深夜時間帯の減便と終電繰り上げへ 韓国鉄道KORAIL・ソウルメトロダイヤ改正(2020年11月27日)

ソウルメトロは2020年11月26日、プレスリリースにて11月27日にダイヤ改正を行うと公表した( 深夜時間帯(22時以降)列車の運行時刻表の調整案内 )。今回はこれについて見ていく。

1. ソウル市内各線で深夜時間帯の減便へ

今回の2020年11月27日ソウルメトロダイヤ改正では、ソウル市内で深夜時間帯の減便を行った。

韓国にしては珍しくダイヤ改正前日での公表となったのは、新型コロナウイルス感染症患者急増に伴い深夜営業の自粛を全業種に要請したためである。

平日に限り22時以降の列車を削減し、土休日並みの運転本数にまで減らすこととした。

なお2号線聖水支線及び新亭支線のダイヤ改正は行わなかった。

また韓国鉄道KORAILでは広域電鉄の営業時間を25時過ぎまで行っていたが、一律で24時30分までに営業を終えることとなった。これにより平日・土休日ともに終電が最大40分程度繰り上がることとなった。なおソウル市内ではソウルメトロが2020年4月1日より始発駅24時00分を以て終電とし終電を平日に限り1時間程度繰り上げたため、今回のダイヤ改正ではソウルメトロ管内では原則終電繰り上げを行っていない。

結果的に東京都市圏で2021年1月20日に行った終電繰り上げを少し早めにやっただけなのだが、運転本数が若干減るだけなら構わないが、突然明日から終電を繰り上げますと言われても困るほかない。ただ2021年現在でも終電が繰り上がったままであることを考えると、もう元に戻すことはないのだろう。


2. 結び

今回の2020年11月27日ソウルメトロ・韓国鉄道KORAILダイヤ改正では、平日22時以降の電車を削減したほか、多くの路線で終電繰り上げを行った。

今後ソウルメトロや韓国鉄道KORAILでどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました