西九州新幹線かもめ混雑緩和目的で特急みどり増発へ! JR九州長崎本線・佐世保線臨時ダイヤ運転(2023年10月以降の土休日)

 13269回閲覧

西九州新幹線かもめ混雑緩和目的で佐世保線特急みどり増発へ! JR九州長崎本線・佐世保線臨時ダイヤ運転(2023年10月以降の土休日)

JR九州は2023年8月24日、プレスリリースにて2023年10月~11月の秋の臨時列車を公表した( 2023 年秋季期間(10 月~11 月)の臨時列車運転のお知らせ )。今回はこれについて見ていく。

1. 西九州新幹線混雑で特急「かささぎ」時刻変更へ!

今回の2023年10月~11月JR九州臨時列車運転では、佐世保線特急「みどり」を増発する。

JR九州では土休日朝に佐賀県内から博多行き列車を増発運転しており、2022年9月23日の西九州新幹線武雄温泉~長崎間部分開業以来佐賀8時59分発「かささぎ252号」博多行きを2023年6月30日までの土休日に運転していた。

一方、西九州新幹線「かもめ」は2022年9月23日の西九州新幹線武雄温泉~長崎間部分開業以来武雄温泉で特急「リレーかもめ」と連絡するが、佐賀県への配慮のために武雄温泉に乗り入れない肥前鹿島発着の特急「かささぎ」を朝夕に設定しなければなくなった関係で運用数の都合上一部は武雄温泉経由佐世保発着「みどり」を西九州新幹線「かもめ」と連絡させている。このため西九州新幹線「かもめ」と連絡する佐世保線特急「みどり」は佐世保からのみならず諫早・長崎から旅客も集めるので大混雑となる。

まだ西九州新幹線「かもめ」と連絡する佐世保線特急「みどり」が783系8両編成であればまだよいのだが、885系(「白いみどり」型車両)6両編成できた暁にはたまったものではない。いや、車体傾斜装置の使用で5分程度所要時間は短くなるが、それ以上に車内の混雑がたえられない。

そんな運用を実際に佐世保9時05分発特急「みどり(リレーかもめ)14号」博多行き885系6両編成で行っている。朝、特に土休日は博多へ向かう客で押し寄せるのでさばききれなくなっていったのである。

そこでJR九州ではまず先述の佐賀8時59分発「かささぎ252号」博多行きを大きく時刻変更、佐賀10時16分発「かささぎ290号」博多行きとし「みどり(リレーかもめ)14号」博多行きの続行列車を設定することとしたのである。なおこの際に佐賀10時16分発「かささぎ290号」博多行きは885系6両編成から787系8両編成に車種変更し輸送力を増強している。

ただ、佐賀からの利用者のみを後続の特急列車に分乗しても効果が薄く、混雑している直前の特急「みどり(リレーかもめ)14号」博多行きにのろうとする人も多かった。このため特急「みどり(リレーかもめ)14号」博多行きを佐世保始発の特急「みどり」と西九州新幹線から連絡する特急「リレーかもめ」に土休日だけでも分離するのが今回のJR九州臨時列車運転である。




2. 西九州新幹線混雑で特急「みどり」増発へ!

今回の2023年10月~11月JR九州臨時ダイヤ運転では、土休日に885系6両運転の佐世保9時05分発「みどり(リレーかもめ)14号」博多行き(博多10時51分着)を佐世保→武雄温泉→博多間の特急「みどり」と武雄温泉→博多間の特急「リレーかもめ」の2本の列車に分ける。

まず佐世保9時05分発「みどり74号」博多行きは885系6両編成(「白いみどり」型車両)のままだが、博多到着を10時51分から10時56分に5分繰り下げる。885系特急列車は6両と短く増車ができないものの、車体傾斜装置を使用することで所要時間を短縮し博多~佐世保間で783系特急型車両と比べ5分程度短縮できるとしているが、その5分分所要時間を延長していることから885系の意味がなくなってしまっている。

また武雄温泉9時49分発特急「リレーかもめ14号」博多行きは787系8両編成での運転となり、博多10時51分着のままとなる。

運転設定上特急「みどり(リレーかもめ)14号」を継承しているのは特急「リレーかもめ14号」で、佐世保→武雄温泉間は運休扱いとなっている。その代替として特急「みどり74号」を臨時増発した形としている。




なぜ特急「みどり74号」に「みどり14号」を継承させなかったのか。それは、西九州新幹線「かもめ14号」と連絡する在来線特急列車の号数を変えたくなかったのと、博多到着時刻を変えたくなかったためである。

厳密には特急「みどり14号」改め特急「リレーかもめ14号」は車体傾斜装置搭載の885系(「白いみどり」型車両)から787系8両編成に変更しているため、カーブで減速する必要が生じ所要時間が伸びている。このため武雄温泉を2分早発、佐賀を3分早発としている。

ただ、早発しても後続5分以内に特急「みどり74号」がやってくるたし、この特急「みどり74号」を利用しても新鳥栖での九州新幹線連絡列車および博多での山陽新幹線連絡列車に変わりはないので、かえっていつもより少し遅れているのにほぼ同じ時間でつけるという意味では有能かもしれない。




3. 次回のダイヤ改正以降特急「みどり」は西九州新幹線連絡列車を続けるのか

では今回の2023年10月~11月臨時列車運転で特急「みどり(リレーかもめ)14号」を特急「みどり74号」と特急「リレーかもめ」14号の2列車に分けることにしたが、次回2024年3月16日以降のダイヤ改正で西九州新幹線連絡列車として佐世保発着の特急「みどり」はつとめ続けるのだろうか。

先述した通り、西九州新幹線「かもめ」に連絡する列車は基本武雄温泉~博多間運転の特急「リレーかもめ」で、佐世保発着の特急「みどり」16往復のうち朝夕の一部(佐世保行き下り列車4本、博多行き上り列車6本)を特急「みどり(リレーかもめ)」として西九州新幹線連絡列車として運転している。これは先述した通り博多~佐賀・肥前鹿島間運転の特急「かささぎ」を設定せざるを得なかったため武雄温泉に発着する特急列車を十分に確保できなかったことによる。

このため佐世保発着の特急「みどり」をすべて西九州新幹線連絡を取りやめるのであれば、その分肥前鹿島発着の特急「かささぎ」を武雄温泉発着の特急「リレーかもめ」に置き換えなくてはならない。

では特急「かささぎ」の減便はできるのだろうか。

2011年3月12日に全通した九州新幹線が全通したが、その際に新幹線駅が線形の都合上山奥に配置することとなった大牟田・玉名対策で在来線特急「有明」を博多~熊本間で1往復、そのほか区間運転便として朝に長洲発博多行き3本と夜間に博多発長洲行き2本を運転していた。が、3年後の2014年3月15日JR九州ダイヤ改正で昼間の熊本発着「有明」全1往復が廃止、2018年3月17日JR九州ダイヤ改正で朝の長洲発博多行き1本のみに減便、ついに2021年3月13日JR九州ダイヤ改正で特急「有明」は完全廃止となった

このように、新幹線開業当初は残していたもののその後段階的に在来線特急を縮小するのはよくあることで、実際に肥前鹿島発着の特急「かささぎ」は空いているし武雄温泉発着の特急「リレーかもめ」に振り替えても佐賀は通るので佐賀~博多間の運転本数に変化はない。

またJR九州は博多~佐賀・肥前鹿島間の特急「かささぎ」運転に際して西九州新幹線部分開業の2022年9月23日から3年間は7往復を維持するが、その後は5往復に減便するとしている。つまり特急「かささぎ」の減便は既定路線なのだ

そう考えると、今後JR九州ダイヤ改正で特急「かささぎ」の一部を特急「リレーかもめ」に振り替えるのではないだろうか。

ただ、特急「かささぎ」を設定開始した2022年9月23日JR九州ダイヤ改正から1年半しかたっていないのにいきなり全廃は考えにくい。そうなるとまずは今回土休日に2列車に分割することとなった特急「みどり(リレーかもめ)14号」を通年特急「みどり」と特急「リレーかもめ」に分離するだろうし、そのために乗務員確保のために特急「かささぎ」を1本削ってもおかしくはない。

とはいえすべての特急「みどり(リレーかもめ)」を特急「みどり」と特急「リレーかもめ」に分離することはできないので、さしあたり西九州新幹線「かもめ」と連絡する特急「みどり(リレーかもめ)」は短い885系6両編成での運用を取りやめ、783系8両編成での運転に統一するのではないだろうか。




4. 今回の増発は西九州新幹線全通に関して進展はあるのか

では今回の特急「みどり」増発で西九州新幹線全通に際して進展はあるのだろうか。

西九州新幹線博多~武雄温泉間は佐賀県民を含む佐賀県全体の反対により着工すらできていない。このことから西九州新幹線「かもめ」は飛び地状態で、佐賀・博多へ向かうにも在来線特急「リレーかもめ」との連絡を余儀なくされている。

ただ、西九州新幹線が部分開業しただけで在来線特急が時刻を変えてまで臨時増発するほどに混雑するようになったのは間違いないほか、空席が減ったこと江佐賀駅から特急列車に乗りにくくなっている。

今後佐賀県が西九州新幹線建設に関してどのように動いていくのか注視したい。


5. 結び

今回の2023年10月~11月JR九州臨時列車運転では、長崎本線・佐世保線で土休日に臨時ダイヤを実施し特急「みどり」を増発することで武雄温泉→博多間で特急列車を1本増発するほか、混雑分散を図ることとなった。

西九州新幹線全線開業という課題がある中、今後JR九州長崎本線・佐世保線の特急列車をどのように運転していくのか、見守ってゆきたい。

西九州新幹線全通を佐賀県が拒む合理的理由はこちら!

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました