通勤特急の快速格下げで合理化へ! 京成電鉄・都営浅草線・芝山鉄道ダイヤ改正(2023年11月25日)

 3806回閲覧

通勤特急の快速格下げで合理化へ! 京成電鉄・都営浅草線・芝山鉄道ダイヤ改正(2023年11月25日)

夜間に合理化を図ります。

京成電鉄・都営浅草線・芝山鉄道は2023年10月24日、プレスリリースにてにて11月25日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこれについて見ていく。

矢切発着普通増発!2023年11月25日北総鉄道ダイヤ改正はこちら!

2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正はこちら!

1. 京成電鉄で東京都内で1往復減便へ

今回の2023年11月25日京成電鉄ダイヤ改正では、2022年11月26日京成電鉄ダイヤ改正以来約1年ぶりにダイヤ改正を行う。

今回のダイヤ改正では夜間に減便を行う。

まずは東京都内。平日は上野20時49分発高砂行きと高砂21時58分発普通上野行きを減便しているほか、押上23時37分発普通高砂行き1本を減便している。




2. 京成電鉄で種別格下げで千葉県内で減便へ

今回の2023年11月25日京成電鉄ダイヤ改正では、種別格下げを図ることで各駅停車区間を増やし、その分千葉県内で普通列車を減便する。

京成電鉄では平日夜間押上21時40分発~23時10分発の本線直通の速達列車は勝田台から先各駅に停車する通勤快特として運転しており、おおむね20分間隔で5本(うち成田空港行き2本、成田行き3本)を運転している。今回のダイヤ改正ではこの通勤快特のうち成田行き3本を京成津田沼から先各駅停車の快速に格下げ、京成津田沼→成田間で普通を3本減便することとした。

もっとも通勤快特から快速に格下げしても原則成田行きのまま変わらないのだが、3本中1本だけ宗吾参道行きに短縮しており成田まで到達できなくなっている。もう利用者の少ない時間帯だから宗吾参道にそのまま入庫させることとしたのだろう。

このほか京成津田沼21時20分発普通佐倉行きを廃止している。

また土休日夜間も京成津田沼~佐倉間で3往復減便しており、上の20時51分発普通大和田行きは高砂行きに短縮することとなった。

さらに平日土休日ともにうすい23時09分発普通京成津田沼行きを廃止することとなった。その代替として平日は成田空港22時34分発通勤特急西馬込行きを京成津田沼まで各駅停車の快速上野行きに格下げ・行先変更したほか、土休日は成田空港22時35分発通勤特急上野行きを快速上野行きに格下げした。なお平日は押上線の減便補填として高砂23時29分発普通西馬込行きを設定するが、通勤特急から快速への格下げに伴い所要時間が伸びることから押上線への連絡列車は次の青砥23時44分発普通品川行きとなる。

芝山鉄道については1分しか時刻変更がないし、都営浅草線も行先変更が主でほとんど変更はないようだ。

なお前回2022年11月26日京成電鉄ダイヤ改正より実施しているワンマン運転の拡大はないようだ。


3. 結び

今回の2023年11月25日京成電鉄・都営浅草線・芝山鉄道ダイヤ改正では、京成電鉄を中心にダイヤ改正を行い夜間に種別の格下げを行うことで普通列車の減便を図り合理化することとなった。

今後京成電鉄でどのようなダイヤ改正を実施していくのか、見守ってゆきたい。

矢切発着普通増発!2023年11月25日北総鉄道ダイヤ改正はこちら!

2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正はこちら!

関連情報:2023年11月25日(土)京成線ダイヤ改正を実施します
関連情報:都営浅草線のダイヤ改正について
関連情報:ダイヤ改正の実施について

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました