混雑分散のため増発へ! 京王電鉄臨時列車運転(2020年6月1日~)

京王電鉄は2020年6月29日、プレスリリースにて6月1日より座席指定制列車「京王ライナー」の増発を行っていると公表した( 京王ライナー 平日朝間時間帯の増発と深夜時間帯の一部運休について )。今回はこれについて見ていく。


1. 「京王ライナー」さらに増発へ!

今回の2020年6月1日より実施の京王電鉄臨時列車運転では、混雑緩和のために座席指定制列車「京王ライナー」を増発した。

今回増発したのは全て平日朝の運転する新宿行き列車で、京王八王子5時47分発「京王ライナー90号」新宿行き、京王八王子8時56分発「京王ライナー92号」新宿行き、橋本9時22分発「京王ライナー94号」新宿行きの3本を増発している。

ただこれらの列車は全て定期列車として運転している「京王ライナー」の運転時間帯の前後のオフピーク時間帯に運転している。これは平日朝ラッシュ時は運用数上限まで使い切ってしまっているので、増発できなかったためだろう。

ただこれまでの京王電鉄の傾向からして、平日夕方の「京王ライナー」など臨時列車として運転していたものを定期列車に格上げしたことがある。次回のダイヤ改正でどのようになるかは見ものだ。

一方、平日深夜に運転している新宿24時00分発「京王ライナー13号」京王八王子行きと新宿24時20分発「京王ライナー」橋本行きの2本は運休することとなった。

2. 結び

今回の2020年6月1日より実施の京王電鉄臨時列車運転では、混雑緩和のために座席指定制列車「京王ライナー」を増発した。

今後これらの列車が定期化するのか、見守ってゆきたい。


TOP