110km/h運転可能な複線化工事完了とで京都~奈良間スピードアップ! JR西日本奈良線ダイヤ改正(2023年3月18日)

 28285回閲覧

複線化工事完了で京都~奈良間スピードアップ! JR西日本奈良線ダイヤ改正(2023年3月18日)

JR西日本近畿統括本部は2022年12月16日、プレスリリースにて2023年3月18日にダイヤ改正を行うと公表した( 2023年3月18日にダイヤ改正を実施します )。今回はこのうち奈良線について見ていく。

同日実施の2023年3月18日JR西日本おおさか東線ダイヤ改正はこちら!

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 奈良線複線化工事完了へ!

今回の2023年3月JR西日本ダイヤ改正では、奈良線の複線化工事完了に伴いダイヤ改正を行うこととなった。

奈良線は京都と奈良を結んでおり利用者が多いことから、特急の運転がないにもかかわらず幹線となっている。が、国鉄からJR西日本に切り替わった1987年4月1日当初の複線区間は木津〜奈良間の関西本線に乗り入れる区間のみで京都〜木津間は全区間単線で、一応電車は走ってはいたものの1984年10月1日に電化したばかりだった。

が、JR西日本が発足してから関西各線で非電化路線の電化や単線路線の複線化を順次行うこととなり、奈良線でも京都〜JR藤森間および宇治〜新田間の複線化を行い2001年3月3日JR西日本ダイヤ改正にて昼間の快速を1時間間隔から30分間隔に倍増し、みやこ路快速の愛称を与え221系電車による運転とした。

この奈良線の部分複線化により列車の増発は行えるようになったが、京都〜奈良間で競合する近鉄京都線は全線複線で、昼間に急行を毎時3本、地下鉄烏丸線直通も含めれば毎時4本の運転がある。そんな中単線区間があり列車交換待ちがあるJR西日本奈良線みやこ路快速は所要時間がかかっていたほか、復旧時の運転再開から通常ダイヤによる運転に戻るまでも時間を要していた。

そこで2010年から奈良線の複線区間を拡大することを検討し始め、運転本数の多い京都〜城陽間の完全複線化および山城多賀〜玉水間の複線化を図ることとした。

さらに奈良線は単線時代は95km/hまでしか出せないが、複線化に合わせ複線区間では最高速度を110km/hに引き上げている。奈良線では2022年3月12日ダイヤ改正以降110km/hが出せる221系と205系しか運用がないことから線路の最高速度が引きあがればその分所要時間短縮も可能だ。それを反映したのが今回の2023年3月18日JR西日本奈良線ダイヤ改正である。

それでは今回のダイヤ改正で奈良線がどのように変わるのか、見ていこう。




2. 平日朝に増発へ!

今回の2023年3月18日JR西日本奈良線ダイヤ改正では、複線区間拡大に伴い一番列車本数の多い平日朝に増発を図る。

平日朝は宇治7時13分発普通京都行きを城陽7時05分発普通京都行きに延長する。

また城陽7時27分発区間快速京都行きを新設し、高速化を図る。

このほか今回のダイヤ改正に合わせ六地蔵駅が移設するため、時刻変更を行うこととなった。




3. 複線化間拡大で所要時間短縮へ!

今回の2023年3月18日JR西日本奈良線ダイヤ改正では、奈良線の複線区間拡大に伴い列車の交換待ちが減ることから、所要時間を短縮する。

京都と奈良を結ぶ奈良線みやこ路快速は、京都→奈良間を45分、奈良→京都間を49分で運転している。今回のダイヤ改正では複線区間拡大で列車交換待ちがなくなることを活かし、所要時間を短縮して京都~奈良間を両方向とも44分で結ぶようになる

もっともみやこ路快速の運転は昼間毎時2本のまま変わりない。が、競合する近鉄京都線は2022年12月17日近畿日本鉄道ダイヤ変更で近鉄京都~奈良間を直通する急行が昼間から消滅した。近鉄京都〜大和西大寺間は毎時3本の急行運転を引き続き行うが、奈良の中でも観光地に近い近鉄奈良に乗り入れないことを考えるとJR奈良線みやこ路快速が重宝されるようになるのではないだろうか。

また各種乗り換え案内サイトおよびアプリでは88km以内の利用では有料特急が第一経路として表示されない。このため90kmはおろか50kmもない近鉄京都~近鉄奈良間で検索しても有料特急の京奈特急は検索結果として一番目に出ることはない。

ただ、もしJR奈良線みやこ路快速の6両中1両を新快速Aシートのような着席保証車両とすれば、東海道新幹線でグリーン車を使うような旅客が奈良へ向かう際に利用してくれるし、自由席があるので各種検索サイト・アプリにおいても検索結果に表示される。もっとも路線記号になぞらえてDシートになるだろうが、快速エアポートのようにJR奈良線みやこ路快速でも6両中1両を着席保証車両として料金を徴収しても良いのではないだろうか


4. 結び

今回の2023年3月18日JR西日本奈良線ダイヤ改正では、奈良線の複線区間拡大に伴い大きくダイヤ改正を図ることとなった。

今後JR奈良線でどのようなダイヤ改正を行うのか、そして近鉄京都線の京奈特急のような列車または車両を奈良線にも導入するのか、見守ってゆきたい。

同日実施の2023年3月18日JR西日本おおさか東線ダイヤ改正はこちら!

2023年3月のおおさか東線特急「まほろば」復活はこちら!

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました