富士山大混雑で特急富士回遊増発と中央特快大月乗り入れ毎時1本化へ! JR東日本八王子支社・富士急行ダイヤ改正(2024年3月16日)

 2355回閲覧

富士山大混雑で特急富士回遊増発と中央特快大月乗り入れ毎時1本化へ! JR東日本八王子支社・富士急行ダイヤ改正(2024年3月16日)

JR東日本八王子支社は2023年12月15日、プレスリリースにて2024年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこれについて見ていく。

1. 特急「成田エクスプレス」八王子乗り入れ廃止へ!

今回の2024年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、成田空港特急「成田エクスプレス」が中央線八王子乗り入れ2往復を廃止し、新宿発着に短縮する。

これにより中央線快速の特急通過待ちが減り、朝に所要時間短縮を図る。

またこの八王子6時28分発特急「成田エクスプレス7号」成田空港行きの新宿始発への短縮代替として平日朝は中央線特急「はちおうじ2号」を八王子6時12分発から6時28分発に16分繰り下げる。これにより新宿7時05分着、東京7時19分着となり通勤しやすい時間での運転となるほか、東京駅で12分乗り換えで特急「成田エクスプレス7号」に乗り換えることができ従来通りの時刻に成田空港に到着できる。




2. 富士山混雑緩和で特急「富士回遊」増発へ!

今回の2024年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、富士急行線直通特急「富士回遊」を1往復増発する。

特急「富士回遊」は富士山や富士急ハイランド、河口湖方面への訪日外国人を中心とした外国人急増により大変な混雑となっており、土休日は満席が当たり前で立席特急券の発券が常態化している。そこでお今回のダイヤ改正で特急「富士回遊」をさらに増発することとした。

今回増発するのは新宿10時30分発特急「富士回遊15号」富士山・河口湖行きと河口湖14時10分発特急「富士回遊32号」新宿行きの1往復となっている。両列車とも新宿~大月間では中央線特急「かいじ」を連結する。

これにより特急「富士回遊」は平日1日4往復、土休日1日5往復の運転となる。




3. 富士山混雑緩和で中央特快昼間毎時1本大月乗り入れへ!

今回の2024年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、中央線快速の大月乗り入れを拡大する。

今回のダイ改正で東京~高尾間の中央特快のうち昼間毎時1本程度を大月まで延長、東京・新宿から大月に乗り入れる列車として設定することとした。なお高尾~大月間の水色の211系による普通列車が置き換わっている。

これは中央特快の昼間の運転区間をのばしたのはいくつか理由がある。

1つは混雑緩和対策。運転本数は変わらないものの高尾~大月間を3両や6両から10両に増車すればその分輸送力増強となる。大月では富士急行線と乗り換えることができることから、大混雑し特急「富士回遊」だけでは足りない富士山輸送を中央特快にも引き受けさせることで特急列車の混雑分散も図ろうとしているのだろう。

2つ目は車両老朽化対策。211系は国鉄時代の1985年~1991年に製造した車両で、老朽化が進みつつあることから車両置き換えに合わせワンマン運転対応の新型車両E131系に置き換える構想があった。が2020年からの旅客の大幅減少によりJR東日本の財務状況は実質無利息社債を発行しないと立ち回らなくなるくらいに困窮してしまい新型車両を投入できる状況にならなくなりつつある。このため高崎支社向け211系では車両延命工事が始まっている。

ただ古い車両を長持ちさせたいのなら、1日当たりの走行距離を抑えて台車の摩耗を抑えることも必要である。このため高尾~大月間のうち毎時1本を古い211系から比較的新しいE233系に置き換えることで古い車両の走行距離を減らして長寿命化しようとしている。

3つ目は中央線快速のグリーン車導入に向けたもの。中央線快速では2025年3月よりグリーン車を連結するとしている。グリーン料金はSuica利用で50kmまで750円、100kmまで1,000円となる見込みだ。

中央線は新宿~高尾間は42.8kmしかないためグリーン料金は750円となるが、新宿~大月間となれば77.5kmになるのでグリーン料金が1,000円になりJR東日本としては1人当たり250円の増収になる。そうなると今回の中央特快の昼間毎時1本の大月延長はグリーン料金徴収区間を伸ばすことで増収しようとしているのだろう。

このほか五日市線では平日夕方の青梅線立川乗り入れ列車を拡大する。


4. 結び

今回の2024年3月16日JR東日本八王子支社ダイヤ改正では、訪日外国人を中心とした富士山大混雑を緩和するために特急「富士回遊」を増発することとしたほか、富士急行線と乗り換えられる大月発着の中央特快を毎時1本程度設定することにより直通化と輸送力増強で混雑緩和を図ることとなった。

今後中央線快速のグリーン車営業を開始する中、JR東日本八王子支社でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年3月ダイヤ改正について – JR東日本八王子支社

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました