大阪駅うめきた地下ホームにくろしお・はるか停車と紀勢本線増発へ! JR西日本阪和線・紀勢本線ダイヤ改正(2023年3月18日)

 2787回閲覧

大阪駅うめきた地下ホームにくろしお・はるか停車へ! JR西日本阪和線・紀勢本線ダイヤ改正(2023年3月18日)

JR西日本は2022年12月9日、プレスリリースにて2023年3月に大阪駅うめきた地下ホーム開業に伴いダイヤ改正を行うと公表した( 大阪駅(うめきたエリア)開業に伴う運行体系等について )。またJR西日本近畿統括本部は2022年12月16日、プレスリリースにて2023年3月18日にダイヤ改正を行うと公表した( 2023年3月18日にダイヤ改正を実施します )。今回はこのうち阪和線・紀勢本線について見ていく。

同日実施の2023年3月18日JR西日本おおさか東線ダイヤ改正はこちら!

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 大阪駅うめきた地下ホーム開業へ!

今回の2023年3月18日JR西日本ダイヤ改正では、大阪駅うめきた地下ホーム開業に伴い紀勢本線特急「くろしお」と関空特急「はるか」が大阪駅に停車するようになる。

大阪駅うめきた地下ホームは21番のりば~24番のりばが振られており

そもそも紀勢本線特急「くろしお」は天王寺発着の運転で、キタから乗るにも新幹線から乗るにも乗り換えが必要だった。そんな中1989年7月22日に天王寺駅構内で大阪環状線と阪和線をつなぐ阪和連絡線(単線)開業に伴い新大阪・京都乗り入れを開始したほか、その後阪和連絡線複線化により2011年3月12日JR西日本ダイヤ改正より阪和連絡線を運行する列車が増加している。そして今回の2023年3月18日の大阪駅うめきた地下ホームへの乗り入れで特急「くろしお」「はるか」が大阪駅に停車するようになるのだ。

前回の2022年3月12日JR西日本ダイヤ改正で特急「くろしお」「はるか」は自由席を廃止し全車指定席となったが、

この大阪駅増停車により下り(関西空港・和歌山方面)では新大阪発時刻を2分繰り上げ、上り(新大阪・京都方面)は新大阪到着を1分繰り下げる。増停車するのだから所要時間が伸びるのは当然だしキタからは新大阪または天王寺まで移動しなければならなかったところ大阪駅からの利用が伸びているので利便性は向上している。新幹線接続についても運転本数の多い「のぞみ」の時刻に到着時刻が大きく影響を受けるため正直「くろしお」「はるか」が1分延びたからと言って各地への到達時刻が変わるわけではない。しかも2023年3月18日東海道新幹線ダイヤ改正で「のぞみ」の定期・多頻度・臨時の入れ替えにより特急「くろしお」から新大阪連絡東海道新幹線「のぞみ」の利用でむしろ名古屋・東京への到達時刻が3分繰り上がるので所要時間は短縮する。

今回のダイヤ改正でこれらの利便性向上を図るが、2023年4月1日よりJR西日本管内ではすべてのB特急料金を廃止する影響で、特急「くろしお」「はるか」の特急料金を引き上げる




2. 西九条の特急停車消滅へ!

今回の2023年3月JR西日本ダイヤ改正では、紀勢本線特急「くろしお」の西九条停車を取りやめる。

そもそも特急「くろしお」が西九条に停車し始めたのは2002年7月20日JR西日本ダイヤ改正からで、大阪駅に停車できない代替およびユニバーサルスタジオジャパンへ向かうJRゆめ咲線への乗り換えとして機能し、午前の新大阪方面上り列車4本および午後の和歌山方面下り列車9本が停車していた。

が、2009年3月20日に阪神なんば線が開業すると西九条から神戸三宮まで20分間隔で快速急行を運転するようになったため、特急「くろしお」から神戸へ向かう利用が西九条で阪神電車に乗り換えるようになったのである。もっともJR西日本もJR神戸線新快速で競合しているが、特急「くろしお」が大阪駅に停車しないため利便性維持のため続けてきた。

が、今回の2023年3月18日JR西日本ダイヤ改正で大阪駅うめきた地下ホーム21番のりば~24番のりばが開業することにより特急「くろしお」が大阪駅に停車、JR神戸線新快速と乗り換えることで神戸に向かえるようになることからJR西日本の増収目的も兼ねて西九条停車を取りやめることとしたのであろう。

阪神電車では2022年12月17日ダイヤ改正で平日の快速急行を減便する一方で西九条でのJR紀勢本線特急「くろしお」との接続を改善していたところだったが。

なお関空特急「はるか」はそもそも2010年3月13日JR西日本ダイヤ改正で西九条を全列車通過でとしている。




3. 紀勢本線で増発へ!

今回の2023年3月JR西日本ダイヤ改正では、紀勢本線で増発を図る。

昼間は簑島~御坊間で普通列車が昼間に1時間30分あくことがあったが、今回のダイヤ改正でパターンダイヤを導入し1時間間隔となる。

また高校生の下校時間帯である15時台と16時台に簑島~湯浅間で2往復を復便することとなった。これにより15時台以降の簑島~湯浅間は30分に1本の運転となる。


4. 結び

今回の2023年3月18日JR西日本ダイヤ改正では、大阪駅うめきた地下ホーム開業に伴い紀勢本線特急「くろしお」と関空特急「はるか」が大阪駅に停車するようになった。

今後JR西日本でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました