朝晩に利便性向上で羽田空港行き区間快速復活へ! 東京モノレールダイヤ改正(2022年11月7日)

 12503回閲覧

朝晩に利便性向上へ! 東京モノレールダイヤ改正(2022年11月7日)

東京モノレールは2022年10月18日、プレスリリースにて11月7日にダイヤ改正を行うと公表した( 平日9時台に下り区間快速を運転 平日夜間帯に普通列車2本を増発 )。今回はこれについて見ていく。

1. 朝晩に利便性向上で羽田空港行き区間快速復活へ!

今回の2022年11月7日東京モノレールダイヤ改正では、2021年3月13日東京モノレールダイヤ改正以来約1年8か月ぶりにダイヤ改正を行う。

今回のダイヤ改正では平日のみでダイヤ改正を行い、朝晩の利便性を向上する。

まずは平日朝。浜松町9時22分発空港快速羽田空港行きを浜松町9時23分発区間快速羽田空港行きに格下げする。これにより1本前を走る浜松町9時17分発普通羽田空港行きが昭和島で抜かれることなく羽田空港まで先着するようになる。これにより平日朝の浜松町から羽田空港への先着列車が1本増える。これにより前回の2021年3月13日ダイヤ改正で消滅していた浜松町発羽田空港行き区間快速が復活する

次に深夜。羽田空港第2ターミナル20時15分発普通浜松町行きおよび羽田空港第2ターミナル20時50分発普通浜松町行きの2本を増発する。これにより平日20時台の羽田空港発は空港快速2本と普通6本から空港快速2本と普通8本に拡充する。

なお平日・土休日とも昼間の空港快速毎時6本・普通毎時6本に変わりはない。羽田空港への競合路線である京急空港線は2022年11月26日ダイヤ改正で品川方面快特のうち毎時3本を特急に格下げし所要時間を延ばすが、東京モノレールでは今のところ昼間の空港快速の区間快速への格下げや空港快速の減便は行わないようだ。


2. 結び

今回の2022年11月7日東京モノレールダイヤ改正では、朝晩の利便性を向上することとした。

京急空港線で品川方面列車の停車駅を増やす中、東京モノレールでどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました