利用減少で減便実施へ 岡山電気軌道ダイヤ改正(2020年7月31日)

岡山電気軌道は時刻表にて2020年7月31日にダイヤ改正を行ったと公表した。今回はこれらについて見ていく。

1. 利用減少で減便実施へ

今回の2020年7月31日岡山電気軌道ダイヤ改正では、東山線と清輝橋線双方でダイヤ改正を行った。

まずは東山線。平日朝ラッシュ時は最短2分30秒間隔から4分間隔に伸びたほか、昼間は平日・土休日とも5分間隔から6分間隔に伸び輸送力が16.7%低下した。また平日夕ラッシュ時は4分間隔から5分間隔に伸び輸送力が20.0%減少した。これにより昼夕輸送力比は66.7%から75.0%に変化した。

なお清輝橋線では1往復の減便にとどまったが、昼間の運転時刻が最大4分ずれることとなった。


2. 結び

今回の2020年7月31日岡山電気軌道ダイヤ改正では、利用の落ち込みにより減便を図ることとなった。

今後岡山電気軌道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました