拝島ライナー平日朝に設定と特急小江戸時刻変更で利便性向上へ! 西武新宿線ダイヤ改正(2023年3月18日)

 1691回閲覧

拝島ライナー平日朝に設定と特急小江戸時刻変更で利便性向上へ! 西武新宿線ダイヤ改正(2023年3月18日)

西武鉄道は2022年12月16日、プレスリリースにて2023年3月18日にダイヤ改正を行うと公表した( 2023年3月18日(土) ダイヤ改正を実施します )。今回はこのうち新宿線系統について見ていく。

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

1. 拝島ライナー平日朝に設定へ!

今回の2023年3月18日西武新宿線ダイヤ改正では、2022年3月12日西武新宿線ダイヤ改正以来約1年ぶりにダイヤ改正を実施した。

今回のダイヤ改正では座席指定制列車「拝島ライナー」を平日朝にも設定する。

座席指定制列車「拝島ライナー」を平日朝に2本設定することとなった。今回設定するのは拝島6時28分発「拝島ライナー2号」西武新宿行き(西武新宿7時20分到着)、および拝島8時00分発「拝島ライナー4号」西武新宿行き(西武新宿8時52分着)の2本となっている。

なお競合するJR青梅線特急「おうめ2号」は拝島6時36分発新宿7時17分着で設定しており、西武拝島線「拝島ライナー」より所要時間が短い。ただ、JR東日本としても奥多摩に直通する唯一の列車として臨時昼行特急「おうめ」を残したい思惑があるため、特急「おうめ」は今後も存続するだろう。

なお拝島発西武新宿行き「拝島ライナー」は拝島線内で下車ができない関係でオフピークにしか設定ができない。

このほか夕方から夜間にかけて運行する西武新宿発拝島行き「拝島ライナー」全6本が小平で本川越行きに連絡するようになる。




2. 特急「小江戸」を通勤時間帯に設定へ!

今回の2023年3月18日西武新宿線ダイヤ改正では、新宿線特急「小江戸」を通勤時間帯に設定する。

これまで特急レッドアロー「小江戸」は通勤時間帯の西武新宿7時30分~8時30分着となる列車を設定してこなかったが、今回のダイヤ改正でこの時間帯に列車を設定することとなった。

具体的には、平日は本川越6時30分発特急「小江戸6号」西武新宿行きを本川越6時40分発に10分繰り下げるほか、本川越7時55分発特急「小江戸8号」西武新宿行きを本川越7時35分発に20分繰り上げる。これにより最短10分間隔で設定していた特急「小江戸」の運転間隔を少しでも均等にならす。

このほか折り返しとして西武新宿8時37分発特急「小江戸5号」本川越行きを増発する。これにより平日朝の特急「小江戸」も概ね1時間間隔以内で来るようになる。

これらの「拝島ライナー」や特急「小江戸」の利便性向上により特急誘導を図り、料金収入を増やすことで増収を図ろうとしているのだろう。




3. 朝夕に減便へ

今回の2023年3月18日西武新宿線ダイヤ改正では、朝夕に減便を図る。

平日朝は上石神井5時15分発各駅停車西武新宿行きを減便する。これにより早朝4時台・5時台は各駅停車が約10分間隔で来ていたところ、おおむね16分間隔に減便する。もっとも空いている時間帯のため影響は小さいだろう。

また朝も減便を図る。田無6時33分発各駅停車西武新宿行きを廃止したほか、新所沢~上石神井間で各駅停車を2往復減便している。この減便により40000系運用を「拝島ライナー」用に捻出しているようだ。

また平日夕方は西武新宿17時27分発各駅停車田無行きを減便したほか、西武新宿23時14分発各駅停車拝島行きを上石神井~小平間で廃止とし平日の西武新宿23時以降発の各駅停車はすべて上石神井どまりとなった。


4. 結び

今回の2023年3月18日西武鉄道ダイヤ改正では、「拝島ライナー」を平日朝に設定するようになったほか、特急「小江戸」も通勤時間帯に設定することにより利便性向上を図ることとなった。

今後西武鉄道でどのようなダイヤ改正を実施するのか、見守ってゆきたい。

2023年3月ダイヤ改正まとめはこちら!

コメント

コメントを投稿される方はこちらの注意事項をお読みください。コメント投稿時点でこの注意事項に同意したものとみなします。

トップページに戻る

タイトルとURLをコピーしました