交換設備設置で朝夕に増発へ! 北条鉄道ダイヤ改正(2020年9月1日)

北条鉄道は2020年8月18日、プレスリリースにて9月1日にダイヤ改正を行うと公表した( 法華口駅行違い設備完成に伴う増便[朝夜計5往復] )。今回はこれらについて見ていく。

1. 交換設備設置で増発へ!

今回の2020年9月1日北条鉄道ダイヤ改正では、法華口を1面1線から2面2線に拡張し列車交換できるようにすることで、増発を図る。

これによりこれまで最短1時間間隔でしか運転できなかったが、今回のダイヤ改正より最短28分間隔での運転が可能となり、毎時2本運転を実施することとなった。

増発するのは平日朝に3往復と平日夕方に2往復の合計5往復で、この5往復を運転する時間帯は法華口で車両交換を行う。粟生で連絡する神戸電鉄粟生線とは大違いである。平日は1日17往復から22往復に増発することとなった。

ただ北条鉄道は全て合わせても営業用列車は3両しか持ち合わせていない。これまで平日朝夕は2両編成で運転していたが、今回のダイヤ改正で平日は1運用から2運用に増えることから、点検用予備車を合わせても全列車1両編成でしか運用できなくなった

なお法華口で閉塞扱いを行うにあたり列車交換のない列車も含め全線所要時間が22分から23分に1分延びることとなった。これにより平日は北条町発粟生行き初列車が北条町5時42分発から5時41分発に1分繰り上がるほか、運転本数が1日17往復のまま変わらない土休日も最大3分程度の時刻変更を行うこととなった。


2. 結び

今回の2020年9月1日北条鉄道ダイヤ改正では、列車交換設備の設置により平日に増発を行うこととなった。

今後北条鉄道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました