室蘭本線737系が昼間千歳乗り入れへ! JR北海道千歳線ダイヤ改正(2024年3月16日)

 5685回閲覧

室蘭本線737系が昼間千歳乗り入れへ! JR北海道千歳線ダイヤ改正(2024年3月16日)

千歳線は昼間は千歳で系統分割します。

JR北海道は2023年11月15日、プレスリリースにて千歳線快速エアポートを増発すると公表した。今回はこのうち苫小牧発着普通電車についてみていく。

2024年3月16日JR北海道千歳線ダイヤ改正のうち札幌発着列車・快速エアポートはこちら!

1. 千歳~苫小牧間系統分割でワンマン運転対応新型車両737系乗り入れへ!

今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正では、千歳線に北広島~新千歳空港間各駅停車の区間快速を設定するにあたり、苫小牧方面普通列車を再編する。

苫小牧に快速列車が乗り入れてしまうと特急「北斗」「すずらん」利用者が快速・区間快速に流れてしまいJR北海道としては減収となってしまう。このため千歳線快速・区間快速の苫小牧乗り入れはなく、従来通り普通列車と特急「北斗」「すずらん」となる。

ただ今回のダイヤ改正で千歳線合理化により昼間の札幌~苫小牧間直通の普通列車を廃止する。南千歳~苫小牧間の普通電車を昼間全運休にするわけにもいかないことから、毎時1本運転している普通苫小牧行きを何らかの形で設定しなくてはならない。

そこで今回のダイヤ改正では千歳線苫小牧発着電車は昼間は千歳~苫小牧間折り返しで設定することとした

2023年現在札幌~苫小牧間の千歳線普通電車毎時1本は原則3両編成車掌付きで運転し、朝と深夜の苫小牧行き送り込みの一部で6両運転を行っている。が、そもそも千歳~苫小牧間の普通列車の輸送密度は8,000人/日・往復を下回っており、昼間に毎時1両で4,000人/日・往復が運べることを考えると毎時2両で十分運びきれてしまう。

また2023年5月20日より室蘭本線苫小牧~室蘭間で新型車両737系電車が運転開始、2両編成でワンマン運転にも対応している。もっとも朝は室蘭本線の運用で手いっぱいだが、昼と夜間は運用が余っている。千歳~苫小牧間は普通電車で所要時間23分であることを考えると、1運用~2運用で回すことができるので、昼間であれば737系2両編成に置き換えてもおかしくはない。しかも千歳での折り返しはすでに石勝線普通列車が行っているため可能だ。

もしワンマン運転ができるとなれば車掌の人件費を抑えることができるので維持費を削減することができる。

そうなると、苫小牧方面普通電車は昼間は千歳で系統分離し、千歳~苫小牧間で毎時1本の737系普通電車を運転するのではないだろうか

なお2024年3月16日ダイヤ改正以降も朝夕はおそらく従来通り3両または6両の札幌~苫小牧間の普通電車を運転するだろう。ただし今後737系2両編成電車を増備した場合、朝夕も千歳で系統分割して千歳~苫小牧間を終日ワンマン運転化する可能性は否めない。そうなったらまるで東武伊勢崎線舘林~太田間の順次ワンマンと同様どんどん系統分割してワンマン列車を増やしていくことになりそうだ。




2. 千歳で快速エアポート連絡で札幌まで速達化か!

また、苫小牧発着の普通列車は千歳で快速エアポートに連絡する可能性が高いことから、札幌までの所要時間を短縮する可能性がある。

これまでは札幌~苫小牧間直通の普通列車だったため、ほぼ各駅に停車するし北広島で快速エアポートの待ち合わせを行っていたためそこまで所要時間が縮まなかった。というのも、先述したように札幌~苫小牧間は特急「北斗」「すずらん」を運転しているため、JR北海道としては極力特急列車を利用してもらうことで増収を図りたいため、あえて不便にしているのだ。

今回のダイヤ改正で苫小牧発着普通を千歳で系統分割するのもそうで、札幌駅で苫小牧行きという表示をなくせば苫小牧へは特急列車を利用してくれると踏んでいるのだろう。

とはいえ、今回のダイヤ改正で昼間は苫小牧方面からの普通列車は千歳で折り返すことになるから、札幌方面へ乗継には南千歳または千歳で乗り換えることになる。

南千歳には快速エアポートや特別快速エアポートがやってくる。もっとも区間快速エアポートも毎時2本あるが、新千歳空港まで先着しなければならないことを考えると区間快速と快速は運転間隔が詰まっており、おそらく区間快速に接続させようとすると必然的に3分程度前後を走る快速エアポートとも連絡しなくてはならなくなる。

つまり、これまで料金不要列車での最速は札幌~北広島間のみ快速エアポートだったところ、札幌~南千歳間で快速エアポート利用に拡大しその分早くなるのである

またさらに落とし穴がある。それは各種乗り換え検索サイトでは88km以内のの利用の場合、料金が別途必要な特急列車は優先表示されないのである。札幌~苫小牧間は71.2kmしかないため、快速エアポートと普通列車の乗り継ぎが優先表示されるのだ。

しかも特急「北斗」「ずすらん」は今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正以降全車指定化し自由席が消滅、座席を指定しなくても利用はできるが座席未指定券の発券となるため従来の自由席特急券より530円値上げとなる。そうなると札幌~苫小牧間の利用は快速エアポートと千歳発着普通列車の乗り継ぎ利用に移動していくのではないだろうか。




3. 苫小牧方面普通電車は3往復減便か

今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正で昼間は千歳で苫小牧方面を系統分割することが決まった千歳線であるが、運転本数は維持されるのだろうか。

プレスリリースでは、千歳線列車の1時間当たりの運転本数を記載しており、札幌を通る列車は毎時何本と言い切っているのに対し、千歳~苫小牧方面電車は毎時1本「程度」と記載している。

またプレスリリースには苫小牧方面からの普通電車を千歳まで乗り入れるとしている。

苫小牧の先には登別や室蘭があることをふまえると、どうやら室蘭本線苫小牧~室蘭間運転の737系電車が千歳まで乗り入れると読めそうだ。

ただ、苫小牧~室蘭間運転の列車は昼間は2時間に1本程度しか運転がない。まあたいていは20分程度で苫小牧乗り換えで千歳・札幌方面普通電車と連絡するのだが、それを踏まえても室蘭方面からの電車の接続を受けない苫小牧始発の普通札幌行きが昼間に3往復あるのである。

もっとも3両から2両に減車しているため輸送力調整は行ってはいるが、さらに最大3往復減便し南千歳~苫小牧間は2時間に1本程度の運転になってもおかしくはないのではないだろうか


4. 結び

今回の2024年3月16日JR北海道ダイヤ改正では、千歳線の運行系統再編により昼間の苫小牧発着の普通電車を千歳で系統分割、737系2両編成に減車化しワンマン化を図ることとしたほか、減便も行う見込みだ。

再編を順次図っているJR北海道で今後どのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月16日JR北海道千歳線ダイヤ改正のうち札幌発着列車・快速エアポートはこちら!

関連情報:快速「エアポート」増発および停車拡大について

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました