快速エアポート昼間停車駅増加で小樽へ減便へ! JR北海道函館本線ダイヤ改正(2024年3月16日)

 2051回閲覧

快速エアポート昼間停車駅増加で小樽へ減便へ! JR北海道函館本線ダイヤ改正(2024年3月16日)

JR北海道2023年12月15日、プレスリリースにて2024年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこのうち函館本線について見ていく。

2024年3月16日千歳線快速エアポートダイヤ改正はこちら!

1. 函館本線で小樽方面普通列車減便と快速エアポート区間快速化へ

今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正では、札幌~小樽間で昼間の普通列車を減便する。

JR北海道函館本線では札幌~手稲間で普通列車を昼間に毎時5本運転していたが、今回のダイヤ改正より毎時4本に削減することとなった。救済として桑園に特別快速エアポートを含む快速列車をすべて停車させ毎時6本の乗車チャンスを確保するとともに学園都市線から桑園乗り換え手稲・小樽方面への利便性を向上する。

まあ2020年3月14日JR北海道ダイヤ改正の区間快速いしかりライナー廃止まで普通列車は昼間毎時4本しかなかったわけなのでそれまでだし、実際に快速エアポートの桑園停車化が公表された際に当会では札幌~手稲間の普通列車は昼間毎時4本に減便すると予測していたので想定の範疇であった。

が、今回のダイヤ改正では函館本線普通列車を札幌~手稲~小樽間で8往復減便、小樽発着を快速含め昼間毎時4本から毎時3本に削減するとしたのだ

そもそも小樽築港・南小樽・小樽の3駅を合わせて1日乗車人員は14,000人/日程度で、降車人員を合わせても28,000人/日となる。もしそのすべてが手稲方面に行くと仮定しても昼間毎時1両で4,000人/日・往復運べることから、昼間毎時7両あれば十分運びきれる。

ただ、快速エアポートは自由席車両だけでも1列車あたり5両あり毎時2本も運転しているほか、普通列車も3両編成毎時2本の運転がある。合わせて毎時16両も運転があるのである。そりゃあガラガラだろうから今回の減便も然りだろう。

ただ、小樽発着で毎時2本しかない各駅に停車する普通列車を毎時1本に減便してしまうと快速通過駅は毎時1本しか乗車チャンスがなくなる。このため快速通過駅の乗車チャンスを減らさないよう救済として昼間に快速エアポートを手稲~小樽間で各駅停車、実質2020年3月13日まで運転した区間快速いしかりライナーと同等に落としたのである

ただ、朝夕の快速エアポートは小樽まで通過駅があるにもかかわらず昼間の手稲〜小樽間の快速エアポートを区間快速とせずに快速エアポートのままとしたのは、区間快速エアポートは今回の2024年3月16日ダイヤ改正で新設する千歳線内北広島〜新千歳空港間で各駅に停車する列車につけるため、千歳線内でかえってわかりにくくなってしまう。このため快速エアポートのまま昼間だけ各駅停車区間を変更することとした。

JR北海道では昼間時間帯の停車駅のわかりやすさの救済策として、特別快速エアポートについては従来通り函館本線内札幌〜小樽間で快速運転、昼間の快速エアポートは函館本線内札幌〜手稲間のみ快速運転とすることで、昼間はひと目で快速運転区間が分かるように配慮している。

このほか朝夕に合計1往復のみ運転の余市・倶知安方面快速ニセコライナーは、今回のダイヤ改正より桑園増停車のほか手稲〜小樽間で各駅停車とし区間快速いしかりライナーと同等になる。この時間帯朝夕の快速エアポートは従来通り小樽まで快速運転を行うため、列車名で停車駅が分かれることになる。

なお所要時間は停車駅増加による時間増を小樽駅の停車時間短縮で調整するため、札幌〜余市・倶知安間の所要時間に変わりはない。




2. 函館本線江別方面でも減便へ

また今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正では、江別方面の函館本線普通列車でも減便を図る。

函館本線区間快速いしかりライナーが廃止となった2020年3月14日JR北海道ダイヤ改正以降、昼間は札幌〜江別間は1時間に4本、江別〜岩見沢間はそのうち毎時2本が乗り入れていた。

が今回のダイヤ改正より昼間の札幌〜江別間の普通列車を7往復減便、毎時4本から毎時3本に減便することとしたのだ。

この区間はすでに快速の運転はないため、救済もない。もっとも2020年3月13日JR北海道ダイヤ改正までは区間快速通過駅であった厚別や森林公園、高砂は昼間毎時3本しか停車しなかったため4年前に戻ると言われればそれまでだが、利用の多い大麻や野幌も毎時4本から毎時3本に減少するのだ

15分間隔から20分間隔の減便ではあるが、4年で40%減なんて急すぎないかJR北海道。




3. 函館本線に新型車両737系投入へ!

また今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正では、函館本線岩見沢~旭川間で車両更新を行い、新型車両737系を投入する。


4. 結び

今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正では、函館本線で昼間の運転本数を見直し普通列車を減便することとしたほか、737系を投入することで岩見沢〜旭川間でワンマン運転を行うこととした。

今後JR北海道が札幌都市圏でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月16日千歳線快速エアポートダイヤ改正はこちら!

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年3月ダイヤ改正について – JR北海道

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました