仙台発着特急ひたち時刻変更と常磐線ワンマン運転拡大へ! JR東日本水戸支社ダイヤ改正(2024年3月16日)

 2563回閲覧

仙台発着特急ひたち時刻変更と常磐線ワンマン運転拡大へ! JR東日本水戸支社ダイヤ改正(2024年3月16日)

JR東日本水戸支社は2023年12月15日、プレスリリースにて2024年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこれについて見ていく。

1. 常磐線特急「ひたち」時刻変更へ!

今回の2024年3月16日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、常磐線特急「ひたち」のうち仙台発着列車の設定時刻を変更する。

これは常磐線が走る福島県浜通りの沿線自治体である相馬市や南相馬市などの要望を受けたもので、東京への滞在時間拡大を目的に特急「ひたち」の設定時刻を変更する。

今回のダイヤ改正では仙台発の特急「ひたち」東京・品川行きをを10時14分発、16時06分発、18時02分発から8時48分発、14時16分発、18時02分発に変更し一番列車の東京・品川到着を1時間繰り上げ品川13時51分着とする。

また品川発仙台行き特急「ひたち」は品川7時43分発、12時45分発、15時45分発から7時43分発、12時45分発、16時45分発に変更し最終列車を1時間繰り下げる。

これにより相馬・原ノ町から東京へ向かう際滞在時間が2時間拡大することとなった。




2. 常磐線ワンマン運転拡大へ!

今回の2024年3月16日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、ワンマン運転区間を拡大する。

今回のダイヤ改正で常磐線土浦~水戸間およびいわき~原ノ町間でもワンマン運転を開始する。ワンマン運転対象列車は青いE531系5両編成で、土浦~水戸間の昼間の列車およびいわき~原ノ町間の全列車が該当する。これによりJR東日本水戸支社では5両編成のほとんどの列車でワンマン運転実施となる。

また今回のワンマン化拡大で水戸支社管内で5両編成以下の列車を運転する区間すべてでワンマン運転を開始している。このことからJR東日本水戸支社管内ではワンマン化に一区切りがついたと言えるだろう。


3. 結び

今回の2024年3月16日JR東日本水戸支社ダイヤ改正では、常磐線特急「ひたち」の運転時刻を変更したほか、ワンマン運転拡大で水戸支社内のワンマン運転に区切りをつけた。

今後JR東日本水戸支社でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年3月ダイヤ改正について – JR東日本水戸支社

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました