路線延伸による増発で利便性向上へ! 成都地下鉄ダイヤ改正(2018年12月26日) 成都地铁调图

成都地下鉄は2018年12月26日、プレスリリースにて12月26日に地下鉄3号線を延伸したと公表した( 3号线二、三期正式开通试运营 双流、新都实现与主城区快速连接 )。また成都地下鉄は2018年12月26日、プレスリリースにて12月26日に路面電車蓉2号線を開業したと公表した( 成都首条有轨电车线路——蓉2号线首开段正式开通试运营 )。今回はこれらについて見ていく。


1. 路線延伸で運転間隔短縮へ

今回の2018年12月26日成都地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄3号線で路線延伸が実施された。

北の終点軍区総医院~成都医学院間の12.532km、9駅間及び南の終点太平園~双流西間の17.533km、11駅間で、今回の延伸で地下鉄3号線は19.522kmから49.587km、36駅間の路線に大幅に延長した(外部サイトの路線図はこちら)。

双流西では中国鉄路成貴線と連絡できるほか、初めて新都区に地下鉄が開業した。なお中国鉄路成貴線では2019年1月5日ダイヤ改正で双流西に停車するC列車(城際列車)を1往復増やした。

最高速度は80km/hで、全線所要時間は81分となっている。車両は引き続き6両編成B型車で運転される。

この延伸に伴い大幅な車両増備が実施され、20運用から49運用に大幅増加した。この大幅増加により全線で平日朝夕ラッシュ時の運転間隔を3分30秒間隔から3分10秒間隔に短縮し、輸送力が10.5%増加した。

初終電について見ていくと、初電は南行き(成都医学院発双流西行き)が成都医学院6時10分発、北行き(双流西発成都医学院行き)が双流西6時00分発となっている。

また終電は南行き(成都医学院発双流西行き)が成都医学院22時50分発、北行き(双流西発成都医学院行き)が双流西22時50分発となっている。

2. 路線延伸で運転間隔短縮へ

また今回の2018年12月26日成都地下鉄ダイヤ改正では、路面電車蓉2号線が新たに開業した。

路面電車蓉2号線は合信路~晨光間の13.7km、15駅間で、最高速度は70km/hとなっている(外部サイトの路線図はこちら)。ライトレール方式で開業に際し低床車5連接車を7編成導入した。

今後成都西国鉄駅まで延伸し成都地下鉄4号線や中国鉄路各線と接続する予定だが、今のところ飛び地路線となっている。

運転間隔は平日朝ラッシュ時は8分50秒間隔となっている。

初終電について見ていくと、初電は南行き(晨光発合信路行き)が晨光7時00分発、北行き(合信路発晨光行き)が合信路7時00分発となっている。

また終電は南行き(晨光発合信路行き)が晨光20時45分発、北行き(合信路発晨光行き)が合信路20時00分発となっている。

3. 結び

今回の2018年12月26日成都地下鉄ダイヤ改正では、地下鉄3号線の延伸やにより路線ネットワークが拡充した。

今後成都地下鉄でどのようなダイヤ改正が実施されるのか、見守ってゆきたい。


TOP