利用増加で西九州新幹線連絡特急リレーかもめ増発と783系宮崎県内代走廃止か! JR九州・九州新幹線・西九州新幹線ダイヤ改正(2024年3月16日)

 1419回閲覧

利用増加で西九州新幹線連絡特急リレーかもめ増発へ! JR九州・九州新幹線・西九州新幹線ダイヤ改正(2024年3月16日)

JR九州は2023年12月15日、プレスリリースにて2024年3月16日にダイヤ改正を行うと公表した。今回はこのうちJR九州管内の新幹線と特急について見ていく。

1. 九州新幹線「みずほ」久留米増停車へ!

今回の2024年3月16日九州新幹線ダイヤ改正では、最速達列車「みずほ」の久留米停車本数をさらに増加する。

今回久留米に増停車するのは新大阪7時23分発「みずほ603号」鹿児島中央行きで、熊本と鹿児島中央に1分~2分延着するようになる。

これまで久留米には新大阪発夜間の4本と鹿児島中央発朝の2本の合計6本が停車だったため、久留米市民が利用しやすいように久留米駅に「みずほ」が増停車していた。が、今回のダイヤ改正で新大阪発朝の「みずほ」が久留米に停車するようになったことから、大阪などから観光で久留米・柳川に訪れる際に「みずほ」が利用できるようになり、JR西日本は山陽新幹線内で「みずほ」加算料金740円を追加で徴収できるようになり、増収を図れるようになる。




2. 西九州新幹線連絡特急「リレーかもめ」増発へ!

今回の2024年3月16日JR九州ダイヤ改正では、西九州新幹線連絡特急「リレーかもめ」を増発する。

今回増発するのは武雄温泉9時42分発特急「リレーかもめ14号」博多行きとなっている。これは佐世保9時05分発佐世保線特急「みどり(リレーかもめ)14号」博多行きが佐世保始発で武雄温泉で西九州新幹線「かもめ」から連絡を受けるわりに885系6両編成で運転するので大混雑、2023年10月~2024年2月の土休日に武雄温泉→博多間で特急「みどり14号」の直前に武雄温泉9時49分発特急「リレーかもめ14号」博多行き787系8両編成を増発していた。今回のダイヤ改正ではこの臨時列車を定期列車として毎日増発することとしたものである。

今回増発する武雄温泉9時42分発特急「リレーかもめ14号」博多行きは787系8両編成で運転する。このため車体傾斜装置がなく885系と比べカーブで遅くなることから、所要時間が伸びるのを防ぐために特急「みどり14号」と比べ江北と二日市を通過とし、武雄温泉→博多間の所要時間を1時間00分から1時間01分に1分のみ延長するにとどめた。

この増発した特急「リレーかもめ14号」に接続するべく西九州新幹線「かもめ14号」の時刻を6分繰り上げ、長崎9時08分発とする。武雄温泉での乗り換え時間を6分から3分に短縮することにより博多到着は10時51分から10時43分に8分繰り上げることなった。

この時刻クリアgで新鳥栖で新鳥栖10時30分発山陽九州新幹線「さくら548号」新大阪行きに乗り換えることができるようになり、これまでより22分新大阪に到着できるようになる。新神戸・新大阪までの普通車指定席利用の場合ほとんど博多乗り換え「のぞみ」利用と特急料金の総額が変わらないので利用が変わるかもしれない。

また後続の佐世保9時05分発特急「みどり14号」博多行きは「みどり16号」に改番の上博多到着を10時51分着から10時49分着に2分繰り上げ所要時間を短縮する。

この運用繰りの都合上、佐賀7時29分発特急「かささぎ204号」博多行きは廃止、救済として後続の肥前鹿島7時14分発「かささぎ104号」博多・吉塚行きを885系6両から787系8両に増車する。




3. 特急「ソニック」福間停車拡大も終列車繰り上げへ!

今回の2024年3月16日JR九州ダイヤ改正では、日豊本線特急「ソニック」の鹿児島本線福間駅への停車を拡大する。

今回福間に増停車するのは博多に夜間に到着する3本となっている。

また今回のダイヤ改正で大分21時43分発特急「ソニック60号」最終博多行きが大分21時30分発に13分繰り上がる。

4. 特急「ひゅうが」1往復減便で783系臨時運用廃止か!

今回の2024年3月16日JR九州ダイヤ改正では、日豊本線特急「ひゅうが」を1往復削減する。

今回のダイヤ改正で朝夕の1往復を廃止、統合することとした。

これにより宮崎県内の787系運用が1運用削減となる。

もっとも宮崎県内を走る日豊本線特急「ひゅうが」と特急「きりしま」はともに787系運用だが、予備車が足りないので787系が車両点検を行う際古い783系が代走することがある。が、今回のダイヤ改正で1運用削減したため予備車を1本確保できたことから、783系の宮崎県内代走運用を廃止する見込みだ。


5. 結び

今回の2024年3月16日JR九州ダイヤ改正では、西九州新幹線と接続する特急「リレーかもめ」の増発を図ったことで混雑分散を図ったほか、

今後JR九州でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2024年3月鉄道ダイヤ改正まとめはこちら!

関連情報:2024年春ダイヤ改正 – JR九州

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました