運転区間拡大へ! 京王電鉄臨時列車運転(2019年4月~5月GW期間)

京王電鉄は2019年4月9日、プレスリリースにて4月30日に臨時京王ライナーを運転すると公表した( 新元号を記念した新宿発京王八王子行 臨時座席指定列車「京王ライナー 平成→令和号」を運行します )。さらに京王電鉄は2019年3月18日、プレスリリースにて3月16日にダイヤ改正を行うと公表した( 多摩動物公園駅エリア3施設で親子向けイベントを実施します )。今回はこれらについて見ていく。

2019年3月16日全国一斉ダイヤ改正まとめについてはこちら!


1. 年越し京王ライナー運転へ

今回の2019年4月~5月京王電鉄臨時列車運転では、2019年4月30日に年越し列車を運転する。

京王電鉄では大晦日から元日にかけて終夜運転を行うことが恒例となっており、他の鉄道各社と異なり急行列車を約40分間隔で運転するほか、2019年1月1日早朝には「京王ライナー」を運転しているが、日付が変わってからの運転となるため年越し運転とはなっていなかった。

しかし今回の臨時列車運転では平成31年から令和元年への年越しで設定されることとなった。

運転されるのは新宿を4月30日23時45分に出発する「京王ライナー平成→令和91号」京王八王子行きとなっている。平日であれば京王ライナーを24時台まで運転しているが、土休日は2019年2月22日ダイヤ改正で繰り下げられたとはいえ橋本行き最終が新宿22時20分発、京王八王子行きは新宿22時00分発で設定されており、日跨ぎの「京王ライナー」は運転されていない。

そこで今回の臨時列車運転では、臨時列車を運転することにより、年越しの「京王ライナー」を運転することとなったようだ。

この今回運転される新宿23時45分発「京王ライナー平成→令和91号」京王八王子行きは、新宿23時48分発特急京王八王子行き(高幡不動から各駅に停車)に直前を走行していくようだ。この時間帯の特急は全て高幡不動から先各駅停車となることから、「京王ライナー」が相対的に速くなりやすくなっている。

もし今回の年越し運転で需要が今後も見込まれると判断されれば、1月1日早朝に行われている高尾山登山向けに運転される「京王ライナー」の他に、年越し用の「京王ライナー」が新たに設定される可能性もありそうだ。

2. 多摩動物公園行き座席指定制列車運転へ

また今回の2019年4月~5月京王電鉄臨時列車運転では、ゴールデンウィーク期間中に新宿発多摩動物公園行きノンストップ座席指定制列車「キッズパークたまどう号」を運転することとなった。

運転日は4月27日~30日及び5月2日~6日のゴールデンウィーク期間中となっている。

多摩動物公園に乗り入れるには高幡不動でスイッチバックを行う必要があることから必ず高幡不動で運転停車をしなければならない。このことからスイッチバックを行う必要のない府中競馬正門前始発の座席指定制列車より先に多摩動物公園行きの座席指定列車設定となるのは意外ではあるが、東海道新幹線のファミリー車両と似たようなイメージと思えばいいのだろうか。良く言えば積極的、砕けた表現ならやりたい放題である。

運転時刻は新宿10時48分発と、同日に運転される新宿発高尾山口行き「Mt.TAKAO号」よりも遅めの時間帯に設定されている。

また直前には新宿10時47分発準特急高尾山口行きが走っていることからその直後を走ることとなるが、特急よりも途中停車駅が多いため所要時間が長くなっている。

この「キッズパークたまどう号」は多摩動物公園に11時31分に到着するため所要時間は43分となっており、新宿を8分先に発車する特急京王八王子行き(高幡不動乗り換え)より多摩動物公園に14分遅く到着する。速達性に関して言えば期待してはならないようだ。

なお多摩動物公園の無料開放日となる5月4日と5月5日は、本来新宿から高尾山口までノンストップで運転するMt.TAKAO号が動物園線と乗り換えられる高幡不動に3本とも臨時停車することとなった。

どうやら多摩動物公園の入園料無料を逆手に取りその分座席指定制列車に乗せて料金をかっぱらおうとする作戦のようだ。

ただ、追加停車は京王電鉄では混雑分散目的で使用されることが多いが、Mt.TAKAO号は着席定員以上の乗客は利用できない。となると、Mt.TAKAO号の利用はあまり芳しくなく、座席を埋めるために追加停車を行うのではないだろうか。

そうなると、5月末までの毎土休日の運転が決まっているMt.TAKAO号であっても6月以降は運転本数や運転日が削減される可能性がありそうだ。

3. 結び

今回の2019年4月~5月京王電鉄臨時列車運転では、年越しの座席指定制列車を運転することとなったほか、5000系が座席指定制列車として動物園線に乗り入れることとなり、競馬場線を除く全ての京王線支線(旧帝都電鉄の井の頭線を除く)に座席指定制列車が設定されることとなった。

今後京王電鉄でどのような臨時列車を設定し、それに合わせ今後どのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。


TOP