規の情報提供はこちらのリンク先にお願いいたします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする