東海道線快速アクティー廃止で34年の歴史に幕へ! JR東日本横浜支社ダイヤ改正(2023年3月18日)

 24147回閲覧

東海道線快速アクティー廃止へ! JR東日本横浜支社ダイヤ改正(2023年3月18日)

JR東日本横浜支社は2022年12月16日、プレスリリースにて2023年3月18日にダイヤ改正を行うと公表した( 2023年3月ダイヤ改正について )。今回はこれについて見ていく。

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 特急湘南増発へ!

今回の2023年3月18日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「湘南」を増発する。

今回増発するのは東京17時30分発特急「湘南1号」平塚行きとなっている。

また事実上無期運休のの東京23時00分発臨時特急「湘南19号」小田原行きも平塚行きに短縮する。

これまで東海道線特急「湘南」の下り列車は全て小田原行きだったが、今回のダイヤ改正より平塚止まりも設定することとなった。




2. 快速アクティー廃止へ!

また今回の2023年3月18日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、快速アクティーを廃止する。

快速アクティーは2年前の2021年3月13日JR東日本ダイヤ改正で昼間から消滅したが、平日・土休日ともに夜間に2本だけ残っていた。

東京19時48分発快速アクティー小田原行きを上野19時40分発普通小田原行きに延長し格下げする。

また東京20時48分発快速アクティー小田原行きを廃止する。

東海道線快速アクティーは1989年3月11日JR東日本ダイヤ改正より運転を開始したが、今回のダイヤ改正で快速アクティー2本全てが廃止し34年の歴史に幕を閉じることとなった

このほか伊東線では4両編成の運転を開始するということだが、元JR東日本209系の伊豆急行3000系を使用するのだろう。

3. 南武支線で増発へ!

また今回の2023年3月18日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、南武支線で増発を図る。

今回増発するのは小田栄6時50分発尻手行きとなっている。

小田栄始発の電車は小田栄駅に営業キロを設定した2020年3月14日ダイヤ改正より開始したが、小田栄5時01分発尻手行き初電の1本のみとなっていた。が、今回のダイヤ改正で小田栄始発を増発することとした。


4. 結び

今回の2023年3月18日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「湘南」を増発する一方で、快速アクティーを廃止することとなった。

今後JR東日本横浜支社でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました