速達型ひかりレールスター継続設定へ! 東海道・山陽・九州新幹線臨時列車運転(2018年10月~11月秋期間)

JR西日本は8月24日、プレスリリースにて2018年10月~11月の臨時列車について公表した( 2018年秋の臨時列車の運転について )。今回は2018年10月~11月に運転される東海道・山陽・九州の各新幹線の臨時列車について見ていく。

2018年3月17日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 東海道新幹線でも引き続き増発へ

今回の2018年JR東海秋の臨時列車運転では、東海道新幹線で臨時列車が増発される。定期列車と臨時列車を合わせた運転本数は23,288本(前年比456本増、2.0%増)となっており、引き続き堅調に増加し同シーズンの運転本数最高を更新している。

また2018年3月17日ダイヤ改正より運転を開始した東京都区内7時台着の名古屋始発の「のぞみ90号」は、土曜日と月曜日の運転を中心に大きく見直され、三連休が絡まない限り連日運転はされないこととなった。

なお、愛知デスティネーションキャンペーンが展開されるが、在来線では臨時列車運転や車両ラッピングが実施されるものの、新幹線では特段普段と変わるような臨時列車の増発はないようだ。

2. 山陽新幹線では速達型「ひかりレールスター」継続設定へ

また今回のJR西日本秋の臨時列車運転では、山陽新幹線でも増発が実施される。期間中「のぞみ」は942本(前年比50本増、5.6%増)、「みずほ」は252本(前年比2本減、0.8%減)、「ひかり」は71本(前年比36本増、102.9%増)、九州新幹線に直通する「さくら」は35本(前年比3本増、9.3%増)となり、合計1,300本(前年比77本増、6.3%増)の臨時列車が運転されることとなった。

このうち「ひかり」がこれまでに大増発に至っているのは、2018年5月より継続的に運転されている速達型臨時「ひかりレールスター577号」姫路13時14分発博多行きと「ひかりレールスター576号」博多14時18分発姫路行きの2本が多くの日で運転されることによるものである。ただし夏の臨時列車運転の際と異なり、運転日が少なくなりつつある。また引き続き「ひかり577早得きっぷ」「ひかり576早得きっぷ」を発売していおり、需要喚起を行う必要があるようだ。当初期間限定と称して運転されていたが、いつまで運転されるのか気になるところだ。

3. 九州新幹線は臨時列車減便へ

また今回のJR九州秋の臨時列車運転では、九州新幹線でも増発が実施される。先述の通り山陽新幹線と直通する「みずほ」は252本(前年比2本減、0.8%減)、「さくら」のうち山陽新幹線と直通する列車は35本(前年比3本増、9.3%増)、九州新幹線内完結列車は36本(前年比7本減、16.3%減)となっている。臨時列車の総和だけでも前年比で減便しているほか、九州新幹線では2018年3月17日ダイヤ改正にて3往復減便しており、定期列車も合わせると前年と合わせて大きく減少している。どうやら完全民営化したことでできるだけ少ない本数で効率よく運ぶかに焦点が移っているようだ。

4. 結び

今回の東海道・山陽・九州新幹線秋の臨時列車運転では、東海道・山陽新幹線「のぞみ」や山陽新幹線「ひかりレールスター」では増発されたものの、九州新幹線では定期列車の減便と合わせて大幅な輸送力低下が起きている。今後リニア中央新幹線が開業するまで「のそみ」は毎年概ね増えていくだろうが、今後どのような臨時列車が運転されるのか見守ってゆきたい。