新たな地下鉄開業も既存地下鉄網の延長状態へ 紹興地下鉄1号線開業に伴うダイヤ改正(2021年6月28日) 绍兴地铁调图

紹興地下鉄は2021年6月28日、プレスリリースにて6月28日に地下鉄1号線を部分開業したと公表した( 半小时交通圈来了!绍兴轨道交通1号线柯桥段开通运营 )。今回はこれについて見ていく。

1. 新たな地下鉄開業も既存地下鉄網と連絡へ

今回の2021年6月28日紹興地下鉄ダイヤ改正では、紹興初の地下鉄となる地下鉄1号線を開業した。

今回開業したのは姑娘橋~中国軽紡城間の9駅間、20.05kmとなっている。6両編成B型車での運転で最高速度は100km、全線所要時間は26分となっている。

ただ今回開業したのは大都市杭州と紹興市北部を結ぶ区間のみ。つまり紹興市中心部にはまだ地下鉄が通っていないのだ。しかも姑娘橋では既に開業している杭州地下鉄5号線に乗り換えることができるほか、杭州地下鉄5号線に乗ってしまえば中国鉄路杭州駅まで1本で行けてしまうのである。おいおい、それでは完全に杭州地下鉄の延長ではないか

なお運賃面は杭州地下鉄と紹興地下鉄は完全別体系となっており、それぞれに初乗り運賃を課すほか乗継割引もない。この点では杭州地下鉄と仏山市内とは一線を画している。

ではなぜ市中心部ではなく杭州に近い方から開業したかというと、紹興市北部は杭州市のベットタウンと化しているからだろう。これは同時に開業した杭寧城際鉄道も同様で、同一都市圏を形成する杭州に近い方から建設・開業している。このため今回開業した紹興地下鉄1号線も2年以内に紹興市街地まで延伸する見込みだ。

運転間隔は平日朝夕ラッシュ時と土休日昼間が約5分07秒間隔、平日昼間が約6分30秒間隔となっている。

初終電を見ていくと、初電は南行き(姑娘橋発中国軽紡城行き)が姑娘橋6時00分発、北行き(中国軽紡城発姑娘橋行き)が中国軽紡城6時00分発となっている。

また終電は南行き(姑娘橋発中国軽紡城行き)が姑娘橋22時00分発、北行き(中国軽紡城発姑娘橋行き)が中国軽紡城21時55分発となっている。


2. 結び

今回の2021年6月28日紹興地下鉄ダイヤ改正では、紹興初の地下鉄となる地下鉄1号線を開業した。

が、既に開業している杭州地下鉄5号線と乗り換えられるほか、紹興市中心部を通っていないことからほぼ杭州地下鉄の延長路線と化してしまっている。

今後市中心部に向けて地下鉄1号線を延伸する予定の紹興地下鉄でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました