運転間隔短縮で増発へ! 福岡市交通局ダイヤ改正(2020年3月14日)

福岡市交通局は2020年2月27日、プレスリリースにて3月14日にダイヤ改正を行うと公表した( 地下鉄七隈線のダイヤ改正を実施します )。今回はこれについて見ていく。

2020年3月14日ダイヤ改正まとめはこちら!


1. 平日朝ラッシュ時に増発へ

今回の2020年3月14日福岡市交通局ダイヤ改正では、地下鉄七隈線で増発を行う。

これまで橋本7時40分発~8時40分発で4分間隔で運転していたが、今回のダイヤ改正より橋本7時41分発~8時11分発までで3分45秒間隔で運転することとなった。

これにより混雑率は121%から113%にまで低下する見込みだ。

このほか橋本6時56分発天神南行きを増発することによりオフピークである橋本6時40分発~7時40分発でも運転間隔を短縮した。

また折返しとして天神南7時26分発橋本行きも増発した。

なお七隈線はこのほかに運転時刻の変更はない。これを見る限り主たる増発は朝のオフピーク時であることから、運用数に変わりはなさそうだ。

このほか地下鉄空港線・箱崎線もJR筑肥線直通列車を中心に最大2分時刻修正を行っているが、運転本数の変更はない。

2. 結び

今回の2020年3月14日福岡市交通局ダイヤ改正では、地下鉄七隈線を中心に全線でダイヤ改正を行った。

今後2023年度に博多延伸を行う予定の地下鉄七隈線でどのようなダイヤ改正を行うのか、楽しみにしたい。


TOP