昼間は増発も所要時間延長と終日で減便へ 高松琴平電気鉄道志度線ダイヤ改正(2021年11月27日)

 3564回閲覧

昼間は増発も所要時間延長と終日で減便へ 高松琴平電気鉄道志度線ダイヤ改正(2021年11月27日)

高松琴平電気鉄道は2021年11月2日、プレスリリースにてにて11月27日に志度線でダイヤ改正を行うと公表した( 志度線のダイヤ改正について )。今回はこれについて見ていく。

1. 志度線で昼間に増発へ!

今回の2021年11月27日高松琴平電気鉄道ダイヤ改正では、2020年11月28日高松琴平電気鉄道ダイヤ改正以来約1年ぶりにダイヤ改正を行う。

前回のダイヤ改正では3線ともダイヤ改正を行ったが、今回のダイヤ改正は志度線のみで行う。

今回のダイヤ改正では平日・土休日とも昼間30分間隔(毎時2本)から24分間隔(毎時2.5本)に増発し、輸送力を20.0%増加することとなった。

これにより志度線から高松築港方面への連絡は原則長尾線列車となる。が、高松築港から志度線への連絡があまり良くなく、10分連絡がかなり発生している。

2. 志度線の運転間隔調整で所要時間延長と初電繰り上げへ

今回の2021年11月27日高松琴平電気鉄道ダイヤ改正では、志度線で所要時間を大幅に延長し志度線瓦町~琴電志度間の所要時間が34分から38~39分に4分以上も延ばしている

まあ昼間はその分増発しているのだが、それでも運転間隔を詰めた分がほぼそのまま所要時間の延長に相殺されてしまっている。

これは志度線が単線で列車交換箇所が限られていること、最短10分間隔で運転しているため10の倍数である20分間隔や30分間隔にする分には都合よく列車交換設備を設けているが24分間隔には対応していないので20分間隔で用いる列車交換設備を用いて交換駅で4分停車することで調整しているためである。

この所要時間の延長により初電を繰り上げざるを得なくなり、下りは瓦町6時11分発琴電志度行きから瓦町6時05分発琴電志度行きに6分繰り上がったほか、上りも琴電志度5時46分発瓦町行きから琴電志度5時34分発瓦町行きに12分も繰り上げることとしたのである。

もっともこの初電繰り上げは所要時間延長によるものなので、上りは瓦町で連絡する高松築港行き電車に変わりはないし、下りに至っては高松築港6時00分発の電車から乗り継げなくなってしまった




3. 朝夕に減便で終日で運行本数削減へ

今回の2021年11月27日高松琴平電気鉄道ダイヤ改正では、朝夕は減便を図る。

まずは朝。全日運転の全線運転が20分間隔と平日のみ運転の瓦町~大町間のみの区間運転列車が20分間隔の20分サイクルダイヤで運転し、平日朝ラッシュ時は瓦町~大町間で10分間隔で運転していた。しかし今回のダイヤ改正でそれぞれ20分間隔から24分間隔に拡大し、瓦町~大町間も10分間隔から12分間隔に広がることとなった。これにより輸送力が16.7%低下する見込みだ。

またこれまで平日・土休日とも夕ラッシュ時は20分間隔(毎時3本)で運転していたが、今回のダイヤ改正より改正後の昼間同様24分間隔(毎時2.5本)での運転となる。これにより輸送力が16.7%低下する見込みだ。

これにより志度線では長尾線同様終日に渡り24分サイクルダイヤを導入することとなったが、長尾線との大きな違いは志度線には平日夕ラッシュ時の増増発がなく昼間と運転間隔が同じになってしまっているのである。

この削減により、平日は瓦町~琴電志度間の全線で2往復、土休日は全線で1往復を削減している。つまり今回のダイヤ改正は実は運行費用削減目的で行っているのだ

ただ先述したように今回のダイヤ改正で志度線では所要時間が延長しているため、運用数に変わりはない。そう考えると大きな運航費削減にはなっていない。しかしそれでも平日朝夕ラッシュ時も含め20分サイクルダイヤから24分サイクルダイヤに延ばしたのは、いつしか人口減少に伴い平日朝ラッシュ時を30分サイクルダイヤで回すことができるほどの輸送量にまで落ちた時に1運用を削減し減便するためではないだろうか

ただ、2020年からの利用落ち込みにより隣の愛媛県では伊予鉄道が運賃値上げを行っている。そう考えるとことでんも運賃値上げしてもおかしくはなさそうだ。


4. 結び

今回の2021年11月27日高松琴平電気鉄道ダイヤ改正では、志度線で昼間に増発を行うこととなった。

しかし列車交換の関係で所要時間が4~5分も延びることとなったほか、初電の繰り上げで高松築港からの初電から連絡できなくなったほか朝夕は平日・土休日ともに減便し1日あたりの運転本数も微減している。

今後の朝の減便を視野に入れたダイヤ改正を行う高松琴平電気鉄道志度線で今後どのようなダイヤ改正を行うのか、また今回ダイヤ改正を行わなかった琴平線や長尾線でも今後朝夕の減車・減便を行うのか見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました