盛岡発着E2系定期運用消滅で東京発着定期はやて消滅へ! 東北・上越・北陸新幹線ダイヤ改正(2019年3月16日)

JR東日本は12月14日、プレスリリースにて2019年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 2019年3月ダイヤ改正について )。今回はこのうち、東北・上越・北陸新幹線について見ていく。

2019年3月16日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 東京発着定期「はやて」消滅へ

今回の2019年3月16日東北新幹線ダイヤ改正では、東京発着定期「はやて」が消滅する。

東京発着の定期「はやて」は前回2018年3月17日ダイヤ改正で2往復が「はやぶさ」に格上げされ、残るは東京7時16分発「はやて119号」盛岡行き1本のみとなっていたが、今回のダイヤ改正でこの定期「はやて119号」もE5系運用に変更することから「はやぶさ」に格上げし、所要時間を東京〜仙台間で9分、東京〜盛岡間で10分短縮する。

現在「はやて119号」は一ノ関で東京7時36分発「はやぶさ3号」新青森行き(「こまち3号」秋田行き併結)に抜かれるが、前回2018年3月17日ダイヤ改正で格上げされた定期「はやて」同様北上で抜かれることになりそうだ。

これにより東京~盛岡間では定期「はやて」の運転を終了することとなった。

ただ、以前出したダイヤ改正予測の記事の通り、臨時列車を含む東京発着「はやて」を消し去ることは現在のE5系の運用本数からして不可能だ。ともなると、臨時列車として東京発着「はやて」が残る可能性は十分あるものと思われる。

しかし、現在導入されているE5系の運用本数から新青森発着のE2系運転の臨時「はやて」を消し去る可能性があり、E2系運転の臨時「はやて」の運転区間が東京~盛岡間のみとなり、臨時列車を含めE2系の新青森乗り入れが消滅する可能性がある。

山陽新幹線300系新幹線も、2001年10月1日ダイヤ改正で定期「のぞみ」運用が消滅したことに伴い定期運用での博多乗り入れが消滅したが、2011年3月12日ダイヤ改正まで臨時「のぞみ」として博多まで乗り入れていた。とも考えると、臨時列車のみでのE2系乗り入れは十分あり得るだろう。

ただE2系が製造後概ね18年~19年で車両置き換えを行っていることを考えると、次回の2020年3月ダイヤ改正では上越新幹線にE2系を転属させない限りはE5系を増備できる余地がなく、せいぜい1編成の導入になりそうだ。ともなると、次のダイヤ改正では2019年3月16日の改正ダイヤが据え置かれる可能性が高いのではないだろうか。

2. 盛岡発着定期E2系運用も消滅へ

また今回の2019年3月16日東北新幹線ダイヤ改正では、盛岡駅でのレールゴー・サービスの取り扱いを車両編成変更に伴い車内設備が変わり、サービスの提供ができなくなることから終了する。

レールゴー・サービスは国鉄時代は全線で行われていたが、1997年10月1日開業の北陸新幹線長野開業以降、整備新幹線の新線では取り扱いを行わなかったほか、東海道新幹線も2006年3月18日ダイヤ改正をもって中止し、気付けばレールゴー・サービスを行なっているのは東北新幹線と上越新幹線のみとなっている。

現在レールゴー・サービスを東北新幹線で行っているのはE2系のみであることから、要は盛岡発着のE2系定期運用が消滅することを指している。これにより、E2系定期運用の北限は仙台及び新幹線車両所までとなり、臨時でない限り盛岡まで乗り入れなくなるようだ。

ただ、E5系+E3系16両編成定期「やまびこ」1往復については存続する公算が高く、全ての「やまびこ」が320km/h対応になるというわけではなさそうだ。

なお、前回の2018年3月17日ダイヤ改正まで2回連続で実施されていた臨時「はやぶさ」の定期化は、今回のダイヤ改正実施されなかった。

2018年12月〜2019年2月冬の臨時列車運転では、毎日運転の臨時列車が3本あったが、臨時列車の運転本数が減ることを恐れたのだろうか。

3. 上越新幹線にE7系導入と速達化へ

また今回の2019年3月16日上越新幹線ダイヤ改正では、E7系が導入される。

E7系は今回のダイヤ改正向けに3編成導入されるが、定期運用は2運用となり、「とき」4往復と「たにがわ」1往復で運用される。

上越新幹線ではE7系グランクラスは全列車シートのみ営業となっている。これにより上越新幹線では12両以内の列車が増えたことから、新潟駅での羽越本線特急「いなほ」との対面接続が全定期列車で可能となった。

ただ1運用余っていること、次回予定の2020年3月ダイヤ改正までにE7系がさらに増備されることを考えると、E7系は臨時列車でさらに運用を拡大する可能性がある。

また今回の上越新幹線ダイヤ改正では、「とき」の停車駅削減で速達化を実施する。通過列車が増加するのは熊谷、本庄早稲田、上毛高原、越後湯沢、燕三条の5駅で、朝は上下1往復、夕方以降は下り(新潟行き)4本と上り(東京行き)3本で対象となる。熊谷~越後湯沢の各駅では前後に別の定期「とき」や「たにがわ」「あさま」の停車があるため、燕三条では概ね1時間に1本程度の停車になるよう停車列車が設定されるようになった。これにより列車によっては東京~新潟間で最大9分所要時間が短縮され、2時間以内で運転される「とき」が2本増えることとなった。

4. 北陸新幹線は「つるぎ」で調整へ

また今回の2019年3月16日北陸新幹線ダイヤ改正では、北陸本線特急「サンダーバード」の時刻変更と1往復増発を実施することから、金沢で接続する北陸新幹線「つるぎ」で時刻変更を実施する。

そのほか、上野始発の臨時「かがやき」を設定できるようになるが、前回の2018年3月17日ダイヤ改正で行われた「あさま」1往復増発のような東京側での変更はなさそうだ。

5. 結び

今回の2019年3月16日東北・上越・北陸新幹線ダイヤ改正では、上越新幹線にE7系が導入され、通過駅が増えたことで速達化したほか、E2系の盛岡定期運用乗り入れ廃止に伴う東京発着「はやて」の定期運転が消滅することとなった。

今後臨時「はやて」の新青森乗り入れは存続されるのか、上越新幹線臨時列車の設定はあるのか、見守ってゆきたい。


TOP