中央本線夜行特急アルプス設定で快速ムーンライト信州復活へ! JR東日本臨時列車運転(2024年7月~9月夏期間)

 1486回閲覧

中央本線夜行特急アルプス設定で快速ムーンライト信州復活へ! JR東日本臨時列車運転(2024年7月~9月夏期間)

JR東日本は2024年5月17日、プレスリリースにて2024年7月~9月に運転する夏の臨時列車について公表した。今回はこれから中央本線臨時列車について見ていく。

1. 富士急行線直通特急「富士回遊」今夏も増発へ!

今回の2024年7月~9月JR東日本夏の臨時列車運転では、富士急行線直通特急「富士回遊」を増発する。

7月~9月の期間中、特急「富士回遊」は平日毎日3往復、土休日毎日4往復を確保することで前年と同じ輸送力を確保することとした。




2. 大糸線特急「はくば」新設で系統分割と値上げへ!

今回の2024年7月~9月JR東日本夏の臨時列車運転では、大糸線に臨時特急「はくば」を新設する。

今回設定するのは松本9時48分発特急「はくば1号」白馬行きと、白馬13時10分発特急「はくば2号」松本行きの1往復で、2024年7月~9月の土休日に運転する。

前年2023年7月~9月JR東日本夏の臨時列車運転で運転した大糸線完結特急「あずさ」とほぼ同時刻での運行となっている。

前年2023年7月~9月夏の臨時列車運転で設定した松本~白馬間の大糸線内完結「あずさ」は、松本で定期「あずさ」と対面接続することで1本の特急列車扱いとしていたが、同じ列車名なのに松本で乗り換えを必要とすることからわかりにくかったほか、通しの特急料金としたため新宿~松本間と新宿~白馬間で特急料金2,550円と変わらず全然増収しなかったのである。

そこで今回の2024年JR東日本夏の臨時列車運転では、松本~白馬間で運転した臨時特急「あずさ」を臨時特急「はくば」として分割、特急「あずさ」と別列車とすることで座席案内をわかりやすくするほか、松本で特急料金を打ち切ることにより特急「はくば」の特急料金760円を増収することとしたのである。

ただ、そもそも白馬へ向かう客の大半は訪日外国人でジャパンレールパスやJR EAST PASSなどの乗り放題乗車券を駆使するので特急料金が松本で打ち切りになってもあまりダメージはないし、もし通常購入だとしても日ごろから利用するわけではない訪日外国人はたいていの場合気づかない。値上げしても問題ないと判断したのだろう。




3. 中央線夜行列車「アルプス」復活へ!

今回の2024年7月~9月JR東日本夏の臨時列車運転では、中央本線夜行列車を復活する。

今回設定するのは特急「アルプス」で、新宿発7月12日・8月9日・9月13日・9月20日金曜日の新宿23時58分発白馬行きとして運転する。白馬到着は6時22分で所要時間は6時間24分となる。車両はE257系9両編成で全車指定席。

中央線夜行列車は2018年12月30日の夜行快速「ムーンライト信州」の運行をもって廃止、その後は諏訪湖花火大会の開催に合わせ上諏訪発新宿行き夜行「諏訪湖花火大会号」を運行するも、花火大会以外には運転してこなかった。

が、今回の2024年JR東異本夏の臨時列車運転では、新宿発の中央本線夜行列車を復活するに至ったのである。

もっとも快速「ムーンライト信州」やその前身の急行「アルプス」と比べれば値上げはしているが、ないに越したことはないだろう。

ではなぜ設定するに至ったのだろうか。この時期は夏山シーズンであるが、

バスは2024年問題におけるバス乗務員労働時間規制およびバス乗務員不足により大きく減便を迫られている。夜行バスはバス会社の収益源の1つであるが、乗務員不足では運行ができず、運ぶべき乗客を運びきれなくなる。

そこで大量輸送で乗客当たりの乗務員を少なく済ませられる夜行列車を運転することで、夜行バスに乗せ切れなくなる旅客を鉄道で運ぼうとしているのではないだろうか

そう考えると、夜行バスの運転本数を減らさざるを得ない今、今後多客が見込まれる時期には中央本線以外でも夜行列車を復活運転する可能性があるのではないだろうか


4. 結び

今回の2024年7月~9月JR東日本夏の臨時列車運転では、臨時特急「あずさ」を松本で系統分割して大糸線特急「はくば」を運転することとしたほか、中央本線夜行特急「アルプス」を設定して夜行列車を復活することとした。

今後2024年問題などによるバス乗務員不足で夜行バスの縮小が避けられない中、JR東日本を含む日本の鉄道各社でどのような夜行列車を設定するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:夏の臨時列車の運転について – JR東日本

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました