新型車両E8系運転開始でスピードアップも料金据え置きへ! 山形新幹線つばさダイヤ改正(2024年3月16日)

 2103回閲覧

新型車両E8系運転開始でスピードアップも料金据え置きへ! 山形新幹線つばさダイヤ改正(2024年3月16日)

JR東日本は2023年12月15日、プレスリリースにて2024年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこのうち山形新幹線つばさについて見ていく。

1. 山形新幹線「つばさ」に新型車両E8系導入へ!

今回の2024年3月16日山形新幹線ダイヤ改正では、新型車両E8系を導入する。

山形新幹線「つばさ」は東京~山形・新庄間を結ぶ特急列車であるが、東京~福島間の東北新幹線、福島~山形・新庄間の奥羽本線を直通して運転している。

線路設備上東北新幹線内は最高速度320km/h、奥羽本線内は最高速度130km/hの運転が可能だが、山形新幹線「つばさ」用E3系は275km/hまでしか出せないためさらなる所要時間短縮のためにはさらなる高速運転に対応した新型車両が必要となった。

それが今回のダイヤ改正に合わせて投入した新型車両E8系である。

新型車両E8系は300km/h対応のため、従来の275km/hまでしか出せないE3系より速く到達することができる。これにより東北新幹線内大宮~福島間で4分所要時間を短縮、東京~山形間を最速2時間26分から2時間22分に、東京~新庄間を最速3時間11分から3時間07分にそれぞれ短縮することとした




2. 山形新幹線「つばさ」用E8系は1日3往復から運転へ!

今回の2024年3月16日山形新幹線ダイヤ改正で運転開始したE8系であるが、新造後間もないことからすべての山形新幹線「つばさ」を置き換えるに至っていない。このため今回の2024年3月16日山形新幹線ダイヤ改正時点では1日3往復のみが新型車両E8系での運転となる。

今回のダイヤ改正より新型車両E8系で運転するのは東京9時24分発「つばさ131号」新庄行き、東京17時00分発「つばさ149号」山形行き、東京19時16分発「つばさ157号」新庄行きの下り3本と、新庄5時40分発「つばさ122号」東京行き、山形7時12分発「つばさ124号」東京行き、新庄13時18分発「つばさ144号」東京行きの上り3本の合計3往復となっている。

たいてい固定運用なのだが、多客時は東京駅の配線の関係上12分で折り返さなければならず所定の運用を崩さなければならない。これにより本来新型車両E8系で運転する列車の一部が従来のE3系での運転となることゴールデンウィークやお盆、年末年始などの多客期に発生している。しかもE3系は275km/hまでしか出せないため所要時間が伸びてしまう。

この多客期の運用変更を見越して300km/h対応の運転時刻で組んだのは「つばさ」1日16往復の定期列車中たったの1往復だけである。つまりほかの新型車両E8系運用列車は車両性能が上がっても従来通り275km/h運転しかしないこととなった。




3. 「つばさ」と併結の「やまびこ」、E5系に一斉置き換えへ!

今回の2024年3月16日東北新幹線ダイヤ改正では、山形新幹線「つばさ」と併結する東京~仙台間運転の「やまびこ」がすべてE2系からE5系に置き換わる。

E2系は275km/hまでしか出せないがE5系は320km/h対応の車両のため、E8系と連結することで東北新幹線内で300km/h運転が可能となる。

このE2系からE5系への置き換えに際し座席数が減るが、東京~盛岡間の「やまびこ」と比べて運転区間が短いため利用が少ないこと、東京~盛岡間の「やまびこ」は原則全区間10両運転だが東京~仙台間の「やまびこ」は「つばさ」併結の関係上東京~福島間を17両で運転することから両数が多いことから空席が多い傾向にある。

このため東京~仙台間の「やまびこ」をE2系から座席数にやや減ったE5系に置き換えても問題はないだろう。

4. 新幹線特急料金据え置きで「スーパーつばさ」見送りへ

山形新幹線では全列車全車指定化に伴う2022年3月12日山形新幹線特急料金改定で指定席特急料金を100円程度値下げしたが、今回の2024年3月16日山形新幹線ダイヤ改正では、山形新幹線の最高速度を引き上げたにもかかわらず新幹線特急料金の値上げを行わなかった。

JR東日本では秋田新幹線「こまち」に新型車両E6系を投入し300km/h対応とした際に、東北新幹線内東京~盛岡間で300km/h以上の運転を行う秋田新幹線列車を「スーパーこまち」として分離、新幹線特急料金を当時500円値上げした。

このような経緯から今回も300km/h対応の新型車両E8系の登場により所要時間が短縮すれば「スーパーつばさ」として分離し新幹線特急料金を値上げするのではないかと目されていた。

が、今回の2024年3月16日山形新幹線ダイヤ改正では新型車両E8系運用の列車でも多客期に従来のE3系運転となる列車があること、300km/h対応車両専用時刻で運転する山形新幹線は1日1往復しかないことから「スーパーつばさ」設定による新幹線特急料金の値上げは見送ることとなった。

ただし次回2025年3月ダイヤ改正でE8系の運用本数が増えれば300km/h対応の列車を「スーパーつばさ」として分離し新幹線特急料金を210円値上げするかもしれないし、2026年のE8系投入完了時の山形新幹線「つばさ」全列車4300km/h運転対応化の際にはほぼ間違いなく新幹線特急料金を値上げするだろう。


5. 結び

今回の2024年3月16日山形新幹線ダイヤ改正では、新型車両E8系投入に伴い1往復だけ300km/h対応ダイヤとなり所要時間を短縮した。

今後新型車両E8系の増投入で山形新幹線でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年3月ダイヤ改正について – JR東日本

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました