特別快速残るも大減便と系統分割へ JR東日本水戸支社常磐線ダイヤ改正(2022年3月12日)

 28221回閲覧

特別快速残るも大減便と系統分割へ JR東日本水戸支社常磐線ダイヤ改正(2022年3月12日)

JR東日本水戸支社は2021年12月17日、プレスリリースにて2021年3月12日にダイヤ改正を行うと公表した( 2022年3月ダイヤ改正について )。今回はこれについて見ていく。

2022年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 常磐線特急減便へ

今回の2022年3月12日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、常磐線特急「ときわ」の運転本数を見直す。

今回減便するのは上野発土浦または勝田行きが3本、勝田発上野行きが2本の合計5本で、今回の減便により常磐線特急「ときわ」は1日18往復の運転にまで削減する。

ただ今回の削減対象はいずれも常磐線特急が毎時3本運転しているうちの1本であり、上野~水戸間では終日毎時2本以上の常磐線特急を確保していることに変わりはない。

このほか常磐線特急「ときわ」では昼間に勝田~高萩間で1往復削減するほか、品川22時15分発特急「ときわ89号」勝田行きを土浦行きに短縮する。

なお停車駅の少なく福島県内や仙台まで運転する常磐線特急「ひたち」の運転本数は1日15往復のまま変わりはない。

このほか土休日の常磐線特急は全列車が品川始発終着となる。




2. 常磐線特別快速の減便へ

今回の2022年3月12日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、常磐線特別快速の運転本数を削減する。

今回のダイヤ改正で昼間の常磐線の青い電車を昼間に毎時4本から毎時3本に削減する。もっとも普通電車は2005年7月9日JR東日本ダイヤ改正より概ね20分間隔で運転しており、昼間毎時4本運転を維持するためにつくばエクスプレスとの競合を口実にして昼間の毎時1本を特別快速として運転している。

ただ概ね20分間隔の普通電車の中で60分間隔の特別快速を運転しても乗客が少ないのは目に見えており、昼間の取手~土浦間は毎時3本で十分足りるようになってしまった。そこで今回のダイヤ改正で昼間に品川~土浦間で運転する特別快速5往復、つまり毎時1本を削減し、取手~土浦間で毎時4本から毎時3本に減便することとしたのだ。

ただ特別快速は全6往復あったため減便を逃れた1往復は残るし、このほかに青い快速を1本格上げして特別快速を設定するため、1日2往復のみ残る。

なお2021年現在品川乗り入れの常磐線快速・特別快速は全列車15両での運転だが、今回のダイヤ改正で一部列車を10両に減車する。これにより昼間の品川乗り入れ列車を毎時2本(特別快速毎時1本と普通毎時1本)から普通(青い快速)毎時3本に増加し、利便性の向上を図ることとなった。

3. 常磐線が昼間に土浦で系統分割へ

今回の2022年3月12日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、常磐線普通電車が昼間に土浦で系統分割する。

土浦~勝田間では常磐線普通電車を昼間に毎時2本運転しているが、2021年現在はいずれも上野直通のグリーン車付きで主に15両編成(一部10両編成)による運転となっている。

ただ土浦~勝田間では昼間は15両編成や10両編成でも空いていること、また常磐線普通電車にはグリーン車を設置しており特急「ひたち」「ときわ」の普通車とほぼ同クラスの座席で比較的割安で行けることなどから、特急の利用が伸びない一因にもなっていた。

そこで今回のダイヤ改正では常磐線普通電車を土浦で系統分割し、土浦以北の昼間は原則普通車のみのE531系5両編成が運転することとなった。

もっとも減便よりも減車の方が利用者の利便性を損ないにくいので、毎時1本に削減するよりかは利便性の低下は抑えているだろう(もっとも水戸~高萩間でも昼間毎時2本運転をしているので毎時1本に減便できるわけがないのだが)。またE531系5両編成は水戸線内でワンマン運転を行っていることから、近い将来のワンマン化を視野に入れている可能性もある。

なお水戸以北の常磐線でも昼間は普通車のみのE531系5両編成で運転しているが、今回のダイヤ改正で土浦~水戸~高萩~いわき間で直通化することはなかった。ただ土浦~勝田間の昼間の普通電車毎時2本のうち毎時1本を水戸始発終着として短縮したため、水戸~勝田間では昼間毎時4本から毎時3本に削減している。

なお朝夕は土浦以北での10両以上の運転は輸送力確保の観点から必須であることから、引き続き上野方面への直通運転を行う。

4. 水郡線で所要時間短縮へ!

今回の2022年3月12日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、水郡線でもダイヤ改正を行う。

まずは朝。郡山6時06分発水戸行き初列車を水戸9時30分着から9時13分着に17分繰り上げた。これにより常磐線特急「ひたち3号」仙台行きに乗り換えられるようになる。

また終列車より1本前の常陸大子19時05分発水戸行きを常陸大子19時18分発水戸行きに繰り下げる。なお交換列車の調整により水戸20時44分着のまま変わらない。

なお今回の2022年3月12日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、水戸線では大きな変更はなかった。


5. 結び

今回の2022年3月12日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、常磐線特急「ときわ」の運転本数見直しや特別快速の大幅な削減、普通電車が昼間に土浦で系統分割を行うなど変更点が多い。

今後JR東日本水戸支社でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました