踊り子車両更新でスーパービューからの格下げとマリンエクスプレス踊り子廃止へ! JR東日本横浜支社ダイヤ改正(2020年3月14日)

JR東日本は2019年12月13日、プレスリリースにて2020年3月14日にダイヤ改正を行うと公表した( 2020年3月ダイヤ改正について )。またJR東日本横浜支社は2019年12月13日、プレスリリースにて2020年3月14日にダイヤ改正を行うと公表した( 2020年3月ダイヤ改正について )。今回はこのうち東海道線特急について見ていく。

同日実施のJR東日本横浜支社ダイヤ改正のうち東海道線普通列車・南武線・鶴見線についてはこちら!

2020年3月14日ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 特急「スーパービュー踊り子」廃止で「サフィール踊り子」に置き換えへ

今回の2020年3月14日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「スーパービュー踊り子」を廃止し、車両更新と同時に特急「サフィール踊り子」に置き換えることとなった。

東海道線特急「サフィール踊り子」はE261系8両編成での運転となり、置き換え対象となる251系「スーパービュー踊り子」の10両編成より短くなっている。また251系「スーパービュー踊り子」は10両中8両が普通車指定席であったが、新たに導入する「サフィール踊り子」は全車グリーン車以上のほか、さらに上位座席となるプレミアムグリーン車を連結する。

これにより251系「スーパービュー踊り子」は1両当たり最大64人の定員があったが、新たに導入するE261系「サフィール踊り子」では1両当たりの定員は最大36人となってしまっている。

なおプレミアムグリーン車はJR東日本管内はグリーン車の1,500円増、伊豆急行管内はグリーン車の820円増で利用できる。

特急「サフィール踊り子」はグリーン車以上の座席しか設定がないが、普通車の多い特急「踊り子」も運転していることから大きな問題にはならないだろう。

なおダイヤについて見ていくと、1日最大2往復の運転となっている。運転するのは東京11時00分発「サフィール踊り子1号」伊豆急下田行き、平日運転の東京12時30分発特急「サフィール踊り子3号」伊豆急下田行き、土休日運転の新宿12時25分発特急「サフィール踊り子5号」伊豆急下田行き、伊豆急下田14時12分発「サフィール踊り子2号」東京行き、臨時運転の伊豆急下田16時30分発「サフィール踊り子4号」東京行きとなっている。

ダイヤ改正前は臨時列車も含めて最大5往復の特急「スーパービュー踊り子」の運転があるのに、ダイヤ改正後は最大2往復しか「サフィール踊り子」を運転しない。しかも「サフィール踊り子」のうち臨時1往復はE259系(「成田エクスプレス」型車両)による特急「マリンエクスプレス踊り子」のダイヤで運転する。そう考えると、2020年3月14日ダイヤ改正以降E259系の伊豆急下田乗り入れがなくなるのではないだろうか。

(追記)2020年1月17日公表の春の臨時列車運転にて、E259系特急「マリンエクスプレス踊り子」は2020年3月14日ダイヤ改正で廃止することが確定しました。

2. 特急「踊り子」車両置き換えで特急「スーパービュー踊り子」からの格下げへ

今回の2020年3月14日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「踊り子」でも車両更新を行う。

特急「踊り子」は「スーパービュー踊り子」のように車両更新に伴い列車愛称を変更するわけではないが、今回のダイヤ改正で一部で車両更新を行うこととなった。

ダイヤ改正前は全ての特急「踊り子」が185系(サイコ新快速型車両)での運転となっているが、今回のダイヤ改正より一部をE257系に置き換える。

185系による東海道線特急「踊り子」は伊豆急下田発着の基本編成10両編成+修善寺発着の付属編成5両編成による運転であるが、E257系による特急「踊り子」は修善寺発着の付属編成は5両編成で変わりないものの、伊豆急下田発着の基本編成は9両編成での運転となる。ただこの1両の減車はグリーン車であることから、影響は少ないものと思われる。

E257系による東海道線特急「踊り子」の運転は1日2往復実施する。運転するのは東京10時00分発特急「踊り子7号」伊豆急下田行き、東京13時00分発特急「踊り子15号」伊豆急下田行き、伊豆急下田9時51分発特急「踊り子4号」東京行き及び伊豆急下田16時02分発特急「踊り子18号」池袋行きの4本で、投入早々新宿・池袋乗り入れを果たすこととなり、新宿では古巣の中央本線特急のお隣のホームに入線することとなった

今回のE257系の導入は伊豆急下田発着のみとなっている。修善寺発着への導入はJR東海と調整を行う必要があるため、次回の2021年3月ダイヤ改正まで持ち越しだろう。

しかしこの運転時刻を見ると、数分ずれはあるものの全て2019年現在185系特急「踊り子」の時刻ではなく、全て251系特急「スーパービュー踊り子」の時刻なのだ。つまりE257系特急「踊り子」が置き換えるのは185系特急「踊り子」ではなく251系特急「スーパービュー踊り子」なのだ

ただこの格下げは悪いことだけではない。E257系は2019年3月16日ダイヤ改正まで中央本線特急「あずさ」「かいじ」で運用していた中古車ではあるが251系よりかは設備が新しいわけだし、特急料金も特急「スーパービュー踊り子」のA特急料金から特急「踊り子」のB特急料金に値下げする。特急「スーパービュー踊り子」には普通車指定席がったっため普通車指定席でも同じ区間で列車により料金が異なっていたが今回の2020年3月14日ダイヤ改正で新たに設定する特急「サフィール踊り子」は全席グリーン車以上であること、特急「スーパービュー踊り子」は廃止すること、特急「サフィール踊り子」のうち1往復は259系(「成田エクスプレス」型車両)による「マリンエクスプレス踊り子」を置き換える見込みであることから、東京~伊豆急下田間では普通車指定席は全てB特急料金で乗れるようになるのだろう。

裏を返せば、今回のダイヤ改正で特急「踊り子」の185系運用は減らないと見ていい。新快速と大して設備が変わらない自称特急は2020年も元気に走るようだ。


3. 結び

今回の2020年3月14日JR東日本横浜支社ダイヤ改正では、東海道線特急「スーパービュー踊り子」をE261系「サフィール踊り子」及びE257系「踊り子」の置き換えることで廃止した。

今後JR東日本横浜支社でどのようなダイヤ改正を行うのか、見守ってゆきたい。

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

タイトルとURLをコピーしました