東急新横浜線昼間毎時8本に増発で東海道新幹線接続改善へ! 東急電鉄ダイヤ改正(2024年3月16日)

 2501回閲覧

東急新横浜線昼間毎時8本に増発で東海道新幹線接続改善へ! 東急電鉄ダイヤ改正(2024年3月16日)

東急電鉄は2024年1月10日、プレスリリースにて3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこれについて見ていく。

1. 東急新横浜線で増発へ!

今回の2024年3月16日東急電鉄ダイヤ改正では、2023年3月18日東急新横浜線開業に伴うダイヤ改正以来約1年ぶりにダイヤ改正を行う。

今回のダイヤ改正では東急新横浜線で昼間の定期列車を毎時6本から毎時8本に増発する。

今回増発するのは日吉発着だった東急目黒線・都営三田線直通各駅停車西高島平行き毎時2本で、武蔵小山で東京メトロ南北線直通列車の急行に抜かれる。

もっとも武蔵小山で急行に抜かれてしまう各駅停車の増発であるが、日吉で東急東横線急行和光市行きに連絡するため、渋谷・新宿三丁目まで先着することができる。

この新横浜発着の昼間の目黒線各駅停車は2023年3月18日の東急新横浜線開業時から多くの土休日で臨時列車として運転していた列車だったが、今回のダイヤ改正で定期列車として毎日日吉~新横浜間昼間毎時8本運転を行うこととしたようだ。

というのも、新横浜で連絡する東海道新幹線「のぞみ」は最大毎時12本運転するし毎時6本を超える運転をするのもザラなのに、東急新横浜線がそれより運転本数が少ないとなると新幹線連絡列車として機能しているのかと思うところはあるし、実際新幹線接続以外にも横浜アリーナでの公演や日産スタジアムでのサッカーの試合などのイベントで混雑し最大15分間隔でさばききれなくなってはいたので増発は妥当だろう。

これにより東急新横浜線は昼間に平日6往復、土休日8往復増発することとした。

このほか東急新横浜線では平日早朝に1往復増発するとしている。




2.東急東横線で各駅停車増発へ!

また今回の2024年3月16日東急電鉄ダイヤ改正では、東横線で各駅停車を増発する。

今回増発するのは平日夜間の渋谷18時31分発各駅停車菊名行きで、自由が丘で渋谷始発の急行元町中華街行きに抜かされる。

また平日の渋谷20時23分発急行武蔵小杉行きおよび渋谷20時39分発急行武蔵小杉行き2本を各駅停車武蔵小杉行きに格下げ、代官山・祐天寺・都立大学に増停車する。後続の列車が各駅停車のため武蔵小杉まで先着することに変わりはない。

今回のダイヤ改正では東横線急行着席保証座席「Qシート」は維持することになった。半額キャンペーンをやってもドリンクつけても乗ってくれないが果たしてどうなるのやら。

なお今回のダイヤ改正では田園都市線・大井町線・東急多摩川線・池上線ではダイヤ改正を実施しなかった。


4. 結び

今回の2024年3月16日東急電鉄ダイヤ改正では、東急新横浜線で昼間に毎時6本から毎時8本に増発し渋谷方面への先着列車を増やすこととしたほか、東横線で各駅停車を増発し急行通過駅の利便性を上げることとした。

今後東急電鉄でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年3月16日(土) 東横線、目黒線、東急新横浜線でダイヤ改正を実施 – 東急電鉄

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました