南武支線にE127系投入で車両更新へ! JR東日本南武支線運用変更(2023年9月13日)

 10712回閲覧

南武支線にE127系投入で車両更新へ! JR東日本南武支線運用変更(2023年9月13日)

JR東日本は2023年7月24日、プレスリリースにて2023年9月13日より南武支線にE127系を投入すると公表した( 南武線(尻手~浜川崎駅間)E127系営業運転開始について )。今回はこれらについて見ていく。

新型車両E131系導入に伴う2024年3月実施予定のJR東日本鶴見線ダイヤ改正予測はこちら!

1. 南武支線でE127系に車両更新へ!

今回の2023年9月13日JR東日本南武支線運用変更では、E127系を投入した。

E127系はもともとJR東日本新潟支社で列車増発用に白新線・越後線を中心に投入した2両編成の電車である。新潟近郊輸送特化のため3ドアとなっている。

JR東日本新潟支社では1995年の投入当初E127系を13本投入したがその後2015年3月14日の北陸新幹線金沢延伸に伴う信越本線の経営分離に伴い11本をえちごトキめき鉄道に移籍している。この際に2本だけJR東日本新潟支社に残ったものの、115系や最新型車両E129系と併結できないことが難点となり運用が大きく減った。

そして2021年3月13日JR東日本新潟支社ダイヤ改正で減車減便を行ったことでE127系2両2本が余剰となったことから、新たな転属先としてすでに2両ワンマン運転を行っている神奈川県の南武支線に転属することとなったものである。

南武支線では205系を2両化しワンマン改造した205系1000番台が3本あり、2運用で回している。今回の運用変更ではこの205系1000番台3本中2本を新潟からやってきたE127系2両編成で置き換えることとした。

これにより老朽化した205系1000番台のうち2本は廃車、1本は予備車扱いとなる見込みだ。




ただ、南武支線には1つ難点がある。それは、既存の205系1000番台は4ドアなのに対し、今回投入したE127系は3ドアなことである。

JR東日本では南武支線は従来の205系と今回投入したE127系を日によって使い分けるとしているが、1両当たりのドア数が異なるので乗車目標に並んでいてもドアがずれることがある。

もっとも南武支線は昼間に40分間隔しか来ずE127系のいた新潟県の白新線や越後線と同レベルまたはそれ以下なので3ドアで耐えられないことはないしドア位置がずれても4歩歩けばドアにたどり着くのではあるが。

なおE127系はもともと新潟での長距離運用も考慮して車内にトイレがあったが、南武支線転属に伴い封鎖された。まあ4駅間7分しか運転しない路線であるから、維持費のかかる車内トイレは封鎖して当然だろう。




2. 南武支線で減便はあるのか

今回の2023年9月13日JR東日本南武支線運用変更でE127系2本が南武支線に転属した。ただ、E127系はあとは長野支社大糸線のしかなく、新潟から転属できる編成はすべて出きってしまった。

一方で南武支線は2運用必要で、車両点検を行う必要があること、周辺に2両運転している線区がないため共通予備車を作ることができないことを考えると予備車1本の合計3本が必要である。新潟からのE127系では1本足りない。

このため、考えられるのは4つ。

1つは次の車両更新まで205系1000番台を1本温存説。予備車としてしまえば年間走行距離は大きく減らせるし、稼働しても朝の4往復しか運用しない朝運用に就けばよい。そう考えると次回の車両更新まで持たせることはできるかもしれない。やっていることは熊本電鉄の老朽車扱いさながらになるだろうが。

2つ目は水素ハイブリッド電車HYBARI営業運転投入説。ただしこのHYBARI自体を予備車扱いになる可能性があるため、205系が1本だけ残る可能性が高い。

3つ目は長野支社からE127系を1本動かす説。E127系1運用を減車・減便で余剰となった211系で置き換え、その余った1運用を南武支線に転属させれば南武支線にE127系が3本揃う。ほぼ同じ車両なのでメンテナンスもしやすい。

4つ目は南武支線が朝に減便し終日1運用で済ませられるようにすること。そもそも2運用中1運用は朝の4往復しか運用していないのだから、朝を減便して終日1運用にしてしまえば予備車含めてE127系2本で足りてしまう。

ただ、1運用で済ませるには25分間隔まで広げなくてはならないし、朝は13分間隔で運転している。2016年3月26日に小田栄駅が開業し利用者が増加傾向で増発していることを考えると、4往復を減便させるのは難しいだろう。


3. 結び

今回の2023年9月13日JR東日本南武支線運用変更では、E127系の転属を行い205系3本中2本が運用停止となった。

今後鶴見線でも新型車両E131系を投入する中、南武支線で予備車として残った205系2両編成1本をどのようぬするのか、見守っていきたい。

新型車両E131系導入に伴う2024年3月実施予定のJR東日本鶴見線ダイヤ改正予測はこちら!

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました