ウィング号一部減車とさらばエアポート急行で品川発急行逗子葉山行き設定へ! 京浜急行電鉄ダイヤ改正(2023年11月25日)

 3718回閲覧

ウィング号一部減車とさらばエアポート急行! 京浜急行電鉄ダイヤ改正(2023年11月25日)

エアポート急行が消滅します。

京浜急行電鉄は2023年10月24日、プレスリリースにてにて11月25日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこれについて見ていく。

2023年11月25日京成電鉄・都営浅草線・芝山鉄道ダイヤ改正はこちら!

1. 快特・特急見直しへ

今回の2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正では、2022年11月26日京急電鉄ダイヤ改正以来約1年ぶりにダイヤ改正を行う。

今回のダイヤ改正では快特・特急で見直しを図り減便する。

三崎口6時30分発特急品川行き(金沢文庫から快特)は品川8時00分着のまま変えずに全区間特急に格下げする。

平日朝は泉岳寺7時10分発特急三崎口行きを廃止する。救済として神奈川県内では神奈川新町7時33分発特急浦賀行きを運転し、堀ノ内で普通京急久里浜行きに接続する。

このほか土休日昼間の快特2号車着席保証車両ウィングシートは40分間隔から1時間間隔に2往復削減することとした。また土休日夜間には羽田空港23時17分発特急金沢文庫行きを増発する。




2. エアポート急行、急行に変更で急行品川逗子葉山行き設定へ!

今回の2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正では、エアポート急行を急行に変更する。

エアポート急行は✈急行と表示しているが、2017年ごろから羽田空港行きに対して✈羽田空港と車両に表示するようになったため、✈急行✈羽田空港行きと二重表記になってしまったほか、空港に行かない✈急行逗子葉山行きも✈マークを付してしまっているため非常に分かりにくかった。このため、今回のダイヤ改正でエアポート急行を急行に改称することで空港に行かない✈列車を減らすこととした。

なお今回のダイヤ改正では急行の増発を図る。平日朝は羽田空港7時40分発普通京急蒲田行きを急行金沢文庫行きに延長するほか、土休日夜間は羽田空港23時02分発急行品川行きを増発することとなった。




(2023.11.11 追記)京急電鉄各駅で新時刻表を公表したが、今回の2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正より京急蒲田またぎの本線急行を運転する。

設定するのは平日は品川9時36分発急行逗子葉山行きの1本、土休日は品川22時55分発急行金沢文庫行きと品川23時23分発急行逗子葉山行きの各1本ずつとなっている。

平日の品川9時36分発急行逗子葉山行きは、本来あった品川始発9時37分発快特三崎口行きを品川9時41分発特急三崎口行きに格下げし運転間隔を均等化するにあたり、快特のあった時間帯のきゅす愛として京急川崎9時57分発急行逗子葉山行きを品川始発に延長するものとも追われる。

土休日の品川22時55分発急行金沢文庫行きは羽田空港22時54分発急行金沢文庫行きを品川始発に変更したものである。この減便救済が先述の羽田空港23時02分発急行品川行きである。

最後に、品川23時23分発急行逗子葉山行きは現在特急逗子葉山行きとして設定している列車で、京成押上線高砂22時39分発の都営浅草線からの直通電車である。このため急行逗子葉山行きの表記を京成押上線や都営浅草線でも見ることができそうだ。

なぜ特急から急行に格下げしたかというと、この列車は金沢文庫で後続の特急京急久里浜行き最終電車に抜かされる、特急に抜かれる特急なのだ。しかも品川→金沢文庫間は同じ特急のため運転間隔をなかなか縮められず、金沢文庫で9分停車して抜かされているのである。そうであれば停車駅を増やして利便性を高めると同時に、京急川崎や横浜発時刻を数分繰り下げて後続の特急京急久里浜行き最終の混雑を極力分散するために急行に格下げすることにしたものである。

しかもこの列車、京急東神奈川でJR横浜線東神奈川23時42分着の列車から4分乗り換えで急げば乗り換えることができる。このJR横浜線の列車は東海道山陽新幹線博多18時59分発「のぞみ64号」東京行き最終列車からの連絡列車となっている。

もっともこれまでも東神奈川で京浜東北線大船行きに乗ろ帰れば横浜で特急京急久里浜行き終車に乗り換えられたため到達可能範囲が増えるわけではないが、東神奈川の1回乗り換えでは京急線に乗り換えても普通金沢文庫行きにしか乗り換えられなかったところ、急行逗子葉山行き終車にも乗り換えられるようになったため利便性が増すこととなったほか、急行停車駅各駅への到達時刻が早まったことで利便性を向上することとなった。

なお上り列車で京急蒲田をまたぐ本線急行の設定は見られない。

このほか土休日朝は急行が10分間隔で運転する時間帯を1時間繰り上げる。これにより逗子葉山10時台到着の急行は毎時6本から毎時3本に削減するほか、逗子葉山9時12分発と9時32分発のエアポート急行神奈川新町行きは普通金沢文庫行きに短縮し横浜へ行くには乗り換えが必要となる。これに合わせ横須賀中央土休日9時台発を快特毎時6本から昼間同様快特毎時3本と特急毎時3本に変更し、土休日の都営浅草線直通本線快特が消滅することとなった




3. ウィング号減車へ

今回の2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正では、座席指定制列車「ウィング号」のうち2本を減車する。

減車するのは平日夜間運転の品川20時45分発「イブニング・ウィング12号」三崎口行きと品川21時05分発「イブニング・ウィング14号」三崎口行きで、品川20時58分発と21時19分発に13分~14分繰り下げ2100系8両から1000系1890番台4両に減車、快特の後4両連結の金沢文庫止めに短縮する。このため品川駅の乗り場がこの2本だけ3番線から1番線後4両に変更となる。

なおウィング号は品川の次は上大岡まで下車扱いをしないため、ウィング号となる後4両は快特の停車する京急蒲田、京急川崎、横浜ではドアが開かない。

なお今回ウィング号が後4両に増車する快特2本はダイヤ改正前は品川で後4両の空車を増結する12両快特だったため、今回のダイヤ改正より品川始発編成がウィング号料金300円徴収となり2100系2本が減便するといった方が正しそうだ。

もっともウィング号の中でも利用の少ない2列車のため減車は妥当ではあるが、快特8両と連結した12両運転をできるのは金沢文庫までなので金沢八景・横須賀中央に同じ席に座ったままいけなくなってしまうというデメリットがある。まあ2023年10月1日京急電鉄運賃改定で品川から金沢八景以遠は値下げしたので多少サービスをお屠蘇定位と判断したのだろうが、1890番台は翌朝の三浦海岸始発運用があり前日に久里浜まで回送していることから、イブニング・ウィング号金沢文庫止め2本のうち1本を金沢文庫で解結のち4両単独の京急久里浜行きとして運転してもよかったのではないだろうか。

4. ダイヤ改正を見据え自動放送も開始へ!

(2023.11.13 追記)今回の2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正を前に、2023年11月11日土曜日から京急線全線で自走放送が始まった。

英語放送が関西風なのは京急電鉄の社風がもはや関西大手私鉄なのだからかもしれないが、空港連絡鉄道であることも踏まえると英語の自動放送があったに越したことはない。

ただし、エアポート急行に限り自動放送は行っていない。これはおそらく自動放送には急行しか吹き込まれていないため、ダイヤ改正後の11月25日以降種別が急行になってから自動放送を採用するのだろう。


5. 結び

今回の2023年11月25日京急電鉄ダイヤ改正では、エアポート急行を急行に変更するほか、ウィング号・快特・特急を平日朝夕に減車・減便することとした。

今後京急電鉄でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2023年11月25日京成電鉄・都営浅草線・芝山鉄道ダイヤ改正はこちら!

関連情報:2023年11月25日(土)土休日ダイヤ・11月27日(月)平日ダイヤ京急線ダイヤ改正を実施します

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました